★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 30日

長年親しくしたアナウンサーが転勤

7月30日 神戸帰宅中


先日はNHK神戸のスタジオで同内容に付いて
お話をしました。

長年親しくしたアナウンサーが転勤することとなり、
最後のスタジオインタビューに私を指名してくれた。

彼の実家は神戸。
震災で倒壊し、早稲田の学生だった彼は心配で
親御さんに電話を入れたそうだ。

その時に親御さんは戻る事なかれと仰ったらしい。

その後、彼は学生ボランティアとして度々神戸を
訪れ、仮設訪問を重ねた。

NHKに就職以降も仮設で関わった高齢者が暮らす
復興住宅を何度も訪ね、被災地の人々と絆を
結びながらこのまちに戻ってきた。

収録後の送別会では神戸の復興に関わった面々。
彼らしい送別会となり明るく終宴を迎えた。

出会いは別れの始まりと、この16年間数万人との
別れを重ねて来たが、帰る車中で涙がこぼれた。

東北の地でいつか見送られる私は、彼を見習って
明るく笑顔でいようと思う。


◆今日は京都府向日市民会館でお話します。
内容は東日本大震災での支援活動などに付いて。

13:30〜15:00(受付12:30〜)
京都府向日市民会館 第一会議室
一般参加自由
[PR]

by startnagata | 2011-07-30 13:12 | Comments(0)
2011年 07月 29日

被災者がゆっくり出来る場所が欲しい

7月29日 神戸帰宅中


先日久し振りに声を掛けながら被災地域を細やかに回った。
これで五ヶ月目かと思うと言葉にならない。

崩れた墓石に家屋や商店。
それでもそこかしこに高齢者や幼子含む被災者が住み暮らしている。
仮設への移住も進み湊小学校の避難者数は130人ほどに。

建築制限区域に暮らす人々は数え切れないが、
一息つこうにも落ち着ける場所が無い。

集会所、公民館、喫茶室、コミュニティスペース、何でも良い。

避難所内外問わず、被災者がゆっくり出来る場所が欲しい。
[PR]

by startnagata | 2011-07-29 11:17 | Comments(0)
2011年 07月 29日

暑い中、涼しげな方の登場

7月23日 曇り時々晴れ


日本赤十字社の一員として藤原紀香さんが二度目の来訪。
今日は泥かきボランティアさんらにも激励。

各地から時間差で到着するボランティアさん達は大型バス7台。
その内の数十人に藤原さんが力強い挨拶をし、体育館で
被災者への熱中症予防の物資配りとレクチャー。

その後もチーム神戸スタッフに案内受けながら、
避難所の各教室を熱心に回り久しぶりのお見舞い。


藤原さんご自身も阪神淡路大震災時に西宮で被災され、
避難所等で支援活動に携わったと読んだ事がありますが、
暑い中、涼しげな方の登場でした。


二度ある事は三度ある?


c0202463_22233512.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-07-29 11:14 | Comments(0)
2011年 07月 29日

じいちゃんも遊ぶ

7月21日 曇りのち晴れ


じいちゃんも遊ぶ。
普段は自転車修理などをボランティアで行うじいちゃん達。
今日はキックスクーターの二人乗りで調子乗り。
この後二人は町へカワイコちゃんのナンパに。
バーを数軒はしごして朝焼けの海辺で明日を語り尽くす。

ホレテマウヤロー!

文責もたず
c0202463_11121636.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-07-29 11:13 | Comments(0)
2011年 07月 29日

子供達を招いての「夜遊び会」

7月21日 曇りのち晴れ


昼の「よしもとあおぞら花月」に続いて、
夜はもう一つのお楽しみ行事。

夏休み初日の子供達を招いての「夜遊び会」。
保護者同伴で避難所の少なくなった子供達はじめ、
倒壊在宅や知人宅で厳しい避難生活を送る、
近隣の子供達もご招待。

避難所からは、民間仮設に移るため転校する児童もおり、
この地域で馴染んだ子供達とは最後の夜。


企画と支出はチーム神戸。
運営、設営、撤収は父兄達。
文字にすると堅苦しいけど、ボランティアは準備以外は見守るだけ。
どこの家庭でも行う年中行事の拡大版で、親御さんたちが大活躍。


花火は人生最大の大人買い。
スイカ割りは、パトロール中の千葉県警さんの適切誘導にて一発直撃。
その後に困り急遽さくらんぼの種飛ばし大会で更に大盛り上がり。
配給のお弁当に付いている輪ゴムではゴム縄を。

4~50人が楽しく大騒ぎして21:30に終会。


この地の子供達はなぜか本当にかわいい。
3世帯などざらと言う生活環境からか、人見知りせず私の相手をしてくれる。
かつてはいずこの地もそうだったのか、話し掛けると純真な目で真っ直ぐに見つめ返す。
そして幼い人としての領分を外さず、私に伸し掛かってくる心地良さがある。

神戸や他の被災地でもそうだったが、この地域からも子供達の流出が進んでいる。
人口の激減した地域に発展があるとは思えない。
将来この子達が戻って来れる地域作りこそが願わしい。

ガレキの町で、心からそう思う。
[PR]

by startnagata | 2011-07-29 11:11 | Comments(0)
2011年 07月 26日

「よしもとあおぞら花月」の公演

7月21日 曇りのち晴れ


気になるお天気も良好に、今日は楽しみが二つ。

まずは「よしもとあおぞら花月」の公演。


粋で涼し気な浴衣姿の三枝さん登場に、
観客の皆さん「おお!」と大賑わい。

舞台ステージはトラックですが、晴れやかで
楽しげな装いに寄席の雰囲気満点で、
あおぞら花月の名がぴったり。

立ち漫才・ギター漫才・マジック・落語と、
楽しい時間は早いもんです。

終演後には、よしもとクリエイティブ・エージェンシーさんから、
Tシャツやグッズのプレゼント。

その後も桂三枝さんや芸人さん方が、
避難所内を丁寧に回って激励して下さいました。

湊小学校避難所の住民さんも、周辺の在宅避難中の方々も、
厳しい現実から開放された一時でした。


※ご出演は「桂三枝」さんをはじめ、「平和ラッパ・ハッパ」さん、
「ザ・パンチ」さん、「こんばらさん」さん、「ライセンス」さん
「大蛇が村にやってきた」さんでした。
c0202463_844063.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-07-26 08:45 | Comments(0)
2011年 07月 19日

4ヶ月の節目が過ぎ

7月12日 神戸への道中 滋賀県 晴れ


お蔭様で、京都からのボランティアさん達と乗り合わせ、
1000キロの道程をハンドルシェアしながら楽々と帰宅中。
実に感謝。


さて昨日で4ヶ月の節目が過ぎ、湊小学校の避難者も
150名を切りましたが、移り先が決まったと連日ご挨拶に
来られる住民の方々。

嬉しいはずの門出ですが涙を交わす複雑さです。
[PR]

by startnagata | 2011-07-19 08:52 | Comments(0)
2011年 07月 19日

有森裕子さんが主宰する「ハートオブゴールド」

7月6日 晴れ


昨日から有森裕子さんが主宰するNPO法人、
「ハートオブゴールド」のボランティアさん達が宿泊。

へアーカットとバルーンアートを提供してくださった。

ヘアーカットはいつも人気。
そして美容室開店前には避難所内の清掃。
休む間もなく至れり尽くせり。

物資提供者
サービス提供者
活動資金提供者
資機材提供者

いろんな人たちにこの避難所は支えられている。
[PR]

by startnagata | 2011-07-19 08:47 | Comments(0)
2011年 07月 06日

よるのしんさつしつ

7月6日 晴れ

先日初めてのカウンセリングを実施。
名付けて「よるのしんさつしつ」。
場所は屋外で体育館そばの巡回バス停留所のテント下。

このテントは4月に自転車修理などで来られた
ボランティアさんからチーム神戸が頂いた物。
今は被災地を巡るバスの停留所として大活躍。

そのバス停で行った「よるのしんさつしつ」。

避難所の校舎からは程よく離れた距離で
会話を聞かれる心配もなく、
点した明かりはカウンセラーが見える程度。

不眠症や心の沈みに悩む方にはと、
夜の9:30から2:00までの開設。

0人も想定での試みに5人が足を運ばれました。
担当ドクターも翌日は仮眠をとられたとか。

本当に無理なオーダーに対応して下さって感謝でいっぱいです。

夜の闇と静寂がサポーターとなった試みでしたが、
ぜひまたお願いいたします。

カウンセリングがもっと被災地に浸透しますように。

c0202463_1539932.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-07-06 15:39 | Comments(0)
2011年 07月 05日

一泊二日のバスツアー

7月3日 山形県天童温泉 晴れ


被災地の子供達を招待してくれた一泊二日のバスツアー。

保護者と引率の私達も乗せた2台のバスは、
昨日午後7時前に山形県天童温泉に到着。

車中から眺める景色ににぎわった片道2時間強。
子供達も保護者達も会話が弾んでいた。

夕食のご馳走を楽しみ、
広々とした空間でふんだんなお湯も堪能し、
冷房の効いた部屋でゆっくりと手足を広げて就寝。

二日目の昼食は高原でのバーベキュー。
移動後のさくらんぼ狩りでは児童も大人も種飛ばしに大はしゃぎ。

夕方5時頃石巻の湊地区に入り町の状景が変わる頃、
暫し別れた現実の光景がまた目の前に広がった。

そしてバス内のそこかしこで深いため息が聞こえてきたが、
子供達はお構いなしに我が町に戻ったと顔を輝かせていた。

この町の未来をこの子達が見つめている様な気がした。

c0202463_857189.jpg

[PR]

by startnagata | 2011-07-05 08:57 | Comments(1)