★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2009年 11月 08日

事務所でも配ります

c0202463_2342386.jpg

これまで各所で配ってきた冬物物資。

色んな告知手法を駆使しても伝わらなかった被災者のために、今月は事務所で物資配布。

一人でも多くの方に行き渡りますように…と、ボランティアの皆さんが日夜仕分け作業に励んでいます。
[PR]

# by startnagata | 2009-11-08 23:04 | Comments(0)
2009年 11月 07日

佐用町でカニ

c0202463_2231058.jpg

ガイダ=カメムシの事を佐用町ではこう言います。
使い方は「今年はガイダが多いなあ・・・」とか
「ガイダ臭いぞ」とか

え!なに何!わたし?
通りすがるように発された一言に、
最初は「怪獣」の名前か何かかと思った自分があほらしい。。。


そうガイダ飛び交う季節は秋!
大好物の藻屑蟹や落ち鮎がおいしい頃。

仮設住宅の帰りに踏み切りそばの商店で見つけた「川かに・鮎」の貼り紙。
そう、地方では「ガニ」とか「川ガニ」とか「毛ガニ」と呼ばれる正式名称「モクズガニ」

「うほほ、、、」
明日お泊りのスタッフ分もと、元気で大きい活き蟹3匹を購入。
事務所の流しに置き明日皆で楽しもうと就寝。
翌朝目覚めて眠い目をこすり、キッチン流しの白いビニール袋を見て我ながら理解不能。。。


なんでこんな所にビニール袋が。はて?

ギェッ!!
そういえば、きのう蟹を置いたかも?いや置いた!そう、3匹も!

ひとは不思議なもんです。なぜか私は自分の足元を凝視しました。

いない!?
おらん!!
なんでーーーーーーーーーー?

頭の中をクエスチョンマークが2個5個10個50個とにかくいっぱい占拠されて行く間にスタッフが集合し出し、おいしい蟹が行方知れずと私一人大騒ぎ。

皆さん訳が判らぬまま物資の積み込みで時間切れ。
物資配布の活動中も時折脱走蟹の行方と今後が脳裏をよぎる。

けど食べたいし食べさせてあげたいし、また帰りに蟹3匹と冷凍の落ち鮎10匹入り1袋を新たに購入。
撤収諸々済ませ「うっほっほ〜い」と、今度は助手席に置いといた白いビニール袋を持ち上げて愕然。

今朝流しで見た悪夢のように、白いビニール袋がたよりなくまたヘニョヘニョともぬけの殻。

そして繰り返す。。。

いない!?
おらん!!
なんでーーーーーーーーーーー?

脱出・逃げた・逃走・迷走・ひょえーーーーーーーーええええ!


これ以上人の体は曲がりません!ってくらい懐中電灯で車中を調べ尽くして驚愕!!
ダッシュボード裏の配線に絡む蟹の足先がちびっと見えた!
おじさんがビニール袋2重にして入れてたのは、引田天功じゃなくて蟹だったのにぃ、結び目もほどけてないのに、な、な、なんで!

はい。思案格闘の結果、足がもげてもいけなし後の仕事が詰まっているわ疲れてヘトヘトダワでとにかく諦めました。

明日に続きます。。。


●写真上がカニ足
[PR]

# by startnagata | 2009-11-07 22:03 | Comments(0)
2009年 11月 03日

11月1日 雇用促進住宅

c0202463_17562488.jpg

c0202463_17562454.jpg

各地で繰り返して来た物資配布の最終日にして、初めて雨の気配が!

でも大丈夫。
事前に雨天の際は集会所を使わせて頂けるように連絡済みで、
自治会長さん自らお越しになり集会所の鍵を開けといて下さった。
これでお天気が崩れてきても安心です。


いつものように午前11時から配布開始。
左右2棟からなる雇用促進住宅の芝生広場の上で、
まるで広々とピクニックのような雰囲気。

けどこちらも多くの水害被災者が入居する仮の住まいで、
プレハブ応急仮設住宅の外観とは異なるものの、
越冬の身支度や冬布団を求める方々がたくさんいらっしゃいます。

この住宅は被災を免れた長尾地区にありますが、
多くの空き室を抱えていたため、
早くから被災者用の仮設住宅として入居が進められました。

ただ、入居された被災者にとっては暮らし慣れた地域から遠いため、
被災家屋の修理や片付けでお留守にされている方も多く、
隣近所の頼まれ物をという方も結構いらっしゃって、
お越しの人数に比べ物資の出た量はかなりに及びました。


利用者の皆さんが昼食に室内に戻られ、
私達ボランティアもピクニックよろしく芝生に腰据え昼食タイム〜
自治会長さん宅から差し入れられた、温かい缶コーヒーや紅茶に
目尻下げていた頃に雨がぽつりぽつりと。

止むかなあ・・・、どうかなあ・・・、と思案しながら集会所へ荷物の移動。

お弁当が詰まったお腹抱え、よっこらしょっと一働き。
集会所では素晴らしいタイミングで被災者の方々と再会。
そう、ベランダから移動の様子見た方々が、お昼済ませお手伝いスタッフに変身!

集会所内の机やいすを寄せてくれたり、段ボールの山をドンドン運んで下さる。

昨日の上月仮設でもそうでしたが、困っている被災者を助けようとする
私達の様子に、困っているボランティアを助けようとする被災者の方々。

本末転倒にお世話掛ける情けなさより、
こうやって人は支え合って行くんだとの心強さがこみ上げて
、ただただ私達の心に染みていきます。


10月は「少しでも被災各所へ赴いて」との物資配布でしたが、
実に多くの方々に支えられての活動展開でした。

物資提供を呼び掛けて下さった報道関係者の皆さん。
被災者を思う全国からの支援物資提供者。
保管場所を提供して下さったカトリック佐用教会とマリア幼稚園
仕分け作業に明け暮れてくれた方々。

週末毎に物資を被災者に届けて下さった皆さん。
運搬用のトラックを無償で提供して下さった地元の被災者。
物資提供をお申し出下さったのに備蓄状況からお断りせざるを得なかった方々。

私たちの活動に有難うの言葉を下さった被災者の皆様。

その他にも励ましやお力添えくださった実に多くの方々に、
心から、本当に感謝申し上げます。


チーム神戸の活動は11月へと変化して行きますが、
土日月曜の11:00〜14:00は事務所(佐用教会)での物資配布。

そして被災高齢者への訪問活動が中心になります。

佐用町は冷え込む頃に水害から3ヶ月を迎えますが、
被災者の心のガンバリもほどけ心身共の疲労が表面化する頃です。

どうか暖かい冬が来ますように!!


●写真は雇用促進住宅の様子
[PR]

# by startnagata | 2009-11-03 17:56 | Comments(0)
2009年 11月 03日

10月31日(土) 上月仮設住宅

c0202463_11491964.jpg

朝の冷え込みが嘘のように、秋晴れの中日影が恋しくてたまらない物資配布でした。。。


今日は上月仮設住宅での物資配布。
仮設住宅は見上げるほどの丘の上。
そして車が駐停車する余裕もない。
なので仮設住宅下の小学校前でお配り。


少々遅れての私達の到着を、すでに待ちかねて集まっている被災地の方々。中には拍手で迎えてくださる方も。

お待ちの皆さんへの挨拶もそこそこに、会場に横付けしたトラックから段ボールを降ろし出すと、「おー、手伝おうや」と、次々荷降ろしに手を貸してくださる。
とっても嬉しいけど、ば、ば、ばあちゃん、無理しないでー!


一通り並んだ荷物の中から、アレかなコレかなとファッションショーの開始。ボランティアさんが「コレもどう?」と体に合わせてみたり和やかな雰囲気の中、暫くすると水害当日の様子を話し出す被災者の方々。

暗闇に渦巻く濁流の中、家族の身を案じ無我夢中で生きながらえた様子を笑顔で話す被災者を前に、私達は「風邪ひかないでね」とか、「無理しないでね」としか言いようのない歯痒さ。


もう十分という被災者に、つい「コレもあたたかそうだよ」と荷物を増やしてしまうのは、どのボランティアさんも同じ気持ちのようです。


ご家族の分もと、身を惜しまず階段を何度も往復し仮設住宅に荷物を運ぶボランティア。せめて自分に出来る事はと、精一杯のお手伝いなのでしょう。

こたつや電気カーペットを抱え、急な階段を行き来する様子が、とても頼もしく青空に映りました。

西宮仁川学院の院長はじめ、生徒の方々も朝早くから本当にご苦労様でした。

各所でせめてものお礼にと差し入れられたお茶やお菓子に野菜や果物。ありがたく頂戴しています。

●写真は地元の被災された方からいつもお借りしている2トントラック(感謝!)。
と、その後ろが上月仮設住宅。
[PR]

# by startnagata | 2009-11-03 11:49 | Comments(0)
2009年 10月 27日

10月25日(日) こいこいまつり二日目

c0202463_19144530.jpg

c0202463_19144528.jpg

c0202463_19144515.jpg

気になるお天気もなんとかなりそうな気配の中、昨日のアシナガ蜂を避け今日は反対側にブース移動。カーポートの屋根下でちょっと狭いけど、蜂も遠のくし急な雨にも対応できるので安心です。


今日は町長選投票日で始まりは人影もまばら。
とはいえ役場から徒歩1分ほどの立地。
投票済ませたどんどん集まって来られる方々。

冬物衣類は昨日と同じく大盛況!
きのう500枚も買っておいたビニール袋が次々と出て行きます。

もちろん防災無線でも「お持ち帰り用袋のご用意を」と流してもらいましたが、皆さんが持参された袋では足りない様子で、「ご遠慮なきように。皆さんサンタさんになってね〜」の掛け声に「袋くださーい」とかえってくる。


マリア幼稚園の園庭ではいろんな催しにちびっこの歓声があがり、時折ばあちゃんや母さんに呼び出され服のサイズ確認が行われていました。

園庭では昨日の内容に加え、佐用警察の白バイ乗車コーナーやうどん・鹿コロッケ・おでんの販売にお餅つき。地域の方々が張り切って作っただけあって、どれも熱々をおいしく頂きました〜。
そして水没した地域パトロールカー(青パトって言うそうです)の贈呈と出発式。

おでんを頬張っていると通りすがりの一言。
「今日もジャンケン大会するんですよね?」
おっと、もうそんな時間!?
そうです、ジャンケン大会。。。

冬物衣類や掛け布団はたくさん集まり皆さんに行き渡るのですが、多くの被災者が少ない暖房器具を楽しみに来られるようで、皆さんがいらっしゃるその場で公平に、そして少しでも明るく配れるよう、昨日もジャンケン大会で配布会場は盛り上がりました。


苦肉の策のジャンケン大会も、阪神・淡路大震災の救援活動時に行き着いたやり方ですが、佐用町でもこれをやるとは思ってもなかった…。

さてスタッフも二日目で少しは慣れた様子。
「さーいしょはっ、グー!!」と会場からも陽気な掛け声が。

当たらなかった方に胸を締め付けられます。
ジャンケンなどせず全員にお配りしたい。
本音を言えばキリがありません。
   
今出来る事を何とかしたい
厳しい冬が来る前に、冬が来る前に…
ただ、その思いだけでチーム神戸は被災者に寄り添います。

さあ!来週は上月仮設住宅です。
物資の仕分けや告知に励まなくては!



●写真は、いつも大盛況の衣類コーナー
●青パト出発式をシャボン玉で送り出すチビッ子達。
●物資をバケツリレーする賢明女子学院の中高生と、カトリック信者の中高年(失礼!)。一日中立ち運び動きっぱなしの功労者たちです。
[PR]

# by startnagata | 2009-10-27 19:14 | Comments(0)