★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

<   2013年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 27日

神戸での悲しみ

友人のご長女が12月に逝去されていた。

今度神戸に戻ったら久し振りに会おうと、今月初旬に人生の大先輩から
電話をもらっていた。

そして一昨日。
訪問した人生先輩宅の、趣味の良いインテリアを温かな日差しの中で眺めて
いたら、眼に飛び込んできた紙に「享年三十八歳」と書いてあった。
そしてその横には人生先輩の大切な大切な、ご長女の名が記されていた。

その意味が中々飲み込めず戸惑っていると、ちょうど階下から人生先輩が
やって来て、目が合った途端にその崩れていく表情から何となく少しずつ、
私の思考がその意味を理解し始めた。

と同時に私の足もとから徐々に力が抜け始め、思考のパズルが床に撒き
散らしたように混乱し始めた。

障がいをもつご長女とは会話こそ叶わなかったが、会えばたいてい笑顔で、
時には不安な表情で、その折々の心を伝えてくれたし、言語を用いずに、
周囲の心を癒し和ませる達人かと思うことも多々あった。

その愛おしい命が今は手の届かないところに旅立ってしまったのかと言葉を
なくし、只々涙が溢れるばかりだったが、その悲しみは私ごときの比ではない
人生先輩夫婦を前にして、これ以上泣いてはいけないという思いにも駆られた。

そして被災地と神戸を往復する私への心配りから、ご長女の訃報を告げる
機会を手探りしつつ電話をくれたことに気付き、その思いへの感謝と共に
また涙が溢れてきた。
自分の忙しさだけにかまけて、気付く事さえ出来なかった我が身の不甲斐無さに
腹立ちを抱きながら、情けなさにも涙を堪えられず悔しかった。

何事にもポジティブで迅速に行動力と責任感を持って軽やかに大事を成す、
人生の大先輩として尊敬してきた友人。

かつて人生先輩と話した事がある。
過去のどんな素晴らしい社会的な事業も大役も、娘さん達の存在のお陰で、
代わりに父親である人生先輩が成しているのかもしれないねと。

娘さん達のお陰で彼がこの社会に働き、変化を生み出し、その成果に多くの
障がいをもつ人達がくつろげる場所や時を得ている。
度々被災地支援に赴くのも娘の代わりだからと、彼は持病の薬を首に下げ
柔らかな笑顔をたたえ石巻に現れる。

ならば一番のお手柄はやっぱり娘さん達だね。

一昨日の人生先輩も繰り返していた。
「僕のやって来た事やっている事は、全て娘が僕をつかってやった事」と。

ご長女の最後のアルバムを見せてもらい、その後もゆっくりと時間を掛けて
人生先輩と色んな話をした。

何もできなかった私ながら、精一杯に命の糸を紡ぎ布を織った三十八歳の
彼女を誉めたたえ、そして何より安らかであれと心からお祈りしています。

そして人生先輩とはご長女の願いでもあろうその健康と、次回また宮城支援に
お越しの際は、春の花の下で被災者とともに楽しく過ごす約束をしてお宅を
あとにした。


 ありがとうね
  そしてまたいつかあおうね



  

  
c0202463_2361580.jpg

[PR]

by startnagata | 2013-02-27 02:37 | Comments(0)
2013年 02月 23日

★チーム神戸へのアクセス・コンタクト

チーム神戸:宮城県石巻市湊町2-8-17

地図 (Googleマップへジャンプします)

チーム神戸(すたあと長田)にメールする
















[PR]

by startnagata | 2013-02-23 18:18 | Comments(0)
2013年 02月 23日

バリバラR(ラジオ版)再放送のお知らせ

NHKラジオの担当者の方から詳細届きましたのでお知らせです。
http://www.nhk.or.jp/baribara/baribarar/archive/index.html


みんなの命をみんなで守りたい
障がい者に対する防災観点の高まりに期待して、是非お聞き下さい!


「バリバラR」の3月再放送は、


震災サバイバル前編 3月24日(日)8:00~8:30 と 19:00~19:30 NHKラジオ第二

震災サバイバル後編 3月31日(日)8:00~8:30 と 19:00~19:30 NHKラジオ第二
[PR]

by startnagata | 2013-02-23 11:26 | Comments(0)
2013年 02月 20日

お雛様を保育所へ寄贈

神戸の我が家から石巻へ運んだ雛段飾りと物資を、
先日「渡波保育所」へ寄贈しました。


児童たちはお昼寝タイムだったので先生方に手渡してきました。
被災後やっと出来上がった仮設保育所で迎える雛祭り。
きっと先生方のように子供たちも喜んでくれるでしょう。
c0202463_148325.jpg



子供たち手作りのお雛様もとっても可愛らしかった。
我が家よりも仲間が増えて、お嫁入りしたお雛様たちも嬉しいはず。。
c0202463_1482581.jpg



昨年は4組のお雛様を被災された施設などに差し上げましたが、
年齢に関係なく女性は歓声を上げるものですね。
本当に喜んでいただいて良かった良かった。。
[PR]

by startnagata | 2013-02-20 14:21 | Comments(0)
2013年 02月 15日

活動の様子1~2月

厳しい寒さの中、新事務所のメンテナンスや整理をしながら、
毎日が慌ただしく過ぎる石巻です。ふぅ。。

一部を写真でご紹介。



凍てついては溶け、溶けては凍てついて。
それを繰り返す大地は石ころが埋もれていきます。
新事務所は津波で氾濫した旧北上川と太平洋が迫る地域です。
そして今では空き地ばかりが広がる風景。
臨時交番設置のためや、3.11の追悼行事のために、
北風とともにこの街を駆け回ってます。
c0202463_14433744.jpg



そんな街の一角にチーム神戸の掲示板もお引越し。
住民さんと宮城県警の調整役として取り組む、
臨時交番設置のための報告や、
第一回目くるくる市のお知らせを掲示。
よりによってこの日の北風は凄まじくって、
掲示板は飛ばされるし、指先の感覚も奪われるし。
掲示板の右奥に写ってるのが新事務所です。
c0202463_14435856.jpg




くるくる市の開催日です。
ご近所の在宅被災者が、暮らしに間に合う物なにか有っかなあ~と
次々にご来所。
冬物衣類・肌着・家電・日用品などを手に取られ談笑。
コッチが似合うよ~、大っきいかなあ?と全員が店員さん状態。
あっらー、これこれ!トースターが欲しかったんだあと仰る方も。
仮設住宅では基本的な電化製品が全て支給されたけど、
在宅の被災者はけっこう我慢して暮らしてたんだなあと実感。
向こうに写るダンプたちは直ぐそばで進む解体工事の作業車両。
c0202463_1444202.jpg



片付け終え買い物に寄った商店のご主人も、ご近所から聞き知り
くるくる市の事をご存知で、「近所のお年寄りが楽しみにしてたよ」って。
「たまにやってくれっと年寄りの出掛け先になっから有難い」とも。
自治会も老人会も子ども会も休止状態だもんね。
うっかり許可得るのを忘れたのでアップ出来ませんが、
本当に楽しげな写真がたくさん撮れましたよ。
次回は食器かな・・・
c0202463_14443993.jpg



ここの冷えにはフカフカやモコモコの靴下では太刀打ち出来ません!
最近買った私の越冬用品はダウン入り室内履き。
1500円ほどがバーゲンで300円!!洗い替えもと3足を即買いです~
もう脱げません、、、
c0202463_15391744.jpg

[PR]

by startnagata | 2013-02-15 15:49 | Comments(0)
2013年 02月 12日

3.11追悼行事のお知らせ

今年も3月11日に湊小学校にて「石巻3.11市民追悼の会」を執り行います。

詳細内容は3月初旬に改めてお伝えいたしますが、
昨年同様に追悼と交流を目的に開催されます。



昨日の湊小学校
津波で大破した出入り口・窓・壁には板が打ち付けられ。

現在、子供たちは住吉中学校内で学んでいます。
来年には学校として再開予定ですが。


c0202463_375970.jpg

[PR]

by startnagata | 2013-02-12 03:10 | Comments(0)
2013年 02月 08日

市の支援物資配布案内が来た

つい先日ご町内からいつもの市報と共に1まいのA4紙が届きました。

「全国から東日本大震災により被災された市民の皆様に
支援として送られた衣類等の物資を、希望世帯へ配布いたします・・・」
と始まっている。

対象世帯は全壊、大規模半壊、半壊の罹災証明世帯で、
往復ハガキで応募し、返信ハガキによって入場券と扱うそうだ。

品目は冬物衣類・下着・マスク・おむつ等。

震災からかれこれ2年近く経つ。

行政が上記物資の受け入れ発表をしたとは聞いた事がない。
市井の人々は震災直後の物資を今配っていると言う。

厚意の物資を塩漬けにし今頃配っていると受け止めるか、
こっそり廃棄もせず、2年も経過するころになっても
正直に配っていると受け止めるか、
皆さんはどうお感じでしょうか。


実際に届いた用紙。
c0202463_0353973.jpg



今日コンビニで見掛けた手書きチラシ。
普段は無かったのでひょっとして?と確認してみたら、
上記案内への申し込み用に急遽取り扱い出したらしい。
やっぱり。
c0202463_0372364.jpg


因みに昨年11月に行われた市の物資配布時のエピソード。
冬物衣類希望者が袋を開けたら某球団の応援ハッピが入っていたそうだ。
[PR]

by startnagata | 2013-02-08 00:53 | Comments(0)
2013年 02月 08日

心込めた贈り物たち

昨年末から1月に届けられた支援物資のご紹介です。

兵庫県からお野菜が

東京都から電気ストーブが

埼玉県からミカンなどが

そして関西と神奈川県から手作りのティトリー軟膏が。

この軟膏は避難所の頃から、被災地支援を志す方々によって
手作りされ、今もで定期的に贈られてきます。

お子さんを持つ石巻のお母さん方に配られご好評を得ています。


皆様のご厚意、雪降る被災地に温かく広がっています。


c0202463_0932100.jpg

[PR]

by startnagata | 2013-02-08 00:15 | Comments(0)
2013年 02月 07日

うれしい 被災者からのアドバイス

昨日のブログご覧になった仮設にお住まいのサンタさんから、
優しいアドバイスを頂きました。

遠隔監視カメラで自宅(神戸)の猫ちゃん見れるよ!と。

気にかけて下さってる事が何より嬉しいですね。


せっかくの休日に、遅くまでチーム神戸事務所で、
窮地に陥ったPCのメンテナンスに付き合ってくれて、
引越しで壊れた古いテレビの相談にも乗ってくれて、
避難所の頃からたくさんの気遣いにお世話になりっぱなし。

ありがとう。。


さて!明日も石巻の未来のために、がんばって走りますか!!


c0202463_23553075.jpg

[PR]

by startnagata | 2013-02-07 23:56 | Comments(0)
2013年 02月 05日

個人的なことです

昨年の今頃はそのほとんどを石巻で滞在し、
現在は長期支援で半月ずつを神戸と石巻。

行き来と半月分の荷造り荷解きでかなりグッタリ。

それでも祖母の通夜葬儀には間に合った。

最近の気がかりは13歳になる飼い猫のこと。


長きに亘り友人が猫の世話にと自宅に通ってくれている。
そのお陰があってこそ安心して被災地に向かえる。

けど一日の殆どを独りで過ごす愛猫の年齢に、
もしもの時は、万が一の時はと、心が騒ぐ事もある。

ゲージ嫌いの、まして外が苦手な我が愛猫。
猫は家につくと言うが、慣れてくれるまで押さえ付けてでも、
共に長時間の往復をすべきなのか。

くだらないと思われるかもしれないが、
私にとっては大きな存在なので
本当に悩んでいる。


c0202463_2125979.jpg



c0202463_2131812.jpg



c0202463_2133118.jpg



c0202463_2135249.jpg



そんなこと考えながら毎晩YouTubeの猫動画で寝付く。。
[PR]

by startnagata | 2013-02-05 21:09 | Comments(0)