人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2022年 04月 04日

3月16日の地震被災地へ

1年ぶりに福島県の双葉郡浪江町の帰宅困難区域を走行。かつてそこかしこに見られた、黒いフレコンバッグが山の様に積まれていた光景を今回一度も目にしませんでした。

それらは国内の各地に既に移され、金属の四角いコンテナに収まっており、例え皆さんの目に触れていても原発の汚染廃棄物とは気付きにくいのが現状です。

千葉県内では5つの市町に保管中と、滞在時にニュースで知りました。

帰宅困難区域とはいえ街道沿いの田畑や道や家屋周辺はきれいに草を刈られ、一見すると葬られた地とは気付かないかもしれません。

県道253号線に沿っては時折り工事車両が行き交ったり、かつての田畑をどこまでも続く様に、太陽光発電パネルが鈍く光っていました。

畦道の所々にはいつ誰が植えたのか鮮やかな黄水仙が揺れていたり、誰も食べず放置された一面のフキノトウが花をつけていました。

相馬市の「道の駅そうま」は地震被害により閉鎖中で、施設内は見れませんでしたが、建物のコンクリート基礎部分と駐車場のアスファルト部分のズレによるクラックや、屋根瓦の落下が見て取れました。

民家へのダメージは屋根や外壁部は通りからも見れますが、屋内の破損状況もかなりかと推測します。

神戸に戻った頃に宮城県亘理町の方と電話で話しましたが、屋根や外壁は無事で家財の落下と壁紙の亀裂程度との事でしたから、一見すると何の被害もなかった様に見えるこの福島県の家々でも、一部損壊か半壊の家屋は現在公表されているものより遥かに多いと、容易に想像がつきます。

役所で3月28日時点の避難者数の少なさから、在宅避難者の方について言及したところ「ざいた、く、ですか?」とまだご理解に至ってらっしゃらなかった様子。

阪神の際も東北の際も熊本でも、カウントされなかった在宅避難者の厳しい状況は、支援の漏れとして時折りマスコミでも取り上げられて来ましたが、いずれも支援策が締め切られたりした後の一段落した頃に集中しています。

これまでの学びからすれば、その部分をも視野に入れ先回りするくらいで丁度のはずなので、取りこぼしは社会全体の責任なのかもと感じるばかりです。

そして大事なこと。
台風15.19号被災地の房総半島での学びから、屋根の臨時的なシート掛けなどが急務と理解してますが、たまにシート掛けられた被災家屋を見掛ける程度で、未だ殆どが手付かずに見受けられました。

また屋根上での作業風景も滞在時に一度も目にしませんでした。

房総半島では台風による「風」の被害です。道も狭く家屋が密集している地域に対し、大きなほうきで思いっ切り掃かれたように、文字通り軒並み被害を受けるのが特徴です。

そして今回は地震の揺れによる広範囲な被害ですから、広い通りから外壁や屋根だけを見ると、被災家屋は点在する、ひいては少なく感じる、外から見ただけではそう感じてしまう様子です。

また被害を受けた住民感情としても、周辺を見渡し共有共鳴共感する相手が少なければ、心理的な孤立感も横たわってしまうのだろうとこれまでの経験から想像しています。

役所でも、コロナ禍でボランティア募集は当該地に限定されていて少なくなる点や、屋根の手当てに房総半島では消防や自衛隊が対応した経緯をお伝えしましたが、私の伝え方が悪いのか先方の理解には至らず。

地震が起きたのが3月16日。
災害ボランティアセンターの立ち上げが4月1日。
その間に雨の日も度々。

11年前の地震と津波と原発事故
3年前の台風19号
昨年2月の福島沖地震
そして今年の 3月16日震度6強

度重なる激甚災害で否が応でも慣れた部分もあるはずで、房総半島の悪夢を繰り返さないためにも、迅速なる手立てを切望します。
3月16日の地震被災地へ_c0202463_04573508.jpeg

3月16日の地震被災地へ_c0202463_04582505.jpeg

3月16日の地震被災地へ_c0202463_04590500.jpeg

3月16日の地震被災地へ_c0202463_04595577.jpeg

3月16日の地震被災地へ_c0202463_05004987.jpeg


# by startnagata | 2022-04-04 04:56 | Comments(0)
2022年 03月 10日

3.11 今年の宮城行き

本来なら今日、東北に向け出発の予定でした。
チーム神戸のメンバーと(一社)日本避難所支援機構のメンバーと。

昨年末より調整に入り、コロナの影響に備品など用意し状況次第に注視しながら。

そして蔓延防止等重点措置の推移に固唾を呑むような思いで。

結果として、先月末の段階で蔓延防止等重点措置の延長を知り、全ての予定を中止としました。

全員が現地集合現地解散でしたので、宿泊先や各交通機関のキャンセルを行い、訪問予定だった方々や各関係機関と調整を行い今日に至ります。

複雑な思いも隅々に残りますが、それぞれの場所で彼の地に想い寄せ祈り過ごしたいと考えています。


# by startnagata | 2022-03-10 00:15 | Comments(0)
2022年 02月 19日

新法人設立のこと

暫く手を付けられなかったブログ
何から書けばいいのか
何をお伝えするはずだったのか
頭の中を整理し切れてませんが
「整理してから」と思えば思うほど
時間が経ってしまい更に混乱して行く。

なのでもう時系列に整理してなんてのは諦め
思い付いたことから本音を投稿していこうと。

先ずは新たに法人を立ち上げました。

名称は
一般社団法人 日本避難所支援機構 
と申します。

何をする組織なのかは名称で一目瞭然かと思います。

画数多く長い名称は何かしらと
記入のたびにとても大変です。

それでも活動の分かり易さにこだわって、
特に私たちが支援する方々に伝わりやすいように。
そして全国各地に支援者の輪が広がり、
各地で起きる災害支援がより公平で
被災者目線に重きをおき実行できるように。

被災後過酷な暮らしを余儀なくされる方々が
最初に身を寄せる避難所。
その避難所の許せない格差や厳しさを
30年近くの間にたくさん見てきたからこそ、
必要と痛感してきた組織をつくりました。

とはいえコロナ禍の最中で
思うような移動も活動も悔しいほど出来ていませんが
山形から岡山までのエリアリーダー達が
オンラインでそのスキル共有や学びを深めています。

災害支援・医療・法務・防災などの専門家達が
被災者支援のために手を取り合い発足してのが
一般社団法人 日本避難所支援機構
 略してJSSです。


災害支援団体チーム神戸同様に
お力添えのほど、よろしくお願いいたします。


# by startnagata | 2022-02-19 05:16 | Comments(0)
2022年 01月 26日

3年前の座間市で

2019年1月25日
神奈川県座間市で画期的な災害時訓練が行われました。
避難所運営に併せご遺体の扱いに関する訓練です。
鑑識の部分では神奈川県警も合同し、移送や火葬の手続きなども。

阪神・淡路の際も東日本の際も、そう言う場面と向き合ってきたので、犠牲者の尊厳と遺族への手当から、とても重要かつ正しい訓練だと思っています。


そんな過去のFacebook投稿が昨日見れたので、その後どうなっているだろうかと座間市役所危機管理課に電話を掛け調べてみました。

お忙しい中調べて頂き恐縮でしたが、こちらの趣旨をご理解下さって提案者に辿り着くことが叶いました。

その提案は危機管理に関する部署からでは無く、戸籍住民課の職員からで、幸いにもご本人からお話を伺えました。

市民の出生や死亡届けに関与するその方は、これまでの大規模災害事例からその事務作業が滞れば、ご家族が心身共に大変なご苦労を重ねられるだろうから、訓練の必要性を提案し実行なさったという経緯でした。

もちろん犠牲となられたご遺体である市民への様々な配慮も感じ取れました。

阪神の際も東北の際も、家族も住まいも失い、身を寄せた県外などから足運ばれる方も多く、交通手段も失くした被災者には何度も足運ぶ様子は確かに酷な状況でした。

とはいえ人命救助の観点が一般的な非常時訓練の中で、どなたがそんな着眼点をもち提案実行なさったのかと深く感銘していましたが、市民の戸籍管理に関する業務を行う方のご意見とは、只々納得するばかりでした。

コロナ禍の現在では同様の訓練は催せず、記録していた動画を元に座学に変更し継続なさっているそうです。

是非とも各地方自治体の危機管理に関わる職務の方々は、座間市役所へ研修に行かれる事をお勧めします。
もちろんリモートでも。


# by startnagata | 2022-01-26 15:04 | Comments(0)
2022年 01月 23日

事後報告で申し訳ないです

今年も阪神・淡路大震災にちなみ、被災者支援を深めるためのフォーラムを開催しました。
ただ、昨年までと違い主催団体は一般社団法人 日本避難所支援機構(※略してJSS https://www.amanjako.jp/)でした。

JSSに付いては改めて投稿しますが、今年は登壇者が6名で各発表時間は20分というタイトさ。

あっという間の3時間でしたが、今後は1名ずつがじっくりと講義する連続講座を予定しています。

自主避難〜避難所〜仮設住宅〜みなし仮設住宅〜復興住宅〜自宅再建〜地域再生と、復興への道のりは長く険しい。

被災後どこにもつまずかず進むなんて、到底困難な事です。
私たち支援者がその伴走者になれるなら、スキルを磨き数を増やしの一念です。

わたしやあなたに出来ることが見つかりますように。

事後報告で申し訳ないです_c0202463_06391615.jpeg


# by startnagata | 2022-01-23 06:38 | Comments(0)