★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 31日

仮設に明るい看板が

仮設住宅入り口に明るい色を添えようと、
神戸からマイクロバスでやって来た『被災地メーデー』の皆さん。

先月の視察時に住民さん達と打ち合わせ、
奥まった集会所の看板と、入り口から集会所へ続く
道標も作って欲しいと頼まれ、お安いご用と承りました。

パレットを使った入り口看板の下地書きは神戸で用意され、
石巻では仮設の子供たちが色を塗ったりして仕上げ作業に。

結構大人も混じってましたが、どの表情も満面の笑顔で
童心にかえった様子。
本当に楽しそう。

傍らでは神戸のお年寄りたちが仮設の子供たちに作ったという、
ネックレスやブレスレットが広げられ、女の子達が嬉しそうに品定め。

そしてたこ焼きの炊き出し。

看板作りのついでだったはずのたこ焼きが住民さんたちにとても好評で、
焼いても焼いても追い付かず、並んだ列は中々減りません。

そこで思い付いたのがみんなでたこ焼き屋さん!

子供たちもおんちゃん達も、竹串渡すとたこ焼き作りにもう夢中。

ソース味のたこ焼きと、おだしを張り三つ葉を散らして食べる明石焼き。
(これ、本場明石や神戸ではとっても馴染み深い食べ物です)

ソース味の方のタネは小麦粉が中心で、焼き上がりは爪楊枝で食べますが、
明石焼きのタネは卵が殆どで、お箸で食べないと口に運べないほど、ふわっふわ。


ソース味と明石焼きとでは具材も違えば容器も違う。

石巻市民も食べ慣れてるソース味は杉で出来た懐かしい舟型の容器。
先月の視察時に住民さんのリクエストで実現した明石焼きは、
たっぷりのおだし(おつゆ)を掛けるので、深さのある容器。

それぞれを支度し分けるのは大変な作業と手間だったはず。

それでも住民さんたちに少しでも喜んでもらえたらと、『被災地メーデー』の
皆さんは前日も宿舎での支度に余念がなかったようです。


遠くからの支援に住民さんたちも、遅くまで片付けなどのお手伝いをして下さっ
たと、
途中で中座した私にメールでの報告がありました。

「共に動く」

神戸の経験を踏まえた団体さんらしい支援のあり方で、
お世話させてもらって本当に良かったと、とても好感を抱きました。



  気付けばほとんど住民さん
  老いも若きも皆でタコ焼き屋さんに大変身!
c0202463_15235315.jpg



  意外とちびっこ達がじょうず
c0202463_15241972.jpg



  初「明石焼き」も大好評
c0202463_15251019.jpg



  看板サイズが判りやすいようにご一緒した遠藤さんも入れてパチリ
c0202463_15255648.jpg



  看板の裏側には神戸で生まれた歌が
  右手で最後の仕上げをするのは春からこのプロジェクトに尽力する芝さん
c0202463_1536523.jpg

[PR]

by startnagata | 2012-07-31 15:33 | Comments(2)
2012年 07月 21日

駐車場に溢れる他府県ナンバー

石巻に戻る早朝、東北道の国見SAでは再会の連続でした。

最初に声を掛けて下さったのは、支援活動を行なっている石巻市民の方。
名古屋から石巻に戻る、高速バスの休憩タイムだったそうです。

次に出会ったのは神奈川から継続支援を展開するKSVNの方々。
湊地区でも大活躍の皆さんでしたが、その他の被災地でも活躍なさっています。


東北道から南へ北へ。
支援者の方々が被災各地へ分散します。

駐車場に溢れる車両は他府県ナンバーが勢揃いで
早朝のSAはボランティア銀座の様相で頼もしいばかり。


ガンバレ!東北
ガンバレ!支援者
[PR]

by startnagata | 2012-07-21 22:53 | Comments(0)
2012年 07月 12日

みんながんばっている

避難所で支援した相手と言うより、暮らしを共にした人々。
そんな人達が今はそれぞれの場所で頑張っている。

避難所解消時には間に合わなかった自宅再建。
いまだ額に汗しながら、自分の手で倒壊した
お宅を補修し続けている被災者。

移り暮らす仮設住宅で、自治会長として人々の暮らしを
支えようと、初めての経験続きに頭抱えながら走り
回っている被災者。

やっと手に入れた職種に馴染もうと、逃げたくなる
ような状況に立ち向かう被災者。

自分の苦しみを後に回し、共助団体を立ち上げ
事務所作りに奔走する被災者。



どの被災者も底知れぬ苦しみと向き合いながら、
絶えず笑顔で過ごそうとしている。
だからこそその笑顔が本物に近づけるよう、
支えられる事は何かと私たちは心を砕く。


彼らとの関わる月日が長引くほどに、
彼らの夢が私たちの夢になって行く。



※慣れぬ役割に戸惑いながらも、仮設自治会長として
 東奔西走し頑張っている遠藤裕明さん。
 頼もしいチーム神戸の一員でもあります。

 避難所時代も配食・物資管理・移送その他諸々と、
 とにかく避難所で一番動き回っていた方。

 「ますみさーん」や 「むじんさーん」の時は頭カキカキ困り顔で寄ってくる。
 「みどりちゃ~ん」の時はニコニコ笑顔で寄ってくる。。。

c0202463_13505523.jpg


c0202463_13372798.jpg

[PR]

by startnagata | 2012-07-12 13:51 | Comments(0)
2012年 07月 04日

仮設から12年の歳月

我が団地に今年もアジサイが咲いた。

昨年は石巻滞在で手入れが行き届かなく、
花数はいつもより少なく葉が茂り放題だ。

それでも散歩などで行き交う人に、
大切な季節の彩を添えてくれている。

このアジサイは12年前、神戸市内の仮設住宅から移植した。

当時私が関わっていた仮設の自治会住民さんから、

「復興住宅に移っては植える場所も無い。
  花と言えど生き物。
   仮設跡地と一緒に解体されるのは忍びない。
    どこかに植え替えて欲しい」

そう頼まれて引き取ったアジサイの小さな苗3株。
他にも住民の皆さんが植えていたたくさんの花々。
華人や茶人の友人を伴い、それぞれの庭や鉢に植え替えてもらった。
仮設住宅で5年、我が家に移植され12年のアジサイ。

今では土いじりどころか、日常生活もままならない体で復興住宅に暮らす彼女。

切ない望みを託した彼女とのお付き合いも17年になる。


c0202463_16594939.jpg


c0202463_17103.jpg

[PR]

by startnagata | 2012-07-04 17:03 | Comments(0)
2012年 07月 03日

支援者と受益者のお見合い

先日神戸からの新しい団体さんを、被災地と繋げました。

仮設住宅の支援を希望されていた「被災地メーデー」の代表者たち。
オーダーしていた蚊取り線香と生活アンケートを手に、
一軒一軒ていねいに戸別訪問。

今月は仮設住宅を再訪し、子供たちや住民さんたちと仮設住宅の看板作り。
1回目の打ち合わせで住民さん達からオーダーを受けた、
集会所の案内看板製作も楽しみですが、炊き出しも楽しみです。

私の余計な助言で、炊き出しの「たこ焼き」が「明石焼き」に変更。
困り顔をされてましたが、融通利かせるのが大好きな神戸っ子の事、
今頃は「明石焼き」の特訓積んでらっしゃるはず。。。
小さな子にもお年寄りにも優しい団体さんで一安心。

仮設暮らしに笑顔が増えることを願っています。

c0202463_3141075.jpg


c0202463_3175845.jpg

[PR]

by startnagata | 2012-07-03 18:12 | Comments(0)
2012年 07月 03日

えっちゃんの“街”

チーム神戸とつながり深いお知らせです。

阪神・淡路大震災をテーマにしたお芝居
「ワルルルル…」製作で出会った芝居人たち。

今回は下記の公演を東京で行います。
是非、お運び下さい。


わたらっぽんプロジェクトvol.3
 えっちゃんの“街”   
  ~牛タン、笹かま、七夕シャンソン~

日時:2012年7月
12日(木)19:00~
13日(金)15:00~
14日(土)15:00~

会場:SPACE雑遊
料金:全席自由・日時指定・前売り3000円当日3500円
http://www.zatsuyu.com/

※なお、会場ではチーム神戸の東北支援活動募金箱が設置されます。

c0202463_0211838.jpg

[PR]

by startnagata | 2012-07-03 00:22 | Comments(0)