★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

カテゴリ:ニュース( 3 )


2011年 03月 13日

[速報・東北地方太平洋沖地震について]

チーム神戸ではボランティアコーディネーターが17日に被災地入りします。
その際には本ブログにてお伝えする予定です。

【チーム神戸】とは
ボランティアグループ「すたあと長田」が、災害地支援を行う際に、
団体や個人や企業等の枠を越え、多くの市民が被災地支援のために
協働するユニット名称です。
[PR]

by startnagata | 2011-03-13 22:30 | ニュース | Comments(0)
2009年 12月 15日

雨でも作るゲタ箱

12月12日に久崎仮設住宅でゲタ箱18個を作りました。

11月29日の上月仮設とは違い、今日はたった3人のスタッフ数で、
仮設のゲタ箱作りと事務所での物資配布と、二手に分かれて大忙しです。

予定通り仮設住宅で材木屋さんと合流し、早速作業に取り掛かりました。


ところが気掛かりな事が。。。

崩れそうな天候に、仮設住宅の集会所を使用出来るよう、
数日前に役場の災害対策本部と仮設役員さんに確認は取っていたのですが、
集会所には佐用町社協さん開催の「きらめき喫茶」の貼り紙が。

うん、うん、良いね〜。住民さん同士の交流の場♪

けど今日?!聞いてないぞ…。
そこへお越しの役員さん。
やっぱり聞いてないぞー!と、集会所の鍵を手にした役員さんも驚いてる様子。
でも既に鍵は開かれ中ではふれあい喫茶が開かれている。
どうやって入ったのお!?

それも貼り紙には10時からと書かれているけど、まだ30分も前…。

て事は中の方々はふれあい喫茶の関係者?

まあ、まだ降り出してないから外で作業開始しましょうかと、
大工ボランティアさんと相談し電気工具の電源だけ窓から確保させてもらい作業開始。

集会所内の方々も何のこっちゃとこちらに不審顔。
役員さんといえば平謝りでかえって申し訳ないくらい。
何の連絡も受けていなかったのに、トイレや休憩場所の心配まで
掛けてしまい、かえって気の毒なばかりです

順調なゲタ箱作りとは裏腹に空はどんどん曇っていく。
悶々とする私とは裏腹に、集会所の中は暖かくて楽しそうな笑い声が、、、


この状況で降り出したら作業は中断。
年内には次の作業日は取れず、年越せばチーム神戸の事務所もありません。
作り掛けの材料の置き場や出直し日に住民さんへの説明など、
ゲタ箱作りを見に来られる住民さん達とニコニコ談笑しつつ、
最悪の状況も想定し心はヤキモキ!


ゲタ箱が3つほど出来上った頃、やっと集会所内の方々が撤収の様子。
やったー!トイレが使える!!
寒空での昼食も休憩も雨の心配も吹き飛ぶころ、体は冷え切っておりました。。。

昼食後にはとうとう雨が降り出し、作業はブルーシートで養生した集会所内に移動。
心配そうに住民さん達も様子を見に来られ、何度も行き来して下さった役員さんも一安心。

物資配布を終えた事務所スタッフも合流し、
手慣れて来た大工ボランティアさんの作業も順調に進み、
夕飯頃には全戸にお届け完了。


「屋内で使ってもいいですか?」
上月仮設でもそうでしたが、ここ久崎仮設でも住民の方から同じ質問が。
「どうぞどうぞ、お好きに使って下さい」
そうですよね。狭い仮設で収納用具は大助かりですよね。

仮設暮らしの不自由が少しでも和らいでもらえたら、それが何よりです。


最後まで見守って下さった仮設住宅の役員さん、有難うございました。

c0202463_13185179.jpg


●写真は寒風の中、孤軍奮闘しがんばってくれた大工ボランティアさん。









[PR]

by startnagata | 2009-12-15 13:49 | ニュース | Comments(0)
2009年 12月 01日

ゲタ箱づくり

11月29日(日)


今日は上月(こうづき)仮設住宅でゲタ箱を22個作りました。


頼もしい大工ボランティアさん達は、暑い頃から佐用町と神戸を行き来して下さっている「神戸土木建築労働組合」有志の方々。


まず到着早々に、作業を行う集会所そばの住民の方々に、工具の音のお詫びと作業時間などの説明。どなたも笑顔で快諾くださって作業は開始。


事前にポスティング等でお知らせしていたのと工具の音に、離れている棟の住民の方も様子を見に来られ、ガンコ職人集団の大工ボランティアさん達も和やかに作業は進みます。


前もって神戸で所定の寸法にカットされてきた材料の山は、ガンコ職人集団の仲間からの寄付の品々。


紅葉の山々に囲まれた青空の下、ゲタ箱が次から次へと生まれてきました。


途中で事務所の物資配布会の様子を見に戻り、お約束していた高齢者施設の施設長さん達と会ったり、アタフタとパソコン仕事などをやっつけ、大工ボランティアさん達のお茶の支度を整え仮設住宅にとんぼ返り。


おお〜、壮観!!

早やもほとんど出来上っているではありませんか。さすがです!


お茶休憩の後には階段上の全戸に運ぶ一苦労が待ってましたが、一往復しか出来ずヘバッたのは私一人。。。


お留守宅も含め全戸に配られたかと、入居リストを手に一軒一軒チェックして行くと、早速長靴が納められていたゲタ箱がありました。

これで急な雨にも濡れた靴を履かずに済む。ひとまず安心です。


ブルーシート上のオガクズも手際良く片付け、集会所には2個を設置し今日の作業は日の出の内に完了。


翌日には集会所の鍵を開け閉めして下さった住民の方から、改めてお礼を伝えたいと嬉しい電話が。こちらこそお世話お掛けして有難うございました。



●写真はゲタ箱生産の様子と、早やも長靴が納まっていたお宅の玄関先。

c0202463_1172518.jpg
c0202463_1173978.jpg

[PR]

by startnagata | 2009-12-01 10:42 | ニュース | Comments(0)