★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 18日

甲府市災害ボランティアセンター「雪かきボランティアを募集」開始

甲府市災害ボランティアセンターが「雪かきボランティア」を募集開始しました。

よく役所に問い合わせがあり誤解や混乱が生じるようですが、
この場合は「甲府市社会福祉協議会」がボラセンを設置運営しています。

ボラセンへの連絡先は以下のサイトに記載されています。
http://volunteerinfo.jp/info/6302


各自の装備品や飲食物は勿論、現段階での
雪かき用具も各自持参して下さいとのことです。
現地ではまだ入手困難な時期だろうと推測します。

上記ボランティアセンターに問い合わせ確認の上、
くれぐれもお気を付けて活動なさって下さい。

身支度に関して大まかながらお役に立てればと、
(恥ずかしながら)書き出してみました。
見難いかと思いますがご容赦下さい。
※イラスト説明に「運手」とありますが「軍手」の誤りです。
c0202463_00203442.jpg
上記は作業時の身支度です。
なのでこの他にも着替・飲食物・携帯充電器・保険証などを持参して下さい。

ガムテープ・タオル・レジ袋・45リットルポリ袋・新聞紙なども有れば便利です。
その他にも参加者の経験に応じたご装備を。

さらなる寒波到来も予想されますし、
車移動での困窮を極めた豪雪被災地ですから、
現地へは公共交通機関の利用をお勧めします。

尚もって車で向かわれるという方は、
スタッドレスタイヤは標準装備で、
別にチェーンなども必須かと思われます。





[PR]

by startnagata | 2014-02-18 00:44 | Comments(0)
2014年 02月 17日

大雪対策 更新しました

◆雪かき
・除雪作業は1人で行わない。

・溶け出す時を考慮し、下水などの排水口を確保する。

・屋根に登って作業する場合は安全ベルトやロープで命綱を。

・出入口から外部への道を優先確保。

・エアコン暖房を利用してる際は室外機周辺も除雪。

・他にも給湯設備機器の周辺を除雪。

・雪かきは個別ではなく近隣と同時に行ったほうが効率的です。

 ※排水口や雪の置き場などを近隣と相談し揃える。


◆車の中
・車から離れる際は必ず鍵を挿したままにする。

・駐停車の際は車道の中心を避け左に寄せる。
 ※今回の大雪でも上記が守られず除雪作業の妨げになってます。

・周辺に民家が見うけられれば躊躇せずに助けを求め避難させてもらう。
 ※地域によっては自治会館などを避難所に開放しています。

・体温が下がらないよう首・手首・足首などを、
タオル・新聞・雑誌・レジ袋・車のシートカバーなどを巻き保護する。

・靴や靴下が濡れている際は濡れたものは脱ぎ、新聞やティッシュ等の
紙でくるみ、レジ袋やビニール袋などでかぶせ、絆創膏でも有ればテーピングする。
 ※お菓子のアルミコーティング袋も断熱と防水に優れています。

・使い終えたカイロも靴の中に敷けば断熱効果が得られます。

・今からでも間に合うなら毛布・タオル・木切れガムテープ等を積んでおく。
 ※暖を取る事とスタック脱出などに役立ちます。

・深い雪の中でのアイドリングは、排気ガスが逆流しないよう
マフラー周辺を除雪し重々注意を払って下さい。


◆建物
・柱の少ない建物は雪の重みで倒壊リスクが高いので下には入らない。
 ※車庫・納屋・物置き・体育館・軒下・ビニールハウス等

・屋内でもなるべく柱の多い部屋や場所で過ごす。

・雪は溶け始めると嵩は減ったようでも重量増すことも。

・また溶け始めた雪は滑ったりと動きます。

・軒下などへの落雪や雪崩れてくる雪にも注意を。


◆水と食料
・ヤカン・鍋・ポット等に飲料用水を貯めておく。

・汲み置く容器が無い場合は、きれいにしたバケツやダンボールにポリ袋を入れ、
そこに水を入れホコリが入らぬように軽く結わえる。

・カセットコンロやボンベが有ればいつでも使えるように用意を。

・調理可能な際に、おにぎり・味付けおかゆ・具沢山汁物などの作り置きを。
 ※汁物に片栗粉などでトロミを付けておくと少量でも体が温まりやすい。

・作り置きを小分けにしておけば最小限の加熱で済む。

・缶切りが必要な缶詰は確認しセットにしておく。


◆あると便利な物
・毛布・バスタオル・タオル・ダンボール・新聞紙・ポリ袋(ゴミ用の大小)
・レジ袋・ラップ・カセットコンロ(ボンベ)・ホイッスル・ろうそく・
懐中電灯・乾電池・作業手袋・ガムテープ

上記に記した内容が余計なことで済むよう、心から願っています。









[PR]

by startnagata | 2014-02-17 15:00 | Comments(0)
2014年 02月 16日

大雪災害で少しでもできる事

バレンタイン寒波の影響で今もって大雪の中、
苦難を過ごされてる方々がいらっしゃいます。

何か出来ることはと思い悩み、
つまらない事かも知れませんが、
お一人にでも役に立つならと記します。

◆万が一車中にいらっしゃる方で周辺に民家が見うけられれば、
まずは躊躇せずに助けを求め避難させてもらいましょう。

◆体温がなるべく下がらないように。
首・手首・足首などを、布・紙・ビニール等で保護する。
タオル・新聞・雑誌・レジ袋・車のシートカバーなどを巻く。

◆靴や靴下が濡れている場合。
濡れたものは脱ぎ、新聞やティッシュ等の紙でくるみ
レジ袋やビニール袋などでかぶせる。
絆創膏でも有ればテーピングする。
※お菓子のアルミコーティング袋も断熱と防水に優れています。

◆使い終えたカイロも靴の中に敷けば断熱効果が得られます。

◆深い雪の中でのアイドリングは、
排気ガスが逆流しないよう重々注意を払って下さい。






[PR]

by startnagata | 2014-02-16 23:12 | Comments(0)
2014年 02月 13日

雪で混乱の石巻

2月8日から石巻でも降り続いた大雪。
各地でも混乱が生じ皆さんも大変な思いをされたことかと。
意外な事に東北とは言え太平洋側はそんなに降雪量は多くありません。
冬は長く気温はかなり低いのですが、全てが凍るといった感じです。

大雪の2日ほど前に気仙沼の凍結路で転び、
立ち居振る舞いにも激痛が走る状態だったので、
降り積もる雪を只々眺めるばかりでした。

c0202463_02434805.jpg


9日の午前、ご近所では雪かきの姿がちらほらと。
住宅も住民も激減したこのエリアはまるで陸の孤島。
自分ちの駐車場と玄関周りの除雪で数時間もかかり、
広がり続く空き地に面した道路の雪かきなんて、
とても残っている住民数では手が回らない。

全国各地から復興工事に様々な重機が集まっているはずなのにと、
こんな時に身動きも取れない自分が恨めしく、
なんとも歯痒い被災地の現状に思い巡らせ外を見ると、
雪原と化した我が駐車場に人の姿が。
ご自宅を修復し仮設から最近この町に戻ってきたご近所さんが、
なんと雪に埋もれた様子を見兼ねて雪かきに来て下さった!

ひぇーっ!!そんなそんな!
腰痛で外出なんてあてもないし、
そちらが腰痛になっては申し訳ないし、
とんでも無い事!放置しましょう!!ね、ね!!

焦る私を尻目に「屋根の雪が落ちそうだから中入ってなさい」と。
c0202463_02442048.jpg


うちの(?)雪原は深い所で60㎝以上。
長靴の中に雪がドサドサ入る深さ。
窓からただ眺めるなんてとても出来ず、
何度も近付いては「入ってなさい」の繰り返し。
1時間ほど経ちご覧のとおり!
c0202463_02445586.jpg




  
何度も何度も拙いお礼を繰り返し見送って暫くあとに、
またも登場されたご近所さん?!
c0202463_02451643.jpg



今度は私の通り道を作って下さった。
これまた何度も辞退申し上げたのだが「避難所では世話になった」と。
もう泣けてきそうになるのを堪えるのが精一杯。

夜にはこの雪が凍り固まるので、
雪が柔らかい内に掘っておかねばならぬ事、
翌朝になって思い知った。

足腰に激痛が伴う体では、この道がなかったら
とても翌朝の神戸戻りは叶わなかったと心から感謝。
c0202463_02473128.jpg


後々の苦労がなければ本当に素敵な光景だったのですが。。。
c0202463_02475226.jpg

c0202463_02480850.jpg



















翌朝は空が白み始める頃に神戸へ出発。
前日からタクシー予約するも「この雪じゃ予約は無理」と断られ、
厚かましくも隣家のご主人に早朝から石巻駅まで送って頂きました。

「さすがに東北だもの市の中心部は除雪されてるだろう」
なんて考えは甘かった!
湊地区~商店街~市役所通り~JR石巻駅と、
どこもかしこも除雪なんて全くされておらず、
車や人に踏み締められた雪は、デコボコでガチンゴチンに凍りツルンツルン。
c0202463_02484454.jpg


すれ違うことも不可能なこの幅で凍結した道(?)を、
電車通学の高校生や通勤の市民が恐る恐る通っていました。
c0202463_02485878.jpg


駅構内に続くスロープの手すりにはツララのカーテン。
これって車イスの方やお年寄りを気遣う目的のスロープですよね?
専用道具無くてもチョットした物で落とせる程度のツララですけど!
って駅員さんにクレーム付ける余裕の無かった我が身が一番腹立たしい!!!
c0202463_02491182.jpg

みなさんのお陰で何とか無事神戸に辿りつけましたが、
FBなどでその後3日ほどもこの状態で放置されてると知り驚愕。
そして明らかに隣接の女川町や東松島市の除雪状況と
大差ある事も知りました!

個人の努力で乗り越えられない問題ですよね。
天気予報でもあれだけ声高に取り上げられていたのに、
被災地としての危機管理能力、やっぱりおかしい!
c0202463_02482526.jpg














[PR]

by startnagata | 2014-02-13 05:01 | Comments(0)
2014年 02月 03日

午前中は手芸教室 午後は料理教室

今日は午前と午後で2つのプログラム。
だけど見事にどちらも女性ばかりの日。
節分じゃなくひな祭りのような。。。


午前、手芸の参加者は毛糸選びの前に箱選び。

さあ、今日はどの箱を開けてみっかなあ♪
出てきた毛糸や同封のお手紙にワクワク・ドキドキ
「すてきな色だねえ」
「こっちも肌触りがいいっちゃ!」

それぞれ好みの糸で盛り上がります。
編み始めてもお喋りは止みません。
「ここに来た時だけは1週間分笑い溜めすんだよね~!」
「んだよー」
「あっらー!先週もそんなごと言ってたよ~」
お腹抱えて笑いながらも教え合いっこ。

今日は可愛いお花がたくさん生まれて行きました。

c0202463_21102882.jpg
c0202463_21104420.jpg
c0202463_21105500.jpg
c0202463_21110838.jpg

午後は節分の関西風恵方巻き作り。
三つ葉・焼穴子・高野豆腐・椎茸・だし巻きを入れた巻き寿司。
地方ごとに、家庭ごとに、やっぱりちがうんだねーと、
こちらも盛り上がり過ぎて出来上がりはかなりの時間に。

石巻の穴子は贅沢なほど立派な白焼きに仕上がり、
本当にそれはそれで美味しく仕上がったのですが、
私の知る巻き寿司の「焼穴子」とはかなり違う出来上がりに。

なのでここは妥協せず!
今度は明石から取り寄せリベンジの予定です。。。
c0202463_21191724.jpg
c0202463_21201346.jpg
c0202463_21203762.jpg

















[PR]

by startnagata | 2014-02-03 21:34 | Comments(0)