★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2019年 01月 13日

1.17を前に 伝える

今日は久しぶりの人防(人と防災未来センター)。
人防と京大の防災研究所主催で、『災害メモリアルアクションKOBE』が催され、若者達の様々な取組みが発表された。

テーマは
「伝える大震災、つながる防災」

参加校は、兵庫県立舞子高等学校・関西大学 社会安全学部 奥村研究室・国立明石工業高等専門学校(明石高専防災団)・兵庫県立大学➕神戸市立渚中学校・そして、神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 安富ゼミ。

安富ゼミの皆さんの取組みは、阪神淡路大震災にまつわる新聞制作で、27名の方々のインタビューで構成され、錚々たる面々の端っこに、私のインタビュー内容も掲載されていました。

7月に広島の避難所で活動した兵庫県立大学大学院の喜田くんは、渚中学校の生徒たちと、80年前の阪神大水害の貴重な体験談や写真等もデジタルアーカイブ化して、閲覧可能にと取り組んでいる。

各学校ごとの興味深い取組みが発表された後は、壇上と会場とを交えたパネルディスカッション。
こちらには私も参加させて頂き、若い視点からのたくさんの刺激を受けました。

そして散会後の懇親会。
この懇親会で秀逸なやり取りが。

マイクを握る進行役の若い男性が、「一つとても気になっているのですが、なぜに諸先輩方は僕ら若者に『伝えることの重要性』を繰り返し説くのでしょうか?」と投げ掛けた。

歓談に盛り上がっていた会場は一瞬にして静まり返り…

そしてマイクを渡された京都大学防災研究所の 牧 紀男先生が静かに一言。

「それはね、
私たちは死ぬからです」

若者達が固まる傍らで年配者達は「その通り!」と大喜びの大笑い。
とても明確なコントラストが見て取れた一瞬でした。

そう、私たちは居なくなる時間が近い。だからこそ若者に伝えなければ、その命を守るために伝えなければ、伝え方でさえも模索して模索して伝えなければ、又いずれこの若者達もそうであれと、伝えることの重要度の高さを、クドくしつこく繰り返す。

「いずれ未災者が未災者へと伝える時が来る」と、人坊センター長の河田さんの閉会挨拶にも有ったが、現在の若者がその時に抱くジレンマや困難を私達は知っている。

だからこそ今、私達体験者が伝える事と伝える意義について、時にしつこくクドクドと説いてしまうのだろう。

この地には多くの方のご尽力で、防災に特化した学校や学部や、大学院まで生まれた。
多くの小中高が震災や防災に何かしらで取組むし、追悼行事のロウソク作りをお手伝いする保育園もある。

あの日を知っている私達に出来ること。

それは命の大切さを伝えていると、嫌われないよう、そっぽを向かれないよう、これからも伝えて行くかも。
いや、間違いなく伝える。

そして来週17日にはこの建物にも、伝えることの重要性を知る人々が、世界各地から参集し行き交う。

c0202463_01120057.jpeg

c0202463_01124505.jpeg

c0202463_01130707.jpeg








# by startnagata | 2019-01-13 01:11 | Comments(0)
2018年 12月 29日

2019年1月19日(土)災害ボランティアQ&Aフォーラム第二回開催

シェア大歓迎です!!

2018年は実に大規模災害の続いた年でした。
そして各所で耳にする疑問が『逃げない住民』の存在です。
私自身も24年前に逃げなかった住民の一人です。...
今思えば逃げ方を知らなかったのです。

【どの段階でどう逃げればよいのか?】
それをどう周知させるべきなのか?
そして個々に応じた逃げ方とは?

【参加者の疑問を参加者みんなで探しに行く】
そんな趣旨で開催するフォーラムです。
メモ・録音・文字起こしするよという方も大歓迎です!

自動代替テキストはありません。


# by startnagata | 2018-12-29 21:17 | Comments(0)
2018年 12月 10日

師走の仮設

暖冬から急な冷え込み。


4割ほどが退出された熊本の仮設住宅で、

今週もお仲間が1人転出されます。


うちの復興住宅は6月に完成らしい」


「うちの部落は崖崩れの工事が

済まんけん未だ家ば建てられん」



そんな茶飲み話を終えお散歩に出て行くみなさん。


仲良しこよしで今冬もお元気でね。


今日は、温まるようにとお出しした昆布茶が好評でした。


c0202463_19163647.jpeg


c0202463_19145021.jpeg







# by startnagata | 2018-12-10 19:13 | Comments(0)
2018年 10月 09日

地域の縁側

今日は初めての取り組み!


初めてってワクワクドキドキ刺激的で

想像力ふり絞らなきゃならんので大好きです。


そして、今日のお茶っこ場所は、、、



チーム神戸の事務所サロンでもなく

復興住宅の誰かのお部屋でもなく

在宅方ののお宅でもなく

仮設住宅でもなく



ここは、復興住宅のピロティ!



普段多いパターンは訪問したり訪問されたり。

その合間にも色んな用に出掛けたり。



以前なら1日に7つ8つの所用に奔走しこなしてましたが、

時間のやりくりに自分の食事も睡眠も後回しでぐったりでした。



それでも廻りきれないあのお宅にあの顔。。



何より気になっていたのは、当時同じ避難所で暮らした人たちが、

自宅再建や復興住宅と進む方向が分岐するにつれ、

徐々に交流が減少して行く様子。



もちろん復興住宅にも他の地域から入居され、

知り合いがいなくてと心細そうな高齢者も。



で、先日思い付いたのがこの復興住宅のエレベーターそばのピロティのベンチコーナー。



2〜3人に電話で声かけお茶はじめたら、

買い物帰りや散歩にと、

行き交う人が代わる代わるに寄ってく!



石巻に来てるって聞いたからと、

場所も知らずに辿り着いてくれた90歳や、

誘っても出てこなシャイなおやじ達も、

この場所では入れ替わり立ち替わり。



お菓子やお茶も足りなきゃ誰かれなく

部屋から持参してくれるし、

途中で体操をやったり、

トイレ貸してと賑やかに行ったり来たり。



昼過ぎから日の暮れまで、

暮らす建物が違えど、

大きな笑い声が途切れず過ごせました。



まるでこのまちの大きな「えんがわ」みたいなこの場所を、

いつか何かに使いたいと思ってたけど、

こんな感じもなかなかどうして。



さあ陽も暮れたよ〜!

今日はこれで解散しようか〜!



と声かけると、次はいつ?って聞かれたので、

とっさに金曜日!ってこたえてしまったけど、

ここで喫茶店でも開こうか。。



c0202463_22211010.jpeg
c0202463_22212877.jpeg


# by startnagata | 2018-10-09 22:16 | Comments(0)
2018年 10月 05日

東北 ドライブ!

久し振りの岩手〜


脳梗塞の後遺症で引きこもりがちな友人を誘って、

彼の大好きなドライブに!



津波で失った車から中古車購入し7年。

頑張ってくれた愛車も青息吐息の頃、

悩んだ末に新たに車を購入。



付き合いも残り数日に迫った愛車に

乗り込もうとしたその時、

53歳の彼は復興住宅の駐車場で倒れた。


それから約半年。


ハンドル握りたくてウズウズしてんのが

ヒシヒシと伝わって来るけど、

行き先と通る道は彼に任せ、

岩手は厳美渓へ。



紅葉シーズンでもなく有名な空飛ぶ団子の

お店も閉まっていたけど、

お陰でのんびりゆったりとリハビリ歩行出来たし、

何より2人とも良い気分転換になった。



次回は彼の運転で来れますように‼︎


c0202463_11043895.jpeg


c0202463_11050278.jpeg








# by startnagata | 2018-10-05 11:03 | Comments(0)