★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

カテゴリ:未分類( 565 )


2009年 12月 22日

仁川学院で

12月19日(土)
西宮の仁川学院に招かれ、佐用町の方々と行ってきました。


生徒達に出来る佐用町への支援方法はと、仁川学院の教員の方々がチーム神戸事務局に来られたのは、まだ半袖の頃でした。


それから熱心に何度も佐用町に足を運ばれ、息の長い支援の在り方を模索して12月19日の本番を仁川学院で迎えました。


19日の内容は学院挙げての『佐用dey』
佐用町、食の名物「ホルモン焼うどん」・「佐用白菜の漬物」「しかコロッケ」の販売を、佐用町商工会青年部や佐用住民の方々と仁川学院の生徒達が担当。

伸びる行列に売り切れが続き、佐用町を紹介する観光パンフも配られて行きます。

他にもぜんざいや豚汁などが六甲おろしの下湯気を立て、学院内の会場は父兄や生徒に近隣住民の方々でにぎわいます。


屋外ステージでは生徒や教員の方々の演奏にダンスが会場を華やかに盛り上げます。
それを引き立てるクリスマスイルミネーションは見事な輝きで、それを楽しみにしての来場者も多い事がうなずけます。


途中会場を講堂に移し佐用町の中・高校生によるトークショー。
佐用町生涯学習課の主宰する「アートスクール」に参加する中・高校生の4名です。


ステージに上がり緊張の面持ちでしたが、トークリーダーを務める私からの質問に、8月9日の水害の体験を同世代に伝えようと、彼らは誠実に頑張りました。
まだ日も浅い被災経験ですが、悲劇を繰り返さぬよう実体験を語り掛ける彼らの様子に、客席の生徒や父兄の皆さんも熱心に聞き入られていました。


トークショー最後を飾るのは、ステージに映し出される佐用町の四季折々の写真たちです。被災データや災害時写真などの編集や、スライド作成にご苦労されたのは佐用町生涯学習課の職員ですが、改めて佐用町の魅力に気付かれたのではないでしょうか。


大役を終えた佐用町の生徒達に、一緒に写真をと仁川学院の生徒達が走り寄ると、さっきまでの緊張顔から笑顔がこぼれ、どのイルミネーションよりも輝いていました。


水害被災地の佐用町を思いやる仁川学院の皆さんと、佐用町の方々。
これからも強い絆で結ばれるよう、切願してやみません。

c0202463_11293621.jpg

c0202463_1129484.jpg


●写真はホルモン焼きうどんを作る仁川学院の生徒さんと、しかコロッケの行列。
[PR]

by startnagata | 2009-12-22 11:19 | Comments(0)
2009年 12月 17日

物資配布最後の3日間

たった1度では被災者に行き渡らないと、11月から毎週の土・日・月と、チーム神戸の活動拠点で行ってきた物資配布。

チラシ・ポスター・ポスティング・防災無線・口コミと、色んな方法で伝わって行きました。
それでも仮設訪問や行く先々で、初耳という方もたくさんおられました。特に男性。。。



配った品も冬物衣料品と布団を中心に、暖房器具や生活雑貨と実に様々でした。
配布に使ったビニール袋は6000枚ほど。


最後の3日間は列が出来るほど連日大入り満員で、物資探しもさる事ながら、被災者とボランティアのまるでお別れ会のよう。

お礼のお手紙やお菓子に漬物にお野菜と、次から次に頂戴しました。

じっと顔を見られると泣けそうになって目を合わせられません。
どんな言葉も頼りなく思え、気の利いた挨拶ができません。
「風邪ひかんようにね」…。
全ての思いを込め出てくるのはその一言ばかり。


まるで押し売りのように衣類や電気毛布を持ち帰ってもらう配布最終日でした。

c0202463_18415683.jpg

●写真は、配布を終え山と積まれた段ボールの一部。
[PR]

by startnagata | 2009-12-17 11:39 | Comments(0)
2009年 12月 09日

外回り

c0202463_34733.jpg

今日は事務所そばの『佐用文化情報センター』に行ってきました。
図書館やホールを備えた町立の複合施設です。

佐用町の子供支援にと開催されたクニ河内さんとミカさんのコンサートに、マリア幼稚園の皆様からお誘いを受け出掛けてきました。他にも町内の保育園児やちびっ子達が招待され、一緒に唄ったり踊ったりとにぎやかに楽しんできました。

日頃はソウル・フラワー・ユニオンとか、ソウル・フラワー・モノノケ・サミットなんちゃら…って方々のライブくらいしか知らない私ですから、もう!心洗われる洗われる、作業着用石鹸で洗ったくらいピッカピカに。

「なんちゃらさん達の子供も楽しめるなあ。。。」と、新しい音楽に出会い園児たち以上に盛り上がってきました。

会場を出ると、以前から素敵な外観に見惚れてた喫茶店で初めてのお茶。



   それから隣接の佐用町役場へ。



物資配布も今週末で最後になります。

冬物衣料や羽毛布団、暖房器具に日用品などを被災者の方々に配布してきましたが、残すところは次の12・13・14日が最後です。

12日は仮設のゲタ箱作り班と並行し、13日は晴れたら屋外で広々と、14日は平日しか来れない人たちのために、最後の冬支度用品を配ります。

まちづくり課に、最後の物資配布を防災無線で全町放送して頂けるよう事を進め、その後は別件で生涯学習課の職員さんや地元の中高校生たちとの打ち合わせです。

にしてもチーム神戸事務所から徒歩でコンパクトに全て回りつくせ、佐用駅もすぐそばという実に有難い立地です。13日は役場付近で地域行事の開催日。それに合わせ「ついでに物資も」取りに来て頂き易いよう、地域との動線を考慮しての開催です。

皆のために、13日はどうか晴れますように!と願いつつ、訪問活動や夜の部の打ち合わせに、お出掛けは快調に続きます。


●写真はクニ河内さんとミカさんのコンサートが開かれた会場の入り口 。
[PR]

by startnagata | 2009-12-09 03:47 | Comments(0)
2009年 12月 05日

ゲタ箱作り第二弾!

c0202463_10524368.jpg

11月29日の上月仮設住宅でのゲタ箱作りに続いて、
12月12日には久崎仮設住宅でゲタ箱を作り配ります。

先日は5名での参加でしたが、今回は親子大工さん2名。

上月仮設の住民さんから「こんなに便利とは…、
すごく重宝しています」と嬉しいお礼のお電話。

お天気や所要時間など気にかかる事も多いのですが、
年越しを少しでも気持ち良く迎えて頂けたらと、
気合いで晴れてもらいます!!
(あ〜、どうか降らないで…)


●写真は久崎仮設近くでの全壊家屋の一部
[PR]

by startnagata | 2009-12-05 10:52 | Comments(0)
2009年 12月 05日

被害の一部

この度の水害による被害状況等は、佐用町公式ページでご覧いただけます。
http://www.town.sayo.lg.jp/bousai/hinan_higai.html


ただし上記ページは人的被害や住居に絞られ、空き家、物置など人の住まない家屋部分や農地被害など含まれない部分も多く、「被災」と「被害」の違いに都市部の災害とは異なる問題が横たわります。

となると…、災害による各種義捐金や見舞金、果ては保険額にまで影響が及ぶのです。
[PR]

by startnagata | 2009-12-05 10:46 | Comments(0)
2009年 12月 01日

ぐち

c0202463_11575460.jpg

9月から集め始めた佐用町支援の冬物物資ですが、多くのボランティアさんによって、
やっと全ての仕分け作業が完了しました。


募集したのは『新品、もしくは新品同様の衣類・布団・暖房用品』だったのですが
、開封してみると『食器・枕・シーツ・食品・スキーウェア・CD・本・カーテン・座布団・
文具・他もろもろ』と実に様々でした。


勿論、多くの物資が被災者の感謝のもと冬支度にと旅立ったのですが、
管理や配布数から悩ましい物、中には仕分けスタッフが頭抱える物なども有りました。
けどそれらも救援活動には付き物と笑ってやり過ごす事が出来ました。


けどここ佐用町の水害支援でもやっぱり笑えない物が!


どんなに欲目で見ても恥ずかしくて配れない使用済み下着。
何より!ボランティアとは言え触るのも嫌っ!!


毛玉だらけもシミだらけの衣類も、首回りが伸び切ったTシャツもカビだらけの服も、
アレルギー起こしつつ呆れながら捨てる日々でしたが、長年履いて毛玉だらけの
靴下や汚れた使用済み下着を、見知らぬ人に贈るなんて本当にエチケット違反です!!


すでに45リットルのポリ袋で数百個分の廃棄衣料が仕分けられていますが、
廃棄にも、手間と費用という無駄がかかる事、それを被災地の誰かに押し付けて
いるという認識を、一人一人が熟知できる社会になってほしいのです。


決して大量に送る必要などないありません。
衣類には流行もあります。
自分の不用品は他人にとっても不用品です。


自分の使用済み下着が誰かの目に触れるなんて、本当に、恥ずかしくありませんか?
見知らぬ他人がはき古した下着、あなた着用できます?


●写真は行き先を待つ冬物衣類
[PR]

by startnagata | 2009-12-01 11:57 | Comments(0)
2009年 11月 29日

え?

ご、ごめんなさい…
なぜか写真が横向きに…
大きさもいつもと違うし…


訳が解りませんが私の操作が間違ってるはず…


明日、管理人さんに相談しがんばってやり直してみます!
キモチワルイ…
[PR]

by startnagata | 2009-11-29 01:40 | Comments(0)
2009年 11月 29日

こっちが支えられてます

c0202463_133266.jpg

被災者でありチーム神戸のお手伝いをして下さる、心強い地元の方々がたくさんいらっしゃいます。


ご自身が暮らす仮設住宅でのポスティング。
ご近所や顔見知りへ口コミお知らせ。
咳きこむ様子に飴を持って来て下さった方。
ご近所の不自由に車で何度も送迎して下さる方。
週末のお手伝いにお昼まで作ってくれる方。
山のような段ボールやゴミの処理をかってくれる方。
気掛かりなご近所の様子に、代わって相談に来られる方。
外出困難な高齢者に代わり身の回り品を届けて下さる方。
水害で不作と言いながら畑のお野菜を差し入れて下さる方。
お子さんが通園中にお手伝い下さるお母さん方。

こちらの体調を気遣って温泉に連れて行って下さった方。

佐用は寒かろうと新品の暖房器具に灯油。おまけにポンプまで。。。


段ボールで手がガサガサー!と笑うと、困った顔でそっと手を包んでくれた方。



皆さんに抱きついて、思いっ切り抱きしめて言いたい。

「ありがとおーーーーーーーーーーーーーー!!」って。


さあ、明日は大工ボランティアさん達と上月仮設で玄関先のゲタ箱作り。

がんばるう〜   (^O^)/



●写真は頂いた大根とゆずで作った浅漬け。右上の黄色い桶には白菜漬けを。
[PR]

by startnagata | 2009-11-29 01:33 | Comments(0)
2009年 11月 28日

まだまだ・・・

c0202463_1225934.jpg

c0202463_1225949.jpg

c0202463_1225995.jpg

佐用町名物の朝霧ですが、雲海に包まれた佐用町を眺めようと大撫山に出掛けてみました。


県道365号線から「西はりま天文台」方向を目指して進み、脇道を抜けると私のお気に入り場所ですが、行き着くまでの数か所では現在も8月9日の水害による爪痕が残っています。


大きく崩れたままの山の斜面からは大木の根がむき出し、谷底へ土砂とともに流されたままの白いガードレールは行き着く先が見えないほどです。


長い間通行が止められていた道路ですから、水害直後にはもっとひどかったに違いありません。


被災地当時の様子からは見違えるほど泥やガレキは姿を消しつつありますが、人々の暮らしに及ぶ爪痕は、これからまだ先の長い事でしょう。



●写真は大撫山に続く道路脇2枚と、佐用町のまちを包む雲海。
上から見下ろせば雲海ですが、下から見上げれば朝霧?どちらにせよ本当にきれいです。。。
[PR]

by startnagata | 2009-11-28 12:02 | Comments(0)
2009年 11月 24日

週末は大賑わい

c0202463_1941667.jpg

物資の仕分け作業が平日に進められ、土・日・月曜にはチーム神戸(活動拠点として使わせて頂いているカトリック佐用教会)に直接被災者が来られ物資を持ち帰る配布会が行われています。


お越しの皆さんにはチラシを持ち帰ってもらい、ご近所やお知り合いなどに配ってもらっていて、その効果か日に日に来場者は増え、交通手段の無い方を自家用車に乗せて出直される方もたくさんいらっしゃいます。


また持ち帰った配布告知のチラシをご近所の被災宅にポスティングして下さる方も増え、取りには行けないがこんな品をお願いできますかとのお電話も頂きます。


今日も朝からご高齢のご夫婦宅へお迎えに出向き、必要な物をゆっくりと選び車でご夫婦共々お届けしました。他人から物を貰う事への抵抗感は当然ですが、外出介助しながらのお出掛けで徐々に打ち解けて本音の会話に変化していきます。


水害後の街へ出掛けるのは初めてだと、自宅から10分足らずのドライブ中、車中からあれがこれがと、齢80を超えるご夫婦は町の変貌に驚かれていました。


ご自宅周辺以外の被災状況を初めて目にするのですから当然でしょうが、被災者の生活背景に改めて心を寄せる機会となりました。


佐用町には勿論、神戸にも各地にも高齢者はたくさんいらっしゃいます。
明日神戸に帰ったら、お二階のばあちゃんちで久しぶりにゆっくりおしゃべりの相手をと思っています。


●写真は物資配布会の様子です
[PR]

by startnagata | 2009-11-24 19:41 | Comments(0)