★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

カテゴリ:未分類( 562 )


2009年 12月 05日

ゲタ箱作り第二弾!

c0202463_10524368.jpg

11月29日の上月仮設住宅でのゲタ箱作りに続いて、
12月12日には久崎仮設住宅でゲタ箱を作り配ります。

先日は5名での参加でしたが、今回は親子大工さん2名。

上月仮設の住民さんから「こんなに便利とは…、
すごく重宝しています」と嬉しいお礼のお電話。

お天気や所要時間など気にかかる事も多いのですが、
年越しを少しでも気持ち良く迎えて頂けたらと、
気合いで晴れてもらいます!!
(あ〜、どうか降らないで…)


●写真は久崎仮設近くでの全壊家屋の一部
[PR]

by startnagata | 2009-12-05 10:52 | Comments(0)
2009年 12月 05日

被害の一部

この度の水害による被害状況等は、佐用町公式ページでご覧いただけます。
http://www.town.sayo.lg.jp/bousai/hinan_higai.html


ただし上記ページは人的被害や住居に絞られ、空き家、物置など人の住まない家屋部分や農地被害など含まれない部分も多く、「被災」と「被害」の違いに都市部の災害とは異なる問題が横たわります。

となると…、災害による各種義捐金や見舞金、果ては保険額にまで影響が及ぶのです。
[PR]

by startnagata | 2009-12-05 10:46 | Comments(0)
2009年 12月 01日

ぐち

c0202463_11575460.jpg

9月から集め始めた佐用町支援の冬物物資ですが、多くのボランティアさんによって、
やっと全ての仕分け作業が完了しました。


募集したのは『新品、もしくは新品同様の衣類・布団・暖房用品』だったのですが
、開封してみると『食器・枕・シーツ・食品・スキーウェア・CD・本・カーテン・座布団・
文具・他もろもろ』と実に様々でした。


勿論、多くの物資が被災者の感謝のもと冬支度にと旅立ったのですが、
管理や配布数から悩ましい物、中には仕分けスタッフが頭抱える物なども有りました。
けどそれらも救援活動には付き物と笑ってやり過ごす事が出来ました。


けどここ佐用町の水害支援でもやっぱり笑えない物が!


どんなに欲目で見ても恥ずかしくて配れない使用済み下着。
何より!ボランティアとは言え触るのも嫌っ!!


毛玉だらけもシミだらけの衣類も、首回りが伸び切ったTシャツもカビだらけの服も、
アレルギー起こしつつ呆れながら捨てる日々でしたが、長年履いて毛玉だらけの
靴下や汚れた使用済み下着を、見知らぬ人に贈るなんて本当にエチケット違反です!!


すでに45リットルのポリ袋で数百個分の廃棄衣料が仕分けられていますが、
廃棄にも、手間と費用という無駄がかかる事、それを被災地の誰かに押し付けて
いるという認識を、一人一人が熟知できる社会になってほしいのです。


決して大量に送る必要などないありません。
衣類には流行もあります。
自分の不用品は他人にとっても不用品です。


自分の使用済み下着が誰かの目に触れるなんて、本当に、恥ずかしくありませんか?
見知らぬ他人がはき古した下着、あなた着用できます?


●写真は行き先を待つ冬物衣類
[PR]

by startnagata | 2009-12-01 11:57 | Comments(0)
2009年 11月 29日

え?

ご、ごめんなさい…
なぜか写真が横向きに…
大きさもいつもと違うし…


訳が解りませんが私の操作が間違ってるはず…


明日、管理人さんに相談しがんばってやり直してみます!
キモチワルイ…
[PR]

by startnagata | 2009-11-29 01:40 | Comments(0)
2009年 11月 29日

こっちが支えられてます

c0202463_133266.jpg

被災者でありチーム神戸のお手伝いをして下さる、心強い地元の方々がたくさんいらっしゃいます。


ご自身が暮らす仮設住宅でのポスティング。
ご近所や顔見知りへ口コミお知らせ。
咳きこむ様子に飴を持って来て下さった方。
ご近所の不自由に車で何度も送迎して下さる方。
週末のお手伝いにお昼まで作ってくれる方。
山のような段ボールやゴミの処理をかってくれる方。
気掛かりなご近所の様子に、代わって相談に来られる方。
外出困難な高齢者に代わり身の回り品を届けて下さる方。
水害で不作と言いながら畑のお野菜を差し入れて下さる方。
お子さんが通園中にお手伝い下さるお母さん方。

こちらの体調を気遣って温泉に連れて行って下さった方。

佐用は寒かろうと新品の暖房器具に灯油。おまけにポンプまで。。。


段ボールで手がガサガサー!と笑うと、困った顔でそっと手を包んでくれた方。



皆さんに抱きついて、思いっ切り抱きしめて言いたい。

「ありがとおーーーーーーーーーーーーーー!!」って。


さあ、明日は大工ボランティアさん達と上月仮設で玄関先のゲタ箱作り。

がんばるう〜   (^O^)/



●写真は頂いた大根とゆずで作った浅漬け。右上の黄色い桶には白菜漬けを。
[PR]

by startnagata | 2009-11-29 01:33 | Comments(0)
2009年 11月 28日

まだまだ・・・

c0202463_1225934.jpg

c0202463_1225949.jpg

c0202463_1225995.jpg

佐用町名物の朝霧ですが、雲海に包まれた佐用町を眺めようと大撫山に出掛けてみました。


県道365号線から「西はりま天文台」方向を目指して進み、脇道を抜けると私のお気に入り場所ですが、行き着くまでの数か所では現在も8月9日の水害による爪痕が残っています。


大きく崩れたままの山の斜面からは大木の根がむき出し、谷底へ土砂とともに流されたままの白いガードレールは行き着く先が見えないほどです。


長い間通行が止められていた道路ですから、水害直後にはもっとひどかったに違いありません。


被災地当時の様子からは見違えるほど泥やガレキは姿を消しつつありますが、人々の暮らしに及ぶ爪痕は、これからまだ先の長い事でしょう。



●写真は大撫山に続く道路脇2枚と、佐用町のまちを包む雲海。
上から見下ろせば雲海ですが、下から見上げれば朝霧?どちらにせよ本当にきれいです。。。
[PR]

by startnagata | 2009-11-28 12:02 | Comments(0)
2009年 11月 24日

週末は大賑わい

c0202463_1941667.jpg

物資の仕分け作業が平日に進められ、土・日・月曜にはチーム神戸(活動拠点として使わせて頂いているカトリック佐用教会)に直接被災者が来られ物資を持ち帰る配布会が行われています。


お越しの皆さんにはチラシを持ち帰ってもらい、ご近所やお知り合いなどに配ってもらっていて、その効果か日に日に来場者は増え、交通手段の無い方を自家用車に乗せて出直される方もたくさんいらっしゃいます。


また持ち帰った配布告知のチラシをご近所の被災宅にポスティングして下さる方も増え、取りには行けないがこんな品をお願いできますかとのお電話も頂きます。


今日も朝からご高齢のご夫婦宅へお迎えに出向き、必要な物をゆっくりと選び車でご夫婦共々お届けしました。他人から物を貰う事への抵抗感は当然ですが、外出介助しながらのお出掛けで徐々に打ち解けて本音の会話に変化していきます。


水害後の街へ出掛けるのは初めてだと、自宅から10分足らずのドライブ中、車中からあれがこれがと、齢80を超えるご夫婦は町の変貌に驚かれていました。


ご自宅周辺以外の被災状況を初めて目にするのですから当然でしょうが、被災者の生活背景に改めて心を寄せる機会となりました。


佐用町には勿論、神戸にも各地にも高齢者はたくさんいらっしゃいます。
明日神戸に帰ったら、お二階のばあちゃんちで久しぶりにゆっくりおしゃべりの相手をと思っています。


●写真は物資配布会の様子です
[PR]

by startnagata | 2009-11-24 19:41 | Comments(0)
2009年 11月 18日

縁の下の力持ち

c0202463_19411928.jpg

平日のボランティア活動が盛んですが、10人以上が狭いスペースをやり繰りし物資仕分けに励んで下さっています。


晴れれば物資庫の屋外までも荷物は広げられ、皆さん被災者の暮らしを案じ、丁寧にそして手際良く地味な作業は黙々と進められて行きます。


前回の配布後に詰まれた空き箱を眺めては、「良かったねー」と物資の減り様に皆さん目を細めます。


そう、空き箱は被災者に物資が届いた証。その瞬間に立ち会わなくても地道な作業の成果です。


そしてまたその空き箱に温かい冬物物資が詰まれ、週末には被災者の手に届けられます。
[PR]

by startnagata | 2009-11-18 19:41 | Comments(0)
2009年 11月 16日

川辺の草刈り

c0202463_10193118.jpg

先週の事です。

神戸からいつもの道を通り佐用町を目指していると、20キロほど離れたたつの市の揖保川沿いで業者が機材を使い河川敷の草を刈っていました。

普段だと何気なく見過ごす光景ですが、この水害での死者と行方不明者のことを思えば、どんな遺留物でも貴重な手掛かりになり得るのではと考えてしまい、草を刈るご苦労も察しつつ、むやみな扱いで刈り取る様子に心が騒ぎ出しました。

その旨の配慮なり注意が行き届いての草刈り作業が行われていたのか、たつの市役所に問い合わせてみた所、佐用町の水害は千草川流域で、たつの市の揖保川は流れが異なるのではとの回答でした。

ただ、電話口に出られた職員の様子だと、私の物知らずで落着する一件ではなく、そんな風に考えてもいなかった日常が垣間見えとても残念でした。

佐用町では今も不明者を探されているご家族がいらっしゃいます。

その現状を隣人が無神経に受け止めず、理解と想像力をもって配慮すべき事と、近隣市町村に求めるのは無理なお願いなのでしょうか。


●写真は大撫山から見渡す佐用町佐用
[PR]

by startnagata | 2009-11-16 10:19 | Comments(0)
2009年 11月 09日

。。。藻屑蟹の続き

目覚めて思考回路が整うほどに「蟹を放置しては恐ろしい事に…」と焦り出した。

車中も事務所も蟹が永住できる環境ではない以上、その内とんでもない匂い放ちだし、喜ぶ虫さんたちを思えばとっても恐ろしい事になるような、、、いや、なるね。


そんな恐ろしい想像を蹴散らしつつ、今日の作業に出掛けようとしてたら誰も居なくなった廊下で物音?
10秒後にはおっきなオス蟹を初めて素手で掴んでる自分に驚いた。


とにかくリスクが6分の1は減った〜。。。


でも車中の3匹がと出掛ける直前まで悩んで、どっか車の大事な部分に入ってて焼き蟹になってもエンストされて待ってる被災者に迷惑掛けても困るしと、今日は他の車に同乗し出発。


仮設住宅で作業していたら忘れ物を取りに戻ったスタッフから次なる知らせが。ドア開けたら玄関に居た1匹を捕獲したと。

うれぴー!!
私の不幸に光明がさし出した!
にしてもモクズガニは階段を降りるのか!?
がんばってるなあ。。。

などと感心しつつも残りは4匹。
何とかなるかも!単純にもそう思え始めた。

数時間後、事務所への帰路で蟹を購入した商店の前にさしかかり、「絶対に食べてみせる!」と心で叫んでみた。


駐車場に戻り自分の車を開けてみると、ハイ〜!あっさりともう1匹を捕獲成功。心で叫んだ甲斐があり、遅めの夕食には茹で上がった蟹3匹と焼き鮎が。

その翌日には車中でも室内でも残り全てを捕獲。安心して車を走らせ心に誓いました。

もう二度とビニール袋を信じない!
たとえ2重包装でも…


そして懲りもせず今夜も蟹と同居です。
ありがたくも佐用町住民の方から頂いた缶入りの10匹です。


明日スタッフとの夕食まで、缶からは出しませんし出させません!
[PR]

by startnagata | 2009-11-09 00:24 | Comments(0)