★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 31日

石巻の春さがし… 成功!

1月は光陰矢の如く、気付けば明日から2月 (一_一;)

しばし現実逃避をと、十八番の牧山散策に。

あった! みつけたたたあ~!! ~\(^O^)/~

恒例の春探しは「フキノトウ」

この嬉しさったら何なんでしょー
興奮しつつ自分でも首ひねるばかり。

で、あんまり可愛いから水に浮かべて眺めてます^_^



◆最初に見つけたのは未だ小さすぎて残してきました。
c0202463_20423691.jpg


c0202463_20421903.jpg


◆足もとには苔と雪とがまばらに。
とってもきれいだったのに、もっとアップで丁寧に撮ればよかった(T^T)
階段上の同行者は逆光で上半身とんじゃってます(*.*)
c0202463_20431626.jpg


c0202463_20425687.jpg
※今回は気分転換に「絵文字」多用バージョンでした(^^)v
暫く本バージョンはございませんのでご安心を m(__)m


[PR]

by startnagata | 2014-01-31 20:55 | Comments(0)
2014年 01月 29日

心もあたたまる毛糸のお礼

 
昨年11月から毛糸集めを始め、
本ブログをお読み下さった方々や
ラジオや新聞で募集を知った方々が
色とりどりの毛糸を送って下さいました。
それは昨日も届けられました。

そんな皆様の暖かなお気持ちと毛糸に励まされながら、
手芸教室に参加されてる石巻の方々と一緒に、
せめてお礼状をと年末から取り組んでますが、
中々判読しにくい伝票が多く、
これまで7通ほど戻ってきました。

荷物に貼られている「お届け先控え」は複写で
意外とかすれていたり、
一枚目裏のカーボンがこすれ滲んでいたり、
郵パックに関しては何種類かの伝票様式があるようで、
たった一枚が全面シッカリと貼り付き、
はがそうとして破れたりと。

また、何か間違ってか「お届け先控え」が存在しないケースも。

匿名の方もいらっしゃいますし、
優しいお気遣いのお便りやお菓子が同封されていたり、
活動の足しにと現金が同封されていて驚くやら有り難いやら。

本当にどなたにも欠くこと無く、
せめてハガキででもお礼をお伝えしたいのが
手芸参加者や私共の願うところなのですが、
お手元に届かなかった方がせめてこのブログを
お読み下さっていたらと、
こちらにもクドクドと書き連ねました。

失礼重ねてしまっている方々には、
心から感謝とお詫びを申し上げます。

c0202463_21213506.jpg











[PR]

by startnagata | 2014-01-29 21:24 | Comments(0)
2014年 01月 24日

石巻で深呼吸

神戸での怒涛の日々が過ぎ、その疲労を抱えたまま石巻に着地。

さっき、仮設から自宅再建し従前地区に戻られたご近所さんから電話あり、
「どした?鼻声だな。オレも風邪ひかれねえ時期だけど、弁当さ持ってぐが?」と。

大丈夫だよ食べる物あるからと伝えても全く聞き流されて
「んじゃ焼肉弁当さ玄関に下げとくか?」とお弁当の種類まで限定する始末。

もっと消化に良い物あるだろうに・・・

この荒削りな優しさが一番の体力回復剤です。


思えばどの被災地でも今に続く友人たちを得た。
かつて私の支援対象だった被災者や、
共に支援活動に従事した彼らは、今では大切な宝。

ありがてえこってす♡。



◆写真は昨日お邪魔したセミナーでたまたま購入した靴下人形。
東松島市の「小野駅前応急仮設住宅」生まれの復興商品で「おのくん」。
この存在感、このキュートさ、かなり気に入ってます!
c0202463_12303699.jpg









[PR]

by startnagata | 2014-01-24 12:36 | Comments(0)
2014年 01月 19日

19年が経つ1.17を過ごす

 
眠りに落ちて1時間後の午前4時に目が覚めた。
5:00に今日最初の待ち合わせ。
5:30に2つ目の待ち合わせ場所、
神戸市長田区の復興住宅集会所での法要に参列させていただいた。

19年前の阪神淡路大震災でご家族を亡くされた方々が、
私達を暖かく迎えて下さった。

その方が仮設住宅にお住まいだった当時に、
ボランティアとして訪問していたので面識はあったが、
何せ古い昔のこと、焼香を済ませ会話が進むにつれ、
徐々に断片を思い出して下さったのが嬉しかった。

当時12歳だったお嬢ちゃんは7月に第一子をご出産の予定。
あの日亡くされたお母さんやおばあちゃんもきっと喜んでくれている。

同じ仮設仲間だった参列者も今では親類のような付き合いで、
皆さんにお気遣い頂き、毎年心がざわつく1.17の5:46を、
心穏やかに過ごすことが出来て本当に感謝している。

◆写真右が今回のご縁をつないで下さったABC放送アナウンサーの堀江政生さん。
取材のご縁で19年間こちらの住民さんと家族ぐるみのお付き合い。
堀江さんの私的な参列にご理解頂き、快く同行させて頂きました。
左はNHKの山田和朋アナウンサー。
私の友人として、やはりプライベートで参列させて頂きました。

c0202463_00534668.jpg
7:00 3つ目の待ち合わせ
神戸市役所隣の追悼行事会場で石巻の仮設の方と待ち合わせ。
この予定は急なものでしたが、追悼行事会場で合流することに。

昨年まではこの会場で5:46を迎えることが多かったのですが、
今年は夜が明けて訪れたので、いつもより、わずかながらも
心の重さが違ったような気がしました。

震災犠牲者にあわせた7千本近い竹灯篭も朝日を受け、
これまでと違った表情でした。


◆犠牲となった方々の銘板が並ぶ地下を、ガラス越しの天井部分を地上側から見た様子。
そこには水が張られ私達参列者によって白菊が手向けられていきます。
c0202463_01041664.jpg


 
◆その透明な天井部を地下から見るとこんな様子です。
この日はたくさんの報道陣ですし詰め状態でしたので、
人が写り込まないよう撮るのはとても難しいことでした。
c0202463_01035989.jpg

※普段の地下の様子を参考までに。
壁面に犠牲となられた方々の銘板が並び、
天井部の四角い空間が透明なガラス面で、
ここに水が張られ白菊が浮かべられていきます。
c0202463_01323704.jpg



◆希望の灯
普段は灯を2重に囲んでいる透明な覆いが一つ外されます。
写真の方は遠方からお越しの方なのか、大きなリュックを地面に置き、
灯に添えられた言葉を熱心に書き写されていらっしゃいました。
その向こうには竹灯篭の会場が広がり、コーヒー企業などの炊き出しや、
暖を取れる休憩テントなどが配されています。
c0202463_01044273.jpg
※希望の灯の普段の様子
c0202463_01453869.jpg
◆4つ目の待ち合わせ
10:00 神戸市中央区から70キロ移動し、網干マリア幼稚園にお邪魔しました。
園児・ご父兄・先生方に、東北や神戸での出来事を伝える、
防災講座にお招き頂きました。
園児の集中力を理解することが課題かと思っていましたが、
時に子供らしく騒ぎ笑い、そして熱心に写真スライドや私の話に
聞き入ってくれて、ちょっと感激してしまいました。

その後はご父兄の方々と家庭内で工夫できる防災に付いてのお話。
ダイニングテーブル下の活用や、子供たちへのホイッスル携帯など、
座談会形式で私にとっても児童防災という貴重なお時間を授かりました。
c0202463_01492055.jpg

◆15:00 5つ目の待ち合わせは神戸市長田区。
東京からお越しの「東京ハッピーズ」の皆さんとは6年越しのお付き合い。
1.17の追悼行事会場の設営ボランティアやって来る心優しく頼もしい仲間達。
 
写真は日暮れて17:46黙祷後の長田区の追悼行事会場です。
c0202463_02045126.jpg


c0202463_02052593.jpg



◆16:00 6つ目の待ち合わせ
取材で来神中の某新聞記者とプライベートな待ち合わせ。
私の私的用事での車移動時間を利用して、1時間ほどのドライブ。

◆17:30 7つ目の待ち合わせ。
昨年には石巻で熱心にボランティアをして下さった、
関大の松井教授とそのゼミ生と待ち合わせ。
長田での追悼行事会場をご案内し、「東京ハッピーズ」と合流し、
大勢で楽しく夕食を御馳走になったり、文字通りに温かいひと時でした。

◆もう時間の記憶も定かではありませんが、今日最後の待ち合わせ。
「東京ハッピーズ」の皆さんと神戸でのフィールドワーク。
このツアーには初めての方もいらっしゃるので、
活動済ませ、夜の神戸で震災モニュメントの数カ所を巡り、
当時の様子をお伝えします。

時間を遡り、被災した私の記憶を駆け巡りますが、
これが私にとっても少々きつい作業。
しかし伝えることが防災や減災への大切な第一歩だと確信してますので、
耳を傾けてもらえる尊い経験とも感謝しています。

※飽きず懲りず、長年お付き合いをしてくれている「東京ハッピーズ」の面々と、
神戸の夜景を背に今宵最後の撮影。
c0202463_02055160.jpg

日付けをまたいでプレハブの神戸事務所に立ち寄り、深夜に帰宅。

明日18日は震災直後にご縁のあった、夭折の女性画家のお母様に出会える機会。

19日からは石巻から神戸へのスタディツアーのアテンド。
21日早朝にはその方々と石巻に戻り、これからも大切な日々が待ち構えています。

この1月17日を通じ、各所で偶然が必然か出会えた他の方々も、
手を取り涙し、笑顔向けて下さって、本当にありがとうございました。

そして掲載新聞をご覧になったり、テレビ放送後ご覧下さったと
メールやメッセージをお寄せ下さったみなさんに、
未だ返信もできず失礼していますが、お一人ずつと丁寧にご連絡できますよう、
失礼ながら今しばらくお時間を下さいね。









[PR]

by startnagata | 2014-01-19 04:10 | Comments(0)
2014年 01月 11日

半年ぶりの佐用町訪問

佐用町の水害支援から約4年半のご縁。
限られた時間ながら沢山の会いたい方々がいる町。

景観保護地区の佐用町 平福は古い宿場町
派手な観光地ではないが、そぼ降る雨もしっとりと、
情感漂う町並みが素敵です。

川端の美しい家並みや朝霧の美しさはネットに山盛り。
安っぽい名物づくりに余計な費用と時間割くよりも、
このままで在るよう保護に努めて欲しい。

佐用町内でもこの地区の河川改修工事は、
地区の景観に沿わせて、黒い石垣造りで工夫が見られた。


c0202463_01140196.jpg


◆平福の宿場街
c0202463_01144976.jpg



◆ここ兵庫県佐用郡平福にはかつて利神城があり、
瀬戸内海側と日本海側とを結ぶ、
賑やかな要所でもありました。
c0202463_01160139.jpg



◆手入れ行き届き、凛とした素敵な佇まいです。
c0202463_01164737.jpg



◆この道を行けば利神城跡へと続きますが、
佐用川の改修工事で橋は渡れません。
c0202463_01172409.jpg



◆平福駅のそばに工事内容が掲示されています。
c0202463_01180930.jpg



◆町並みに沿った川の堤。中々素敵です。
c0202463_01191106.jpg



◆蛍が舞い、魚が泳ぎ、大山椒魚も暮らす佐用川。
生態系に障り無いことを切に願っています。
c0202463_01275690.jpg


◆先の水害時の調査で、平福で最も古いこの民家は
140数年前の作州造りのお宅と判明。
かつては旅籠でしたが現在は食料品店。
そこへ偶然買い物にいらした写真のお客様は平福のお醤油屋さん。
なんとチーム神戸とも親しい石巻湊の被災者の方のご友人でした。
写真の方は4年半前に豪雨水害で被災され、
石巻のご友人は津波で被災され、
お互いとても心配し合われたようです。
ここは少し驚かせましょうと、
私の携帯で石巻のご友人に電話をかけて差し上げました。
この後、届けて欲しいと手作りのお醤油を託されました。
c0202463_01293147.jpg








[PR]

by startnagata | 2014-01-11 02:04 | Comments(0)
2014年 01月 07日

テレビ・ラジオ出演のお知らせ

それぞれに思い入れ深い番組さんたちです。
東北の今に思い寄せるラジオ番組に、
震災特番のゴールデンタイムにアンコール放送されるテレビ番組。

よろしかったらご覧ください。


◆1月4・5日(土・日)
ケーブルテレビ「eo光ニュースK特別番組」
http://eonet.jp/eohikari-ch/newsk-sp/


◆1月10日(金) 21:00
NHK Eテレ
「バリバラ」震災サバイバル・前編(アンコール)
http://www.nhk.or.jp/baribara/schedule/


◆1月11日(土) 14:00~
NHKラジオ
「かんさい土曜ほっとタイム」
http://www.nhk.or.jp/kansaihot/


◆1月15日(水) 13:40~
ラジオ関西
「谷五郎のこころにきくラジオ」
http://www.nhk.or.jp/kansaihot/


◆1月17日(金) 20:00~
ABCラジオ
「堀江政生のほりナビ!!」
http://abc1008.com/horinavi/

◆1月17日(金) 21:00
NHK Eテレ
「バリバラ」震災サバイバル・後編(アンコール)
http://www.nhk.or.jp/baribara/schedule/


c0202463_14112060.jpg

[PR]

by startnagata | 2014-01-07 14:11 | Comments(0)
2014年 01月 05日

本年もよろしくお願いします

c0202463_22533498.jpg


「おめでとうございます」という言葉が、
未だ素直に言えない環境で支援活動を行っていますが、
昨年3月に三回忌を過ぎたこともあってか、
年末、石巻のホームセンターやスーパーの入り口などでは、
冬の長い土地らしい、華やかな正月飾りが多種多様に並び、
次から次へと売れていました。

私の地元神戸に比べてとても華やかで賑々しい物ばかりで、
2011年の年末以降、これほど大量に売られているのは
初めて目にしましたが、地元の方々に聞くと震災以前の
様子に戻ったそうです。
[PR]

by startnagata | 2014-01-05 23:18 | Comments(0)