★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

カテゴリ:未分類( 536 )


2017年 03月 10日

各地から寄せられる想い

明日に想いを寄せた品々が届けられています。
ご苦労なさった方々と尊い命への想いです。

集会所に架けられる絵
会場を柔らかに彩る花
お茶のみ話を弾ませるお菓子たち

今日の配達担当の方もご家族を4人亡くされてます。
明日は会場に直接届けられるよう調整して下さいました。
せめて支援への感謝だとつぶやかれました。

各地のみなさんにも、石巻のみなさんにも感謝です。
c0202463_12024760.jpeg

c0202463_12031313.jpeg

c0202463_12033074.jpeg

c0202463_12040368.jpeg

[PR]

by startnagata | 2017-03-10 12:02 | Comments(0)
2017年 03月 08日

石巻市内の津波避難ビル・避難タワーのリスト

石巻市に現在ある津波避難ビルと避難タワーのリストです。
【2017年3月現在】

避難ビルは民間のビル(社屋やパチンコ店など)に外階段などを設置し、
屋上などの高所へと避難可能にしたケースがほとんどです。
その場合は建築に際して公的資金が投入されます。
※以下のリストで「締結日」と記載されているのは民間の建物です。
また「指定日」と記載されているのは復興住宅など公的な建物です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<津波避難ビル>
第1号   大興水産株式会社(締結日:平成24年12月4日)
第2号   サービス付高齢者住宅 はなことば石巻(締結日:平成25年2月14日)
第3号   宮城エキスプレス株式会社(締結日:平成25年5月13日)
第4号   東海カーボン株式会社(締結日:平成25年6月27日)
第5号   日野測量設計株式会社(締結日:平成25年10月15日)
第6号   社会福祉法人 石巻祥心会フェイシス(締結日:平成25年11月29日)
第7号   石巻港湾合同庁舎(締結日:平成26年6月5日)
第8号   阿部勝自動車工業株式会社(締結日:平成26年10月23日)
第9号   株式会社上野総建(締結日:平成26年12月22日)
第10号  社会福祉法人みやぎ会 特別養護老人ホームはしうら(締結日:平成27年3月13日)
第11号  湊水産株式会社(締結日:平成27年3月16日)
第12号  アムズガーデン石巻湊店(締結日:平成27年4月14日)
第13号  石巻市営吉野町復興住宅(指定日:平成27年4月30日)
第14号  石巻市営黄金浜第一復興住宅(指定日:平成27年4月30日)
第15号  石巻市営大街道西第二復興住宅(指定日:平成27年9月18日)
第16号  石巻市営大街道北復興住宅(指定日:平成27年9月18日)
第17号  石巻市営黄金浜第二復興住宅(指定日:平成27年9月18日)
第18号  石巻市営中里一丁目復興住宅(指定日:平成27年12月1日)
第19号  石巻市営中央第二復興住宅(指定日:平成27年12月1日)
第20号  石巻市営駅前北通り復興住宅(指定日:平成27年12月1日)
第21号  石巻市営不動町復興住宅(指定日:平成27年12月1日)
第22号  石巻市営筒場復興住宅(指定日:平成28年3月18日)
第23号  石巻市営新沼復興住宅(指定日:平成28年3月18日)
第24号  協業組合石巻廃棄物処理センター(指定日:平成28年3月31日)
第25号 石巻市営中央第三復興住宅(指定日:平成28年10月1日)
第26号 石巻市営大門町復興住宅(指定日:1・2号棟 平成28年10月10日、3・4号棟 平成28年12月17日)
第27号 石巻市営湊町復興住宅(指定日:平成28年10月15日)
第28号 石巻市営門脇東復興住宅(指定日:平成28年10月29日)
第29号  石巻市営新館復興住宅(指定日:平成28年12月17日)
第30号  石巻市営三ツ股第二復興住宅(指定日:平成28年12月18日)
第31号  石巻市営門脇西復興住宅(指定日:平成28年12月17日

<津波避難タワー>
第1号  大宮町津波避難タワー(供用開始日:平成27年3月27日)
第2号  魚町一丁目津波避難タワー(供用開始日:平成27年12月15日)
第3号  魚町三丁目津波避難タワー(供用開始日:平成27年12月15日)
第4号  西浜町津波避難タワー(供用開始日:平成28年3月24日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆避難ビルの一例。建物の右角にある緑のマークが目印です。
避難対象者は地域住民・周辺で働く人・通勤通学や諸々で
周辺にいる、有事に際し避難が必要なすべての人々が避難対象です。


c0202463_12112147.jpg



◆こんな風に目立つよう看板が取り付けられていたりもします。
これは東北の被災地以外にも増えてますので、
皆さんもご存知かもしれませんね。

c0202463_12132650.jpg



◆ビルやタワーに目立つよう設置されているマーク。

c0202463_12130808.jpg



◆こちらは避難タワー。
石巻市の場合はスロープはなく階段のみの不親切な作りです。
せっかく新設するならもっと合理的な配慮がなされるべきですね。
署名運動など声を上げる市民は多かったと思うのですが、
無視されたのでしょうか。
お粗末な命の守り方が、次なる犠牲を生み出すとの想像力と責任感に欠け、
非常に残念です。。

c0202463_12123989.jpg




[PR]

by startnagata | 2017-03-08 13:15 | Comments(0)
2017年 03月 04日

3月11日に向けて

知っている誰かにだけではなくて、
どこかにいる知り得ぬ悲しみにも思い遣る心を。

そんな小さな思いやりが集まり、
このまちに暮らす人々を大きな愛情が包みます。

今日のお手伝いは仙台からのお二人。
小学6年生と大学生。

寒風と舞い上がる土埃の中、自転車や徒歩で
3月11日のお知らせを各戸にポスティングしてくれています。

見知らぬ町の方々を、思う心が彼らを動かしてます。


ー3月11日 午後2時46分ー
それぞれの暮らしの中で、
あの日とあの人々に想いと祈りを寄せ、
場所は違えど同じ時間に、一緒にお茶しませんか。

今年は復興住宅で催します。

※この活動はFacebookのグループページでもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/groups/1444438605848207/1732465190378879/?notif_t=feedback_reaction_generic&notif_id=1
c0202463_16545332.jpg

c0202463_16232851.jpeg


c0202463_16231238.jpeg




[PR]

by startnagata | 2017-03-04 23:11 | Comments(0)
2017年 02月 27日

誰に寄り添うべきか

昨日も賑やかに、そして和やかに「ふれあい喫茶」を
熊本県益城町の仮設住宅にて催せました。





◆メニューはトースト・サラダ・ゆで卵・飲み物各種(おかわり自由)
c0202463_17194330.jpeg



今月からは参加費100円の有料です。
(子供たちは無料)
初回は仮設住宅で有料の活動はいかがなものか、
馴染まないのではと様々な意見があり、
こちらの説明も浸透せず無料で催しましたが、
みなさんからの理解を得ることが出来、
今回からは100円の有料となりました。

心配していた参加者の方々からも、以下のようなお声を頂きました。
「100円でも払うことで気軽に参加できる」
「気兼ねせんで来れるわ」
「なんぼでも払うけん続けてくれんね」(←豪快な冗談です)

100円有料とした大きな理由は3つ。
その1つは以下の思いからです。

私自身がかつて被災者だった頃に、
「支援を受ける」事に対し、感謝と共にとても大きな抵抗がありました。

支援者からの思いやりは重々理解できていても、
初めて「被災者」となり、選択肢与えられないままに
「あなたはこちら」と線引きをされ、
流れ作業で物を渡される様子に屈辱を感じ抱く事もありました。

自分がへそ曲がりゆえの屈折した考えだとも理解できていましたが、
それでも、色々な物事を失い行き場のない心を引きずる。
そんな時だからこそ、崩折れそうな自分の感性を大事にしてやりたくて、
列に並ぶことよりも空腹を選びました。

そして友人知人にも似通った被災者は多く、
震災で失くしたことの悔しさと、
施しを受ける立場に在ることの悔しさや情けなさに、
かたくなに拒み続ける被災者と、その後たくさん出会ってきました。

支援者の目線で見れば可愛気のない被災者だと思う。
けどそんな可愛気のない被災者も居るんだと、
そんな被災者の空腹をどう満たせばよいのかと、
いつも心の隅に置き活動してきました。

朝食は普段通りに自宅で済ませることが出来ます。
けど支援者と被災者の間に100円玉が行き交うことで、
何かしらの気軽さや選択肢を生み出せれば、
自助から共助へ、そして選択した上でのコミュニティ。

量から質への転換期だと、心が騒ぎます。



◆初の有料開催で出足が鈍りましたが、初回の7割ほどの参加者に一安心。
そして次回も新たなチャレンジは続きます。
お世話役は当番制にし、来月は5名の方のお世話役が名乗りを上げて下さいました。
「支援者」という枠も独占せずに、みんなのコミュニティに育つよう願っています。

※ちなみに1人分の材料費はおおよそ250円ほど。
 高校生までの子供は無料
 外部からのボランティアは200円
 この日は兵庫県からのボランティアさんが1000円入れてくれたり。。
 そして、一旦お預かりした収益は、夏休みや9月の敬老の月に
 「ふれあい喫茶・拡大版」として本仮設住宅に還元させていきます。
c0202463_14444604.jpeg


◆東北支援から連携する兵庫県のNPO団体「教育環境プロデュース」は、
この日で3度めの熊本支援活動。
「また来てくれたの~!」「また来ましたー!」と、
前日からのお手伝いや子供たちとの遊び場作り。

ふれあい喫茶当日はハンドマッサージやアロマスプレー作りも。
そしてふれあい喫茶にお越しのご高齢者への介助など、
縦横無尽に動いてくださって、安心して任せられ本当に大助かりでした。
c0202463_14463280.jpeg

◆Jリーグならぬシェイリーグとあだ名の付いた兵庫県から初参加の青年は、
子供やお年寄りに寄り添い人気者に。
「明日も来るんなら集会所に泊まってけよ、ねえ、、」と男の子にせがまれてました。。
c0202463_14452293.jpeg







[PR]

by startnagata | 2017-02-27 16:56 | Comments(0)
2017年 02月 21日

今年の3月11日

昨年まではチーム神戸で行ってきた「追悼茶会」ですが、
今年の3.11は七回忌の東北石巻で、
その場所をチーム神戸事務所から昨年11月に完成した復興住宅に移し、
仮設から移って来られた方々や、
被災後も在宅生活で地域を護ってらした方々の、交流と防災を願い、
追悼の集いとして「追悼茶会」を催すことになりました。

この復興住宅に入居なさった方は、震災直後の湊小学校避難者も多く、
新たに各被災地域から入居なさった方々もいらして、
今後のコミュニティ形成の大切な時期に有ると思っています。

仮設とは違い復興住宅はしっかりとした造りの大きなビルですから、
頑丈で気密性も高く安全で快適なことは当然なのですが、
ビルに暮らした事の無い方々がほとんどのこの地域では、
頑丈な扉を閉じてしまえば交流の糸口さえも見当たらず、
入居3ヶ月にして未だ隣人を知らず、
ネームプレートが白紙のままのお宅がほとんどなのです。

それでもここが多くの方の終の棲家です。

地域の交流が住民の命綱と、私達はこれまでの災害被災地で学んで来ました。

この地域の交流に機会を生み、住民交流の再生こそが、
災害支援団体としての、チーム神戸の最後の大切な役割かと考えています。

c0202463_02073976.jpeg

c0202463_02090586.jpeg







[PR]

by startnagata | 2017-02-21 02:10 | Comments(0)
2017年 02月 18日

神戸から熊本へ「ふれあい喫茶」が。

熊本の仮設住宅で1月から「ふれあい喫茶」をはじめました。
昨年6月に対策本部に伺い仮設住宅の建設リストを頂いた際に、
立地条件から最も苦労が多いと感じた仮設用地に足を運び始め、
建設現場を眺めながら様々にイメージを膨らませました。

曲がりくねった道幅の狭さ
森に囲まれた様子
スーパーもコンビニもなく

22年前から5年間、兵庫県下の各仮設住宅に足を運んだ記憶が蘇り、
在る似通った仮設住宅が思い出されました。

その仮設での特徴や問題点、そして行った活動の成功事例や反省材料を反芻しながら、
熊本の、この仮設住宅で必要とされるであろう事柄を推察しながら、
幾つかの活動を通して「ふれあい喫茶」に行き着きました。
そしたら被災者を思う仲間が集い、大きな助け舟を出してくれました。

既にふた昔を超えた神戸で生まれた活動が、今も各地で行われている。
暗中模索しながら行き着き今も各地に広がり残った活動は、
きっとこれからも、住民や支援者の皆さんによって育てられて行くでしょう。

普段お見掛けしない方や男女も問わず、
参加者人数は自治会役員さんの予想を遥かに超えたようで、
驚きながらもとても喜んで下さいました。
また、一人でも、家族連れでも参加しやすいとも耳にしました。

食器棚に使い捨ての紙コップや紙皿じゃない食器たち。
広いテーブルの中央には花や緑を飾り、
狭い居室から開放的な集会所で隣り合わせて朝食を摂れば、
今日から同じ仮設の顔見知りです。

コミュニティ形成の種は私達ボランティアが蒔きましたが、
住民さんと共に育てて行ければこんなに嬉しいことはありません。
とは言え未だ蒔いたばかりの種です。
これからも助け舟を心待ちにしていますので、
お手伝い可能な方はぜひぜひコメントお待ちしています。。

※2月は26日の開催です。



◆1月のメニューはバタートースト・野菜サラダ・トマト・ゆで卵・コーヒーor紅茶
2月はちびっこ向けにジャムやピーナツバターも!
飲み物も昆布茶や生姜湯と増やす予定です♡
c0202463_01575269.jpeg
  





◆2日に及んだ徹夜の移動と準備で、当日は大遅刻の私。
一段落つき、やっと関係者も食事タイム。
住民スタッフの方々や山◯さんにゆ◯ちゃん、
本当にありがとうございました♡
c0202463_05145033.jpg





◆仮設集会所の玄関。
見切れ自撮りは「気は優しくて力持ち」の大切な仲間です(^-^)
c0202463_01590881.jpeg





[PR]

by startnagata | 2017-02-18 06:11 | Comments(0)
2017年 02月 05日

この思いを

開封して暫くは涙が止まらず。
ラジオ関西リスナーの方から匿名で贈られた切手達。

こんな思いを帆にはらんで出航するので、
節約第一切り詰め楽しんで!
小舟であってもチーム神戸は
航海を続ける事ができます。

言葉に代え難い感謝に包まれてます。

チーム神戸は皆様からのサポートで、
22年間の運営を支えられています。

c0202463_14360572.jpeg



[PR]

by startnagata | 2017-02-05 14:32 | Comments(0)
2017年 02月 03日

被災地の大切なカケラ

活動の中、毎日熊本でたくさんの被災者と出会う。
「熊本で被災」という大きな山の、大きな石や小さな石。
そのどれもが大きな山のそれぞれのカケラの様に思える。
大きさに囚われず、それぞれが大切なカケラ。

それぞれのカケラに目を向ける、
そんな支援であらねばと、改めて心の緒を結び直しました。

◆熊本市内で被災した母と息子。
みなし仮設のことを知らずワンルームマンションに入居。
被災から半年を過ぎ、改めてみなし仮設の制度を利用し賃貸一軒家に入居。
ボランティアが足運べる応急仮設住宅と異なり、
ボランティアによる支援はほとんど受けてませんでした。

◆応急仮設住宅での84歳の独居女性。
この仮設で二年暮らせるそうだから、
それまでに家ば建てにゃいかんのやろうか。
それとも施設にお世話になる準備ばせんといかんのやろか。

[PR]

by startnagata | 2017-02-03 20:52 | Comments(0)
2017年 02月 01日

物資の御礼

昨年秋より報道各社や各方面のご協力により、
実にたくさんの冬物物資を熊本の被災地にと送って頂きました。

昨年末までの各所の配布に間に合わなかった物資を、
昨日、荷受けと物資庫提供にご協力下さった、
西原村の牧場にて全て受け取り、今しがた積み直しを終え、
明日のお渡しに準備が整いました。

この牧場主のご一家も熊本市内で被災され、
長年暮らしたご自宅の解体を見届け、今は牧場内でお暮らしです。

この地に常駐出来ればもっと様々なフェーズに応じた活動が展開出来るのですが、
叶わぬことを憂うよりも、この現状で出来る事を探し出した結果、
出会いに恵まれここまでご支援受ける事が叶いました。

個々の物資ご提供者の方々にはお礼状をお送りしたい気持ちは山々なのですが、
睡眠削り移動に次ぐ移動の中、だらしなくも本ブログでのご報告にてご容赦下さいます様、
伏して感謝を申し上げます。

c0202463_15522490.jpeg

c0202463_15530046.jpeg

[PR]

by startnagata | 2017-02-01 15:35 | Comments(0)
2016年 12月 26日

師走の熊本を皆さんからのお餅と物資抱えて疾走!

今回の熊本での支援活動は、各仮設住宅自治会やボランティアさんとの各打ち合わせ・
告知のポスティング・物資運び・物資購入・配布会開催・戸別配布・その他で、
1日に何ヶ所も巡るためとその下準備という慌ただしい日が続き、
時系列での記憶がおぼつかない程で、ご報告までに時間がかかってしまいました。

それくらいに皆さんからの支援が届き、支援を受ける被災者はもとより、
呼び掛けをした私共からも、心からお礼を申し上げたいと思います。

子供たちやご高齢者の和やかで喜ぶ姿もたくさん収めましたが、
本ブログでは掲載の許可を得た写真と、
個人のプライバシーに影響ないと思われる、
写真のみご紹介させて頂きますのでご了承下さい。

また紹介文と開催場所の写真取り違えなど有るかも知れませんが、
どうぞご容赦下さいますように。



◆熊本入り初日は物資受け入れを担って下さった被災者宅へご挨拶に。
山と積まれた物資を直接目にするのは初めてでしたが、
毎日届く荷物をこまめに撮影し送って下さってたので、
全体の把握が叶い、現地入りの前からプランニング出来たことに、
深く感謝しています。

そして翌日。
兵庫県から『NPO法人きょういく環境プロデュース』の面々と合流し、
西原村の復興に尽力されている『もくもくプロジェクト』さんの、
棚作りワークショップ会場で『喫茶コーナー』を担当。

棚作りの待ち時間にハンドマッサージを受けたり、
安眠や心の落ち着きを目的にしたアロマウォーター作りや、
子供たちの遊び場などを担当しました。
c0202463_11050086.jpeg

c0202463_11125790.jpeg


c0202463_11140638.jpeg


c0202463_11431468.jpeg





◆午後には益城町の仮設住宅に移動し、
集会所内では同じくハンドマッサージなどの『喫茶コーナー』。
集会所外では冬物の生活用品の物資配布を行いました。

関西圏の報道各社に募集のご協力を頂き、
関西各地から温かな物資が寄せられましたが、
チーム神戸の本ブログやFacebookの繋がりで、
東北の方々や岐阜県など、各地からもお寄せ頂きました。
c0202463_11090746.jpeg


c0202463_11093122.jpeg


◆冬物衣類や電気毛布にお餅を募集しましたが、
中にはこんな素敵な革のバッグが混ざっていて、
手に取った方が「早速身に着ける!」と、とても喜んでらっしゃいました。
c0202463_11095694.jpeg


◆チーム神戸の物資配布は、基本的に住民さんと共に運営されます。
荷降ろしや並べたり入れ替えたり片付けたり。
この日も冬の寒さの中で、ブルーシートに上がるのに皆さん靴を脱ごうとなさるので、
「寒いから靴のままで上がってね~!!」と声を張り上げました。

そして住民さんからあがる声は、「有難いねえ」に尽きるのです。
物資箱の中から時折出てくる同封されたお便りが有るのですが、
きちんとボランティアスタッフに渡して下さいます。
いつかこの同封されたメッセージたちも、
熊本のみなさんに見て頂けるよう掲示できたらなあと思ったりしているのですが。。
c0202463_11101883.jpeg

c0202463_14291880.jpg



◆こちらの自治会長さんは和やかな雰囲気作りの名人。
住民さんから「会長さん!これ似合うよ~!」と次から次へと帽子を被せられ。
c0202463_11104042.jpeg





◆夜には西原村の住民さんが催す集まりへ。
地震被害の大きかった地域の将来について、12月の熱い夜です。
c0202463_11111377.jpeg


c0202463_11113594.jpeg





◆皆さんからお寄せ頂いたお餅募金もこの日はまだ少なく、
購入できた数と配布先の軒数をすり合わせながら、
どの仮設住宅で配布すべきか熟慮に熟慮を重ね、
一軒分ずつ趣旨説明のチラシと袋に詰め合わせます。
事務所へ戻ってなんて時間はもったいないので、
寒風の中ホコリ立たぬ場所に車停めての作業です。
さあ!仮設へ!!

c0202463_11143079.jpeg
c0202463_11150756.jpeg
c0202463_11162798.jpeg



◆お餅配布の翌日は、次の物資配布仮設で告知チラシの戸別ポスティング。
70軒ほどを回る内に、その仮設ごとの雰囲気を掴んでいきます。
こちらの仮設はお子さん連れの若年世帯も多い様子。
介護用おむつを減らして子供用衣類を増やして‥と。
住民さんを見掛ければ立ち話も盛り上がります。
その会話の中から内包される問題を拾い上げ、
それらに対する支援策を練って行く。
顔を見て声を聴けば真実が浮上してくる
阪神・淡路大震災の時から一番的確な支援方法です。
c0202463_11165657.jpeg
c0202463_11174456.jpeg


◆この仮設住宅での物資配布日はあいにくの雨天でしたので、
狭いのは承知で屋内での配布会を行いました。
チーム神戸の物資配布会は特徴が幾つかあります。
①趣旨説明含むご挨拶から始まる
②譲り合う
③皆が欲しがる物や数の合わない物はジャンケンポン大会で恨みっこなし
④ゴミに至るまでみんなで片付ける

-以下は趣旨説明とご挨拶内容です-
「私達は皆さんの事を心配して来たボランティアです。
この場には居ない各地の支援者も、
みなさんの事を思い物資や資金を寄せて下さいました。
なのでここに有る品物は皆さんの物です。
それを託されお届けしたのがたまたま私達なので、
私達への遠慮やお礼は不要です。
ただ、ここにいらっしゃる皆さんは、
これからこの仮設で共に暮らす方々なので、
今日の趣旨をご理解の上、
ここで共に暮らす上で気持ち良く配布会が行えればと願っています。
では今日もよろしくお願いいたします。」

お陰で写真で見るより会場は混乱なく、
初めての住民さんたちとは思えないほどスムーズで、
じゃんけん大会では大笑いの配布会でした。

※高所に居るのはボランティアスタッフで、
見落としの無いよう次々と箱を開けていったり声を掛けたり。
c0202463_11220056.jpeg



◆こちらはお餅と子供達へのクリスマスプレゼントを配布した仮設の自治会長さん。
地域の行事で外出先からお戻りの際に記念撮影。
後の建物は仮設住宅内の集会所「みんなの家」。

阪神・淡路の際は「ふれあいセンター」
東日本の際は「集会所」
今回は「みんなの家」と、
呼び方は変わってもそこに立つ趣旨と目的は同じです。
c0202463_11202246.jpeg




c0202463_11183616.jpeg
c0202463_14290106.jpg

c0202463_14291125.jpg


◆プレゼントの中からお気に入りを見つけてさっそく遊ぶ坊やと、
自転車と荷物託され目を細めて眺めるお父さん。
暫くのご苦労ですが応援しているので頑張って下さい。
c0202463_11181284.jpeg



◆最後の配布はお餅でした。
熊本を立ち去る2日前に残高を郵便局で記帳した所、
新たな入金記録があり最後にもう一度お餅配布が叶いました!
とは言え12月半ばの店先には思いのほか品数が揃わず、
広範囲に渡り保有している店舗を片っ端から電話で確認。
やっと揃えたお餅を、住民さんやボランティアさんと急ぎ配布です。
本当に間に合って良かった~!!

助手席も後部座席もお餅だらけです♡
みなさん、本当にご支援ご協力ありがとうございました!
c0202463_11241513.jpeg

c0202463_14473963.jpg

ご支援ご協力下さった各地のみなさまの他にも、
現地でご協力下さった仲間の、
野口牧場のご家族・鈴木さん・稲田くん・榎元くん・宮本さん、
西原村で頑張るもくもくプロジェクトのみなさん、
東日本以来現地に駆け付けて下さるきょういく環境プロデュースの方々、
改めて感謝申し上げます。


[PR]

by startnagata | 2016-12-26 14:59 | Comments(0)