★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 16日

1階は壊滅

12月16日 初雪


事務所として提供を受けている建物だが、
地震と津波で全壊となっている。

外見上では判りにくいが無傷な壁はなく、
1階の天井上まで何度も津波で泥水をかぶった。

窓や外壁も津波に打ち抜かれ、
半年以上も吹さらしになっていた。

度重ね手直しや修理を繰り返しているが、
先日来、壁から水が漏れている。

どこかの水道管が割れているのか、逆流しているのか。

ここは一時的な事務所だが、常にメンテナンスしつつ
暮らすとしたら、相当な不安と負担がかかるだろう。

この町にはそんな建物に暮らす被災者が山ほど居る。


 ※1階のスイッチボックスはどれも通電不可能で全滅。
c0202463_1648447.jpg


 
 ※元お風呂場で現在は物置。壁から水が染み出す。
c0202463_16492859.jpg


 
 ※サロン天井は津波で抜けたまま。
  垂れ下がっていた配線や断熱材に折れ曲がった金属類は取り除いた。
c0202463_1715975.jpg



 ※事務局側の廊下の壁。ここからの冷気がこたえる。
c0202463_1725737.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-12-16 17:52 | Comments(0)
2011年 12月 13日

進む

12月12日 晴れ


この数日間、日中の石巻はとても温かくて過ごしやすい。
チーム神戸事務所で言えば、お隣のお宅が解体され
眩しいくらいの陽射しが差し込むようになった。

東京ではJT本社に。
神奈川では厚木の日産自動車へ。
それぞれに、石巻の今後に付いて貢献して頂けそうな
お話が進んだ。


金曜土曜と、酒田北高校・スマイルエンジンの両団体に
地域の草刈りを行ってもらった。

解体が進む空き地には夏に生い茂った草が枯れ姿を晒すが、
せめて年越しを心地良くとの考えから皆さんに活動して頂いた。
枯れ草の根元からはたくさんのガレキやガラス片が。

事務所周辺での解体ラッシュが新しいまちづくりに繋がるとは
思いつつも、欠片全てがこの町の暮らしだったと思うと切ない。

この被災地の今を、そして未来を。
それぞれのボランタリズムで支えて行ければ、山積みの問題も
少しは好転するはず。

そのためにまずは行動を。
出来得る事を一つずつ。


 ※事務所の中から見える隣家の解体光景。
   こちらへの配慮からメッシュのシートが掛けられている。

c0202463_2221899.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-12-13 22:04 | Comments(0)
2011年 12月 09日

東京滞在

12月8日 東京 雨


東京・神奈川・東京と、3日間の所用を済ませもう少しで石巻に出発。

雨上がりの首都高でスカイツリーと東京タワーを間近に見比べると、
多少空気が澄んでいるせいか、どちらも普段よりくっきりと見えた。

神戸の繁華街や大阪も苦手な私は、東京が一番つらい。
それでも日本の中心都市ゆえか、何やらと足運ぶ機械も多い。

宿泊はいつも品川の妹宅。
向かいの小さな公園やすぐ側のベルタウンがお気に入りの場所。

街路樹の緑やビル群の割に人気の少ないところが気に入っている。

昨夜は懐かしい面々20人ほどにも会え楽しい時を過ごした。
どなたも忙しい時間を割いてくれ有難かった。

さあ、今度は石巻の懐かしい顔ぶれが待っている。

年末年始に向かいノンストップで1.17を迎える。


※ハンドル握るか荷物握るか、手の空きようがなく妹の仕事部屋を撮ってみました。

c0202463_1331948.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-12-09 01:38 | Comments(0)
2011年 12月 06日

あたたかい贈り物

12月3日 雨


先日、高齢のお母様が東北の被災者を思い帽子やマフラーを編んだが、
被災者に渡してはもらえないだろうかと、親孝行な息子さんから
一本の心地良い電話を頂いた。

チーム神戸で集めている支援物資ではなかったが、
その親子さんの思いを受け送って頂いた。

届いたのは大きな箱一杯に入った手編みの帽子とマフラー。
どれもきれいに編まれ、一つずつ丁寧にラッピングされていた。

それらの品を仮設住宅にお届けしてもう一つ嬉しい驚きが。

9月に湊小で配った新事務所への引越しチラシが、
仮設住宅の集会所入り口に貼られていた。

遠くの仮設からも、渡波保育所避難所出身の顔ぶれが聞きつけて
会いに出掛けてきてくれたりと、あいにくのお天気だったが心晴れ晴れの一日でした。


 ※本当に丁寧できれいに編まれたマフラーや帽子たち。
   付け心地も気持ちも暖かい。。。
c0202463_8582466.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-12-06 08:59 | Comments(0)
2011年 12月 06日

関係者連絡

久し振りに東京で皆さんにお会いできればと思います。
参加可能な「チーム神戸」・「すたあと長田」関係者は、
以下の日時・場所にご参集下さい。


日時:12月7日水曜19:00~26:00
場所:渋谷区幡ヶ谷のアコースティックライブバー
    36゜5(サンジューロクドゴブ)
http://365.seishun-p.com/main.html
[PR]

by startnagata | 2011-12-06 07:33 | Comments(0)
2011年 12月 02日

被災市街地復興推進地域内の復興事業説明会

11月24日 晴れ


今日は石巻市から住民への説明会。
名称は、「被災市街地復興推進地域内の復興事業説明会」
みなと荘の二階の老人娯楽室で、
湊一丁目と二丁目の住民を対象に行われた。

市から配られたり説明があったのは、それぞれの地区を
住居系ゾーン・産業系ゾーン・高盛土道路と分け、
移転先となる市街地及び災害公営住宅の
予定地を塗り分けた石巻の市街地図図面や、
区画整理、住宅地区改良事業、災害復興住宅融資、
等の説明文書が配布された。

国からは、国土交通省による旧北上川の改修事業整備に伴う、
堤防復旧のための測量予定地の図面が配布された。

   
チーム神戸の調べでは、
湊1丁目は震災前には114世帯が暮らしていたが、
現在ではわずかに6世帯が在宅避難生活を送るのみだ。

今日の説明会に出席したのは1丁目と2丁目住民が対象で、
参加者は100~120名程。

借家被災者が参加しなかったにしても、連絡が行き届かなかったり
所用からか欠席した住民も多そうだ。
それでも会場の狭さや説明が聞こえないと不満の声が上がった。

明日以降も説明会は順次開催され、
自身の土地がどの区分に分けられるのか、
その上で今後どの程度の改修や建て替えに費用をかけるべきか、
どの住民にとっても一つの目安となるだろう。


また、「被災市街地復興推進地域内の復興事業」そのものが、
住民数の新たな減少を生む事無く、
このまちで暮らすハンデにならぬよう熟慮重ねるべきで、
神戸のように高齢化のスピードと相反する結果にならぬ事を希望する。

 

 ※左は市から配られた説明書類の一部で、右は震災後拡散した
   元住民の現住所等を調べるために、チーム神戸が用意した記入用紙。
    現在も在宅生活を続ける方々の要望で追跡調査を始めたが、
     説明会終了時に市の職員からマイクを渡され説明すると、
      殆どの出席者が率先して記入してくれた。

c0202463_1444385.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-12-02 14:45 | Comments(0)