★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 24日

未だ続く被災地での暑さ対策

朝倉での泥出しや熊本の仮設支援など、この夏の熱中症対策に活用した道具。
電池式の噴霧器です。

c0202463_06021902.jpg
東日本大震災の際には殺虫剤を入れ、ウイルス感染対策にウジやハエ駆除に使いましたが、
今回は、水に少量のアロマオイルを入れ人に向け使用しました。
※害虫駆除に用いたのとは別の機械ですからご安心を。。


そして奇遇にもちょうどこの投稿文を作っている時に、
とてもユニーク且つ効果的な方法がメッセージにて寄せられました。

水に浸して絞ったTシャツを着用されるそうです。

もちろん場合に応じてですが、体温を下げる効果は大きそうですね!





[PR]

by startnagata | 2017-08-24 06:12 | Comments(0)
2017年 08月 23日

高齢者の防災用品を考える

長い時間を掛けその必要性を理解してもらい、
やっと取り掛かった母の緊急時の防災用品。

色んな物事が忘却の彼方に去って行くお年頃ですから、
毎度の説明を根気よく繰り返しながら、
やっと本格的に取り組めました。

そして本人曰く。
「そうか、◯◯は数日もすれば届くのか、、」と感心しきり。

そうです。
無人島に引っ越す訳ではないのです。
数時間から数日間で、救援物資は受け取れるのです。

大げさに考えず、身の回りの最低限必要な品を見極めまとめる。
以下ご参考にでもなれば何よりです。


◆衣類
羽織れる綿シャツ・肌着・靴下・トレーニングズボン・紙パンツ・雨合羽上下

◆文具
カッターナイフ・油性黒マジック・ボールペン・メモ帳・懐中電灯

◆飲食品
水(500CC 2本)・アルファ米(3袋)・ポン酢(小瓶※母にとっては重要な調味料のようです)・塩昆布(小1袋)・飴(5~6粒)

◆衛生用品
45リットルポリ袋2枚・レジ袋3枚・輪ゴム2本・歯磨きセット・タオル2枚・尿とりパッド5枚・絆創膏大小5枚・爪切り・トイレットペーパー1玉

◆貴重品
保険証・障害者手帳・外国人登録証はA3用紙1枚に、まとめてコピーした物を折り畳んで。
お薬手帳 ※これを診療継続中に全ページコピーしておくのか、いや出来るのか、
原本を持ち出す余裕と認識が本人に保てるのか、悩みどころでまだ結論に至っていません。
日々使用している義歯と薬は非常用品にまとめる事は出来ないので、
普段から置き場所を決めており、万が一の時には持ち出すようにと繰り返していますが、
さて、現実となった時の万全の策はいかがなものでしょうか。


おおよそこんな所ですが、特徴としては、2年ほど前に膝に人工関節を入れ杖歩行であること、
腎臓や消化器系に持病を持つ母の体力と体調を重視し、上記の多種多様な品々を、
それぞれ少量にすることで軽量化を図り、背負う体力のない母の歩行の支えになるよう、
キャスター付きバッグの希望を取り入れました。

他にもシャンプー・リンス・ブラシ・着替え・ブランケット等々、
本人要望の品々が有りましたが、数日もすれば届くと理解してもらい、
あくまでも現実的なサイズ感と軽量化を重視しました。
c0202463_21324535.jpg


しかくリビングの手すりにファスナーテープでスタンバイです。
c0202463_15550471.jpg


◆以下の写真は我が家にある非常食のアルファ米3種ですが、
その賞味期限の記載箇所を見つけるのが、高齢な母にはとても困難たったようです。
一番下の「尾西の田舎ごはん」の様に、表面に大きく記載されていれば
高齢な母にも伝わりやすく、非常食として成立するのではないでしょうか。


アレルギー対応の非常食などの多様性を期待するばかりですが、
せめて賞味期限の表示は大きく表面側に、全ての社で規格統一して頂ければと痛感しました。
c0202463_21322393.jpg

[PR]

by startnagata | 2017-08-23 00:41 | Comments(0)
2017年 08月 20日

『田原ちびっこ夏祭り』無事開催のご報告!

チーム神戸が昨年の入居開始時から支援活動を行う、
熊本県益城町の仮設住宅。

その仮設と、仮設のある地域と、そして各地のボランティアが合同で、
『田原ちびっこ夏祭り』開催実行委員会を立ち上げ、
今日の晴の中、無事開催する事ができました。


◆数回の打合せでもそうでしたが、テントに机やイスに発電機と、
資機材の持ち寄りや設営撤収など、地域の方々が大活躍して下さいました。

地区の重鎮たち・PTAの皆さん・震災当時から奔走し大活躍の消防団の面々。
中にはここから離れた仮設に入居中の方もいらっしゃったり、
軒先避難で自宅改修された在宅の方や、みなし仮設の方など、
殆どの方が被災された身の上で、仮設であれなかれ、
みんなで乗り越えようと惜しまぬ協力を寄せて頂きました。
c0202463_22511164.jpg
◆そうして着々と芝生広場に設営がなされ・・
c0202463_22515684.jpg



◆特筆すべき点は多々有るのですが、その中でもコレ!!
写真左側に写るアイスクリームの陳列ケース!
地域住民の方が貸して下さったのですが、
このお陰で氷やアイスキャンデーの保存がスムーズで、
本当に夏の行事としては大助かりアイテムでした~!
c0202463_22521534.jpg



◆あれ?あれあれ??
設営一段落でホッとしていたら、なんだか人だかりが?
もしやと思って駐車場に目をやると、ほぼ満車?!

地区長が教育委員会への後援取付けや、
各区長への連絡網に防災無線に至るまで事前告知を進めて下さって、
地域の方々に周知されていたので、開始時間早々に来場客が起こし下さってました。

そして仮設の方々もお孫さんたちにお声掛け下さって、
猛暑のなか賑々しく夏祭りが始まりました!
c0202463_22534601.jpg




◆数日に及ぶ準備も一段落の田原地域の方々。
「子供のための行事ですからアルコールは販売しません」
「飲みたい方は各自持ち込みです」
私の意見に区長さんは「それがよか!」と一番に賛同して下さって、
設営完了後にやっとひと息です。
本当に、感謝に堪えません。。
c0202463_22540858.jpg




◆こちらは遊び屋台の「コイン落とし」コーナー。
担当するのは兵庫県姫路市からのNPO「きょういく環境プロデュース」の面々。
兵庫県教委とPTAの方々で、ちびっことの関わり方はプロ中のプロ!

毎月のふれあい喫茶でも仮設支援に関わってくださってますが、
今回は音響機器などの大物を積み、遠路車を走らせての登場です!

なんてったって今日の判定基準の甘いのなんの~
本当は水の上から1円玉を落とし水槽の中のコップに入れるゲームなのですが、
あれれー?
手首まで水の中ですよ~
そう、ちびっこたちが喜ぶのが何よりですから、これで良いのです!
先生方。さすがの判定基準とこちらも学ばせて頂きました。
にしてもこのゲーム子供たちにも大人気で、途中で景品を買い足しに行くほど。
1回10円でハズレても残念賞の景品はアイスキャンデー。
コインが的のコップに入れば、アイスキャンデー+おもちゃやハンカチなどの
景品がもらえるという、大盤振る舞いのコーナーでした♡

きっと今頃はホテルでグッタリのはずです。。
c0202463_22562998.jpg

c0202463_22572619.jpg



◆区長・仮設自治会長・消防団・グリーンコープ・熊本学園大・きょういく環境プロデュースと、
実行委員の各代表に自己紹介を兼ねたご挨拶をにお願いしました。
c0202463_22555502.jpg





◆宮城ナンバーのカラフルな軽トラックには絵本が山積み。
そう、移動図書館なのです!
ここで読むのも勿論のこと、気に入った一冊をプレゼント!
写真向こう側にも読書好きの子たちが♡
c0202463_22575424.jpg





◆本を読んだりお絵描きしたり、移動図書館横にはこんな素敵なスペースもご用意されてました♡
c0202463_23000921.jpg




◆石巻の被災企業の社長からご紹介頂いたご縁のグリーンコープさんは、
カレー・かき氷・綿菓子・すいか割り・
スーパーボールすくい・ストラックアウト・輪投げと、
本当に大活躍をして頂きました。

東北でも支援活動を継続中で、同時に熊本や、
九州北部豪雨災害の被災者支援も進行中なのですが、
慌ただしい中、快く20数名のボランティアさん達が対応して下さいました。

ちびっこが主役の夏祭りですから、勿論カレーは優しい辛さ。
かき氷の蜜も合成着色料や保存料ナシ。
カレーの食材表示もしっかりと、すべてが安心できる内容でした。
c0202463_00210704.jpg

◆グリーンコープさんの「遊びコーナー」は熊本学園大生さん3名が担当してくれました。
他の仮設でも子供支援を行っており、ちびっこたちとの触れ合い方は慣れたもので、
彼らの今後の活躍にも期待弾む思いでした。
c0202463_22585295.jpg



◆輪投げコーナーの写真は子供たちの笑顔バッチリだったので、
この看板写真でご容赦下さいね♡
c0202463_22595215.jpg



◆さあ!グリーンコープさんの催す「スイカ割り大会」前半です。
前半はちびっこ限定なのですがアッという間に参加希望者の列が!

益城はスイカ生産地としても名高く、実行委員にもスイカ生産農家が数件いらっしゃいます。
なので、叩き、割るイメージの強いこのコーナーには実は賛否両論有ったのですが、
さすがグリーンコープさん、心配無用でした!

当たってもスイカがちゃんと食べ物として食べきる配慮がなされているんです。
音は大きいけどスイカへのダメージ少ないように竹の棒が使われ、
スイカの下にはクッション材が敷かれていました~!!
そして目隠しした子が転んでも大丈夫なんだねー

竹の棒が当たったスイカは食べやすくカットされ、来場者に振る舞われます。
なーるほどな~、、、
これまた素敵な配慮に関心しきり。またまた学ばせて頂きました。
c0202463_23011810.jpg



◆目隠しで顔が隠れるから、このコーナーは正面から撮っても良かったかな・・
次回はその正面から写そうっと! ん? 次回??
c0202463_23015857.jpg




◆スイカ割り後半はおっきい子も大人も参加可能!
空も黄昏れ出した頃、この一振りは当たったのでしょうかハテサテ内緒でーす(^^)
c0202463_23023383.jpg



◆そして見習うべきはグリーンコープさんの大量機材の撤収とその後の振り返り。
これこそがグループワークの大切な共有で要だと、私も初心に返る光景でした。
c0202463_23030185.jpg



◆そして打上げ会場は区長さん宅のお庭です。
写真は失念したのですが、今回田原地区の方々にはフランクフルトで出店もして頂きました。
当初は焼きそばや焼肉などのお申し出を頂いていたのですが、
余りにも負担をかけ過ぎては申し訳なくてフランクフルトになったのですが、
「打ち上げで懇親会を」と地区の方々と催して下さいました。

仮設の方もボランティアも、なんだかすっごく美味しい和牛でもてなして頂きましたが、
私は明日の片付けとブログ報告のために一足お先に失礼しました。

本当に、最後の最後まで、感謝尽きない思いです。

そ・し・て・・
このブログ投稿したら、
明日の後片付けへの備えと、数日の睡眠不足解消に務めまーす!
c0202463_23031630.jpg

c0202463_23033604.jpg
※お子さんに関しては、なるべくお顔の見えにくい写真を意図して使用しています。





[PR]

by startnagata | 2017-08-20 01:37 | Comments(0)
2017年 08月 20日

『田原ちびっこ夏祭り』無事開催のご報告!

チーム神戸が昨年の入居開始時から支援活動を行う、
熊本県益城町の仮設住宅。

その仮設と、仮設のある地域と、そして各地のボランティアが合同で、
『田原ちびっこ夏祭り』開催実行委員会を立ち上げ、
今日の晴の中、無事開催する事ができました。


◆数回の打合せでもそうでしたが、テントに机やイスに発電機と、
資機材の持ち寄りや設営撤収など、地域の方々が大活躍して下さいました。

地区の重鎮たち・PTAの皆さん・震災当時から奔走し大活躍の消防団の面々。
中にはここから離れた仮設に入居中の方もいらっしゃったり、
軒先避難で自宅改修された在宅の方や、みなし仮設の方など、
殆どの方が被災された身の上で、仮設であれなかれ、
みんなで乗り越えようと惜しまぬ協力を寄せて頂きました。
c0202463_22511164.jpg
◆そうして着々と芝生広場に設営がなされ・・
c0202463_22515684.jpg



◆特筆すべき点は多々有るのですが、その中でもコレ!!
写真左側に写るアイスクリームの陳列ケース!
地域住民の方が貸して下さったのですが、
このお陰で氷やアイスキャンデーの保存がスムーズで、
本当に夏の行事としては大助かりアイテムでした~!
c0202463_22521534.jpg



◆あれ?あれあれ??
設営一段落でホッとしていたら、なんだか人だかりが?
もしやと思って駐車場に目をやると、ほぼ満車?!

地区長が教育委員会への後援取付けや、
各区長への連絡網に防災無線に至るまで事前告知を進めて下さって、
地域の方々に周知されていたので、開始時間早々に来場客が起こし下さってました。

そして仮設の方々もお孫さんたちにお声掛け下さって、
猛暑のなか賑々しく夏祭りが始まりました!
c0202463_22534601.jpg




◆数日に及ぶ準備も一段落の田原地域の方々。
「子供のための行事ですからアルコールは販売しません」
「飲みたい方は各自持ち込みです」
私の意見に区長さんは「それがよか!」と一番に賛同して下さって、
設営完了後にやっとひと息です。
本当に、感謝に堪えません。。
c0202463_22540858.jpg




◆こちらは遊び屋台の「コイン落とし」コーナー。
担当するのは兵庫県姫路市からのNPO「きょういく環境プロデュース」の面々。
兵庫県教委とPTAの方々で、ちびっことの関わり方はプロ中のプロ!

毎月のふれあい喫茶でも仮設支援に関わってくださってますが、
今回は音響機器などの大物を積み、遠路車を走らせての登場です!

なんてったって今日の判定基準の甘いのなんの~
本当は水の上から1円玉を落とし水槽の中のコップに入れるゲームなのですが、
あれれー?
手首まで水の中ですよ~
そう、ちびっこたちが喜ぶのが何よりですから、これで良いのです!
先生方。さすがの判定基準とこちらも学ばせて頂きました。
にしてもこのゲーム子供たちにも大人気で、途中で景品を買い足しに行くほど。
1回10円でハズレても残念賞の景品はアイスキャンデー。
コインが的のコップに入れば、アイスキャンデー+おもちゃやハンカチなどの
景品がもらえるという、大盤振る舞いのコーナーでした♡
今頃はホテルでグッタリのはずです。。
c0202463_22562998.jpg

c0202463_22572619.jpg



◆区長・仮設自治会長・消防団・グリーンコープ・熊本学園大・きょういく環境プロデュースと、
実行委員の各代表に自己紹介を兼ねたご挨拶をにお願いしました。
c0202463_22555502.jpg





◆宮城ナンバーのカラフルな軽トラックには絵本が山積み。
そう、移動図書館なのです!
ここで読むのも勿論のこと、気に入った一冊をプレゼント!
写真向こう側にも読書好きの子たちが♡
c0202463_22575424.jpg





◆本を読んだりお絵描きしたり、移動図書館横にはこんな素敵なスペースもご用意されてました♡
c0202463_23000921.jpg




◆石巻の被災企業の社長からご紹介頂いたご縁のグリーンコープさんは、
カレー・かき氷・綿菓子・すいか割り・
スーパーボールすくい・ストラックアウト・輪投げと、
本当に大活躍をして頂きました。

東北でも支援活動を継続中で、同時に熊本や、
九州北部豪雨災害の被災者支援も進行中なのですが、
慌ただしい中、快く20数名のボランティアさん達が対応して下さいました。

ちびっこが主役の夏祭りですから、勿論カレーは優しい辛さ。
かき氷の蜜も合成着色料や保存料ナシ。
カレーの食材表示もしっかりと、すべてが安心できる内容でした。
c0202463_00210704.jpg

◆グリーンコープさんの「遊びコーナー」は熊本学園大生さん3名が担当してくれました。
他の仮設でも子供支援を行っており、ちびっこたちとの触れ合い方は慣れたもので、
彼らの今後の活躍にも期待弾む思いでした。
c0202463_22585295.jpg



◆輪投げコーナーの写真は子供たちの笑顔バッチリだったので、
この看板写真でご容赦下さいね♡
c0202463_22595215.jpg



◆さあ!グリーンコープさんの催す「スイカ割り大会」前半です。
前半はちびっこ限定なのですがアッという間に参加希望者の列が!

益城はスイカ生産地としても名高く、実行委員にもスイカ生産農家が数件いらっしゃいます。
なので、叩き、割るイメージの強いこのコーナーには実は賛否両論有ったのですが、
さすがグリーンコープさん、心配無用でした!

当たってもスイカがちゃんと食べ物として食べきる配慮がなされているんです。
音は大きいけどスイカへのダメージ少ないように竹の棒が使われ、
スイカの下にはクッション材が敷かれていました~!!
そして目隠しした子が転んでも大丈夫なんだねー

竹の棒が当たったスイカは食べやすくカットされ、来場者に振る舞われます。
なーるほどな~、、、
これまた素敵な配慮に関心しきり。またまた学ばせて頂きました。
c0202463_23011810.jpg



◆目隠しで顔が隠れるから、このコーナーは正面から撮っても良かったかな・・
次回はその正面から写そうっと! ん? 次回??
c0202463_23015857.jpg




◆スイカ割り後半はおっきい子も大人も参加可能!
空も黄昏れ出した頃、この一振りは当たったのでしょうかハテサテ内緒でーす(^^)
c0202463_23023383.jpg



◆そして見習うべきはグリーンコープさんの大量機材の撤収とその後の振り返り。
これこそがグループワークの大切な共有で要だと、私も初心に返る光景でした。
c0202463_23030185.jpg



◆そして打上げ会場は区長さん宅のお庭です。
写真は失念したのですが、今回田原地区の方々にはフランクフルトで出店もして頂きました。
当初は焼きそばや焼肉などのお申し出を頂いていたのですが、
余りにも負担をかけ過ぎては申し訳なくてフランクフルトになったのですが、
「打ち上げで懇親会を」と地区の方々と催して下さいました。

仮設の方もボランティアも、なんだかすっごく美味しい和牛でもてなして頂きましたが、
私は明日の片付けとブログ報告のために一足お先に失礼しました。

本当に、最後の最後まで、感謝尽きない思いです。

そ・し・て・・
このブログ投稿したら、
数日の睡眠不足解消に務めまーす!
c0202463_23031630.jpg

c0202463_23033604.jpg
※お子さんに関しては、なるべくお顔の見えにくい写真を意図して使用しています。





[PR]

by startnagata | 2017-08-20 01:36 | Comments(0)
2017年 08月 09日

佐用に学ぶ

兵庫県の佐用町という町で豪雨水害が起き今日で8年。
今も2名の方が不明のまま、長くて短いような時間が過ぎた。

1名は小学生の男の子で家族と避難の最中だった。
1名は車を運転し豪雨の中帰路につく30代女性だった。

豪雨水害時の避難の在りようが、問い直された水害現場だった。

今では夜間などは濁流の中、むやみに屋外への避難を避け、
建物の上へと垂直避難が叫ばれるようになったし、
復興の応援にと支援活動や観光促進にもボラバスが盛んになった。

そしてこのブログを開始するきっかけにもなった。

災害支援開始から22年。
ブログ開始から8年。

犠牲者への鎮魂を祈り、行動いたします。





◆写真は水害発生から3ヶ月の佐用町。当時の携帯で撮影。

c0202463_20211643.jpg
c0202463_20212789.jpg



[PR]

by startnagata | 2017-08-09 20:30 | Comments(0)
2017年 08月 02日

あす8月3日NHKの「あさイチ」に電話出演です

タオルを泥取りに有効に使う方法に付いて、
NHK朝の人気情報番組「あさイチ」で取り上げて頂きます。

c0202463_17245331.jpg
電話でひとこと出演するかも知れませんが、
NHK総合テレビで、朝8時15分から9 時54分まで生放送あさイチ」をご覧ください。

[PR]

by startnagata | 2017-08-02 17:16 | Comments(0)
2017年 08月 01日

被災地域や避難所を周り、今夜の締めは朝倉市の支援者会議です。

今日は受け取りたかったブツが間に合わず、
急遽予定変更!

炎天下の被災地で、
京都や熊本ナンバーのバッカー車が、
頼もしく働いていました。
撮影の快諾を頂きパチリ!
c0202463_23160222.jpg


被災地を周った後に、
熊本でも頑張っていた仲間の陣中見舞い兼ね、
避難所で物資配布と、
避難された女性達と茶飲話。

今日のお抹茶は福岡産ならぬ京都産。
「避難所でお抹茶飲めるとは思わなかった〜!」
みなさんの笑顔に私もつられます(^-^)
c0202463_23145247.jpg


外には自衛隊風呂。
私にとっては見慣れた光景なのですが、
胸中は複雑な思いです。
それにしても暑い中ご苦労さまです。
c0202463_23151300.jpg


夜は朝倉市の各所で活動する団体の連絡会議。
福岡県・朝倉市の各担当者は出席ながら、
災害ボラセン運営者の、朝倉市社協さんが
参加されてらっしゃらないのが、疑問中の疑問でした。
c0202463_23153805.jpg


今夜もお風呂には間に合わず、
高速料金やガソリン費用を節約に、
ばっちいままの車中泊です。。。




[PR]

by startnagata | 2017-08-01 23:14 | Comments(0)