★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

カテゴリ:未分類( 532 )


2017年 04月 30日

7年目の支援

震災から間もない混乱期に、
湊小学校避難所に泊まり込み、
私のお手伝いに奔走して下さった
愛知県の女性がいらっしゃいます。

その後も何度となく石巻を訪ねてくれたり、
チーム神戸を通じて被災地支援を
継続なさっています。

今年の3.11はチーム神戸へのご寄付を辞退させて頂き、
彼女も深く関わられた方々が移り住まれる、
復興住宅の集会所へのご支援をお願いしました。

それが写真の絵です。

画家である彼女にこんなお願いをするのは悩みましたが、
苦労を重ね6年も経ち、改めて暮らしを構築して行く。
そんな住民の方々に、彼女からのエールと眼差しが
降り注がれたらどんなに素敵な事だろうと、
昨年その思いをご快諾頂き、
この作品の制作に取り掛かって下さいました。

震災直後の、あの惨状の光景と向き合った
彼女だからこそ、この街の人々に向けられた、
眼差しと願いが込められた作品だと、
私は梱包を解きながら感激をいたしました。

この場にて、改めて感謝を申し上げます。


◆写真では分かりにくいのですが、
1メートルほどの大きな作品です。
c0202463_18410066.jpg

c0202463_18413111.jpg

[PR]

by startnagata | 2017-04-30 18:06 | Comments(0)
2017年 04月 23日

熊本の素晴らしい春の日


今日は活動紹介以外にも、思わず撮ってしまった熊本の素晴らしい春景色もご紹介!
写真の腕はご容赦を。。



遅咲きや八重の桜がまだそこかしこに。
c0202463_17292608.jpg



桜に見惚れてたら足下には大っきな筍がにょっこにょこ!
さて、どーこだ?
c0202463_17260734.jpg

道路脇にも巨大タケノコが!
c0202463_17254518.jpg

朝寝坊して仮設への急ぎ路では巨大風船出現。
アレアレ?!昨日はなかったぞ~~~???
寝ボケてますね‥。
澄み渡る青空に気球がとても似合ってました。
c0202463_18031693.jpg

c0202463_18100756.jpg

ブルーインパルスの熊本応援飛行があるとかで、
轟音響く度に仮設の集会所からみんなで飛び出すんだけど、
指差す方向には何も見えず。。
これを繰り返すこと4~5回?
良い運動になりましたー♡
c0202463_17360310.jpg

今日のお手伝いは熊本学園大学のボランティアさんたち。
避難所時代からのご縁でしょうが、みなさんとても寄り添い上手で、
アドバイスの必要もなく力むこともなく自然に溶け込んでいきます。
昨日の熊本学園大生さん共々、1年に及ぶ現場実践でのスキルを十分に感じ取れました。
この結果に導かれた親御さんや指導された方々に、敬意の念を抱くばかりです。
c0202463_17352464.jpg


パパやママがお手伝いしてくれなくてもへっちゃらだね
おばあちゃんっこ、なんだも~ん。。
初めましての時は一人で歩けなかったのに
今日は自転車も!
おっきくなった~♡
c0202463_17345754.jpg


私の身長近くある立派な鉢植えはブーゲンビリア。
「きれいですね~!どちらからの支援ですか?」って聞いたら、
仮設の住民さんが育てた鉢を、
みんなで眺めてもらえたらって集会所前に3鉢も置いて下さったそうです!
昨日も今日も見惚れっぱなしのわたし。
ありがとうございました♡
c0202463_17343063.jpg


c0202463_17335752.jpg


もう私はお手伝いすること無いくらいの手際良さで、
今月もふれあい喫茶は支度から開催まで順調でした。
さてっと、来月の当番さん、どうぞよろしくお願いいたします♡
c0202463_17332113.jpg


[PR]

by startnagata | 2017-04-23 18:58 | Comments(0)
2017年 04月 14日

4月14日から一年の隔たり

4月になり各報道機関から頻繁に連絡をいただく。
私自身のメディア露出が全てではなく、
どこをどう取材するべきかのヒントをと言うと大袈裟ですが、
具体的な内容の事例などに基づき、
より効果的に熊本被災地の現状に照準を合わせ、
1年の番組作りに取り組もうとの姿勢ゆえの、
問い合わせや確認の連絡が続きました。

私ごときが素地になるのはおこがましいのですが、
いわば下調べのようなものだと理解しています。

質問の多くは各社とも似通う所もあり、ほぼ以下の様な内容です。
・1年目の被災者はどんな感じでしょう。
・1年目の仮設はどんな感じでしょう。
・1年目の被災地の状況はどんな感じでしょう。
・そしてそれぞれの問題点や対処法。

これらの質問にも男女差・家族構成・年齢・商業者・農家・自営業者・障がい者・健常者など、
それぞれの立ち位置によって大きく異なることの説明から始まるので、
全ての質問に知り得る事柄をお伝えし終えるには、
最短で30分、最長では2時間を超えた事もありました。

それでもお伝えすることで私自身の思考整理に至ることも非常に多く、
・熊本地震においては地域によって支援の隔たりが大きい点
・メディア各社からの定期的な報道が少なすぎる点
・小さな単位でのボランティア活動が特徴的な点
・被災当事者が支援活動に活発な参加が見受けられる点
等々を特徴と意識するに至りました。

そして私が知る事柄は氷山の一角であることを繰り返しながら、
この半月を過ごしました。

その結果がどのように、そして多少なりとも各報道場面に反映されたのかは、
残念ながら確認のしようもないのですが、
少しでも熊本に感心を向けその思いを持続して頂けるよう、
私としては最大限の時間を割かせて頂いたつもりです。

そして、今もボランティアの手が足りず苦慮している地域や活動があることを、
新聞、テレビ、ラジオに携わる方々に、
少しでも理解してもらえたのなら何よりなのですが。

何よりも各社共に、もっともっと熊本の被災地に足を運んで頂けるよう、
切望せずにはおれません。
c0202463_22395272.jpg

[PR]

by startnagata | 2017-04-14 23:40 | Comments(0)
2017年 04月 07日

被災後の『くらし環境』

災害により被災した場合、どのくらいの時間軸でその『暮らし環境』が移行するのか、
おおよそですがこれまでの公的な支援策の流れでは、以下のような変遷をたどります。

※勿論、それぞれに親族元へ避難したり、移住したり、建て直したり、
賃貸物件を求めたり、何らかの施設へ入所したり、様々なケースがあります。
また、以下の内容は私の被災地支援活動内での記憶を辿ったものですので、
あくまでも一例とご理解下さい。


 ◆避難所
期間:数日~数ヶ月(石巻市は7ヶ月)
内容:①指定避難所(学校や公的施設などの災害時に避難所として事前に指定をされた避難所)。
   ②指定外避難所(お寺・神社・病院・スーパー・ホテル・旅館・自治集会所・葬祭場・他)。

----------------------------------

◆仮設住宅
期間:5年ほど
   ※ここで多いのが「仮設住宅は2年」という誤解。
    東北の仮設住宅は、度重なる延長措置のもと、
    7年目を迎えた現在も残念ながら使用されています。
内容:①応急仮設住宅
   (簡易なプレハブ造りにもメーカーの違いで見た目や仕様が異なる場合が。
    他にも地産木を使ったログハウス造りなどもある。)
   ②みなし仮設
    東日本大震災時から取り入れられた「みなし仮設」制度は、
    既存のアパートやマンション戸建て住宅を仮設住宅とみなし、
    一定額の賃料補助を受けられる。

----------------------------------

◆復興住宅
期間:~~~終の棲家?
内容:阪神・淡路大震災では高層マンションタイプの建物がほとんどで、
   既存の公営住宅にはない浴槽などが設置されている。
   災害規模や被災人口によっては平屋タイプや2階建ての集合住宅も。
   賃貸に限らず、戸建住宅の建設用地の分譲の場合も。
  ※復興住宅は多くが市町村住宅として賃料算出されるため、
   家族人数の総所得額によっては民間賃料より高額になることもある。
   なので、復興住宅賃料支払うなら自宅再建し、ローン支払いを選択するケースも。
   よって、石巻市の復興住宅では3DK~4LDKなどが空室だらけという現状。

----------------------------------


益城町のある仮設住宅には物置きが設置されました。
c0202463_00194251.jpg



[PR]

by startnagata | 2017-04-07 00:28 | Comments(0)
2017年 03月 31日

益城町の仮設住宅でふれあい喫茶です

今回の熊本では3ヶ所の仮設訪問と1ヶ所でのふれあい喫茶開催です。
他にも熊本県社協へ出向いたり、
某大学のボランティアセンターの方々と意見交換など、
熊本に思いを投資するがごとく過ごしました。

タイトスケジュールは相変わらずですが、
今回はお陰様で体調も崩さず、スムーズに運びました。
(自画自賛はお恥ずかしい限り‥)

それでも課題は山積みで、自分の力不足を痛感しつつ、
関係各所への働きかけは継続したいと強く思い抱いています。

さて、ムニャムニャとしか言えないことはこの辺りで切り上げ、
今月の「ふれあい喫茶」について書き出します。


◆今月は住民さん有志から「当番さん」が6名です。
前日からお料理の下ごしらえや使う道具や諸々の支度に打合せ。
この打ち合わせさえもコミュニティ作りの延長線ですから、
私は必要最低限しか手も口も出しません。

ただニコニコと皆さんの様子に目を細めながら、
それぞれに工夫をこらしたり、丁寧な手元を眺め入りながら、
時折来る、皆さんの「気兼ねと遠慮を含む譲り合い」にのみ、
頼りないながらも助言させて頂きます。

基本的に、ここの様式はここの人たちが見つけ出す。
その様式が迷子になりそうな時だけ、
意見の組み立てのお手伝いに私が居れば良いと思っています。

何より皆さんしっかりと自立し、
地域の社会生活を営んで来られた方々ですから、
本質は十分に理解なさってますし、それだけの経験もお持ちなのです。

時には私が学ばせて頂くことも少なくありません。

c0202463_23473014.jpg

c0202463_23475720.jpg


◆おおよそこの状態が4回転します。
老若男女が共に朝食をとる。
「大きな家族に育っていくこと」
それが私の何よりの思いです。

c0202463_23503430.jpg



◆今月もABC放送の「ほりナビ!!」のヘビーリスナーさん、
「大阪のおばちゃん」さんからみなさんへの贈り物が。
子供たちを中心に、仮設の方々にお配りさせて頂きました。
c0202463_23485168.jpg



◆背景と同化して見えにくいかもしれませんが、
ボードを立て掛けているのは立派なイーゼルです。
イーゼルの贈り主も熊本の方で、
この日はお手伝いではなく参加者として見学して頂きました。
ボランティアだっていきなりテキパキなんて無理な話です。
先ずは見学者として、馴染んでもらうことが継続には大切かと。
学ぼうとする、彼女の姿勢が私には宝物に思えるのです。

「そんな事あんな事なんでも出来るもーん」
そういう器用だと思い込んでるボランティアさんが、
大きくて大切な意義を見い出す前に、
活動を収束する姿を嫌というほど見て来ました。

ボランティアとは公益活動です。
いかに労力を費やし、知恵を振り絞り、不公平に立ち向かうか。
その繰り返しが被災者の笑顔につながるのです。
この日はNHKアナウンサーくんが関西からラジオ取材に来てくれました。
彼も時にボランティアとして活動してくれます。

渦の中心と外側。
中心の経験者が増えること。
それが肝心です。
c0202463_23483207.jpg






[PR]

by startnagata | 2017-03-31 00:51 | Comments(0)
2017年 03月 12日

しめやかに おだやかに なごやかに


あの日から6年目の3月11日
言葉に尽くせない苦しみの中から、這うようにして今日に至った方々。
その方々が、これからの穏やかな暮らしに少しでも近付ける事を、
この一年、拙いながらも模索し続けてきました。

そして、チーム神戸事務所でこれまで行われてきた追悼茶会を、
新設の湊町復興住宅に移し、より多くの地域住民の方々が、
共に労い、慰め励ましあえる、そんな時と場所を住民の方々と
作れたらとの一心で、昨年秋より歩を進めてきました。

旧交を温める元ご近所さん。
辛い報告に涙する方。
支援にお礼の尽きないと手伝ってくださる方。
今度はご自分たちが頑張らねばと率先して動かれる方。
倒れたお花に手を添えてくださる方。

どなたもが、優しさを持ち寄り参加して下さったことが、
私にとっては何よりの糧で、励ましとなりました。

そんな私達の考えやこのまちの方々への思いを、
各地の仲間から支えて頂き、無事に3.11を過ごすことが叶いました。

様々な後始末で事務所も心も未だ慌ただしく、
言葉やわずかな写真では、思いの全てや取り組みは上手にお伝えできず
もどかしいばかりですが、まずはご報告とお礼にかえての投稿です。

そしてこの6年の間に亡くなられた方々にも、心からのお礼と報告を。




◆朝陽の中、石巻の海は穏やかにきらめいていました。
その海に向けて、東北ユースオーケストラの有志による献奏から始まりました。
暮らす人々のためにこの海が荒ぶること無く、
時をとめた方々の魂が安らかであることのみを願って。

c0202463_12225389.jpeg


◆復興住宅での始まりは、各棟の屋上に設けられた「一時避難所」の見学から。
有事の際に自分たちが避難することをイメージしながら、
階段を登る方や備品を確認する方々。
そして大半の方が街の光景に言葉をなくします。
これまで高い建物が殆どなかったので、初めて目にする高所からの街の変化に、
きっと色んな思いがよぎった事と思います。
c0202463_12334341.jpeg


◆冷暖房はなく照明器具は蛍光灯のようでした。
カーテンレールは付いてましたがカーテンは有りません。
掃き出し窓の向こうはベランダが。
c0202463_12325752.jpeg

◆防災備蓄品の全て。
c0202463_12341074.jpeg



◆緊急時にはカマドとして使えるベンチ。
テントは当方で用意したもので備え付けではありません。
実際の使用に際しては、薪なのか炭なのかガスコンロなのか、
それによってレンガ敷きの地面側への設備が必要なのですが、
鍵がかかっていたりその鍵の管理など、
現実的な取り扱いには解消せねばならない問題点が、
未だまだ有ることを理解してもらえました。
このベンチは工具と鍵がなければ使えません。
果たして緊急時にそれらがちゃんとこの場に揃うのかも疑問です。
c0202463_12364629.jpeg



◆こちらはトイレになる防災ベンチ。
女性でしたら4人ほどで座面を動かせました。
座面を外すだけなら鍵も特殊な工具も必要なく。
c0202463_12383185.jpeg



◆とは言え座面を外してから一作業です。
使い方を知ってるのは私だけですが、決して手は出さず。
みなさん説明書を読みながら声掛けながら、
必然的に共同作業がそこかしこに発生します。
c0202463_12384807.jpeg


◆こちらは備え付けられる便座の座り心地をチェック?
ええ、大事なチェックです!
c0202463_12373764.jpeg


◆トイレ壁面は骨組みとテントで出来ていますが、
震災時の経験からその重要性を経験している方々は、
設営と撤収まで本当に真剣でした。
c0202463_12371747.jpeg


c0202463_12380486.jpeg




◆備えの後は追悼の時間に。
小・中・高・大生による演奏会は励ましたり励まされたり。
会場いっぱいの住民さんに見守られ、彼らの思いが音楽となって広がります。
気付けば会場の外にも、キッチンにも廊下にも。
奏でる人と聴く人の間に、大切な心が行き交っているような時間でした。
c0202463_12391442.jpeg


◆小雪混じりの中をずっと屋外で頑張って下さったのは炊出し協力の方々。
機材運搬などこの日のために陰で支えて下さった、
ライオンズクラブ石巻中央と、
サンファンビレッジの方々には本当にお世話になりました。
お陰で心も集会所も暖かく、何よりからだもポカポカと温めて頂きました。
c0202463_12393705.jpeg




◆他にも、開催に向け京都で街頭募金を行ってくれた方々。
各地から届けて下さった花々や美味しいお茶やお菓子。
そして各地から手伝いに駆け付けてくれた面々に、
地域の方々に代わり、改めて心から御礼を申し上げます。
c0202463_15180613.jpeg







[PR]

by startnagata | 2017-03-12 15:26 | Comments(0)
2017年 03月 10日

各地から寄せられる想い

明日に想いを寄せた品々が届けられています。
ご苦労なさった方々と尊い命への想いです。

集会所に架けられる絵
会場を柔らかに彩る花
お茶のみ話を弾ませるお菓子たち

今日の配達担当の方もご家族を4人亡くされてます。
明日は会場に直接届けられるよう調整して下さいました。
せめて支援への感謝だとつぶやかれました。

各地のみなさんにも、石巻のみなさんにも感謝です。
c0202463_12024760.jpeg

c0202463_12031313.jpeg

c0202463_12033074.jpeg

c0202463_12040368.jpeg

[PR]

by startnagata | 2017-03-10 12:02 | Comments(0)
2017年 03月 08日

石巻市内の津波避難ビル・避難タワーのリスト

石巻市に現在ある津波避難ビルと避難タワーのリストです。
【2017年3月現在】

避難ビルは民間のビル(社屋やパチンコ店など)に外階段などを設置し、
屋上などの高所へと避難可能にしたケースがほとんどです。
その場合は建築に際して公的資金が投入されます。
※以下のリストで「締結日」と記載されているのは民間の建物です。
また「指定日」と記載されているのは復興住宅など公的な建物です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<津波避難ビル>
第1号   大興水産株式会社(締結日:平成24年12月4日)
第2号   サービス付高齢者住宅 はなことば石巻(締結日:平成25年2月14日)
第3号   宮城エキスプレス株式会社(締結日:平成25年5月13日)
第4号   東海カーボン株式会社(締結日:平成25年6月27日)
第5号   日野測量設計株式会社(締結日:平成25年10月15日)
第6号   社会福祉法人 石巻祥心会フェイシス(締結日:平成25年11月29日)
第7号   石巻港湾合同庁舎(締結日:平成26年6月5日)
第8号   阿部勝自動車工業株式会社(締結日:平成26年10月23日)
第9号   株式会社上野総建(締結日:平成26年12月22日)
第10号  社会福祉法人みやぎ会 特別養護老人ホームはしうら(締結日:平成27年3月13日)
第11号  湊水産株式会社(締結日:平成27年3月16日)
第12号  アムズガーデン石巻湊店(締結日:平成27年4月14日)
第13号  石巻市営吉野町復興住宅(指定日:平成27年4月30日)
第14号  石巻市営黄金浜第一復興住宅(指定日:平成27年4月30日)
第15号  石巻市営大街道西第二復興住宅(指定日:平成27年9月18日)
第16号  石巻市営大街道北復興住宅(指定日:平成27年9月18日)
第17号  石巻市営黄金浜第二復興住宅(指定日:平成27年9月18日)
第18号  石巻市営中里一丁目復興住宅(指定日:平成27年12月1日)
第19号  石巻市営中央第二復興住宅(指定日:平成27年12月1日)
第20号  石巻市営駅前北通り復興住宅(指定日:平成27年12月1日)
第21号  石巻市営不動町復興住宅(指定日:平成27年12月1日)
第22号  石巻市営筒場復興住宅(指定日:平成28年3月18日)
第23号  石巻市営新沼復興住宅(指定日:平成28年3月18日)
第24号  協業組合石巻廃棄物処理センター(指定日:平成28年3月31日)
第25号 石巻市営中央第三復興住宅(指定日:平成28年10月1日)
第26号 石巻市営大門町復興住宅(指定日:1・2号棟 平成28年10月10日、3・4号棟 平成28年12月17日)
第27号 石巻市営湊町復興住宅(指定日:平成28年10月15日)
第28号 石巻市営門脇東復興住宅(指定日:平成28年10月29日)
第29号  石巻市営新館復興住宅(指定日:平成28年12月17日)
第30号  石巻市営三ツ股第二復興住宅(指定日:平成28年12月18日)
第31号  石巻市営門脇西復興住宅(指定日:平成28年12月17日

<津波避難タワー>
第1号  大宮町津波避難タワー(供用開始日:平成27年3月27日)
第2号  魚町一丁目津波避難タワー(供用開始日:平成27年12月15日)
第3号  魚町三丁目津波避難タワー(供用開始日:平成27年12月15日)
第4号  西浜町津波避難タワー(供用開始日:平成28年3月24日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆避難ビルの一例。建物の右角にある緑のマークが目印です。
避難対象者は地域住民・周辺で働く人・通勤通学や諸々で
周辺にいる、有事に際し避難が必要なすべての人々が避難対象です。


c0202463_12112147.jpg



◆こんな風に目立つよう看板が取り付けられていたりもします。
これは東北の被災地以外にも増えてますので、
皆さんもご存知かもしれませんね。

c0202463_12132650.jpg



◆ビルやタワーに目立つよう設置されているマーク。

c0202463_12130808.jpg



◆こちらは避難タワー。
石巻市の場合はスロープはなく階段のみの不親切な作りです。
せっかく新設するならもっと合理的な配慮がなされるべきですね。
署名運動など声を上げる市民は多かったと思うのですが、
無視されたのでしょうか。
お粗末な命の守り方が、次なる犠牲を生み出すとの想像力と責任感に欠け、
非常に残念です。。

c0202463_12123989.jpg




[PR]

by startnagata | 2017-03-08 13:15 | Comments(0)
2017年 03月 04日

3月11日に向けて

知っている誰かにだけではなくて、
どこかにいる知り得ぬ悲しみにも思い遣る心を。

そんな小さな思いやりが集まり、
このまちに暮らす人々を大きな愛情が包みます。

今日のお手伝いは仙台からのお二人。
小学6年生と大学生。

寒風と舞い上がる土埃の中、自転車や徒歩で
3月11日のお知らせを各戸にポスティングしてくれています。

見知らぬ町の方々を、思う心が彼らを動かしてます。


ー3月11日 午後2時46分ー
それぞれの暮らしの中で、
あの日とあの人々に想いと祈りを寄せ、
場所は違えど同じ時間に、一緒にお茶しませんか。

今年は復興住宅で催します。

※この活動はFacebookのグループページでもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/groups/1444438605848207/1732465190378879/?notif_t=feedback_reaction_generic&notif_id=1
c0202463_16545332.jpg

c0202463_16232851.jpeg


c0202463_16231238.jpeg




[PR]

by startnagata | 2017-03-04 23:11 | Comments(0)
2017年 02月 27日

誰に寄り添うべきか

昨日も賑やかに、そして和やかに「ふれあい喫茶」を
熊本県益城町の仮設住宅にて催せました。





◆メニューはトースト・サラダ・ゆで卵・飲み物各種(おかわり自由)
c0202463_17194330.jpeg



今月からは参加費100円の有料です。
(子供たちは無料)
初回は仮設住宅で有料の活動はいかがなものか、
馴染まないのではと様々な意見があり、
こちらの説明も浸透せず無料で催しましたが、
みなさんからの理解を得ることが出来、
今回からは100円の有料となりました。

心配していた参加者の方々からも、以下のようなお声を頂きました。
「100円でも払うことで気軽に参加できる」
「気兼ねせんで来れるわ」
「なんぼでも払うけん続けてくれんね」(←豪快な冗談です)

100円有料とした大きな理由は3つ。
その1つは以下の思いからです。

私自身がかつて被災者だった頃に、
「支援を受ける」事に対し、感謝と共にとても大きな抵抗がありました。

支援者からの思いやりは重々理解できていても、
初めて「被災者」となり、選択肢与えられないままに
「あなたはこちら」と線引きをされ、
流れ作業で物を渡される様子に屈辱を感じ抱く事もありました。

自分がへそ曲がりゆえの屈折した考えだとも理解できていましたが、
それでも、色々な物事を失い行き場のない心を引きずる。
そんな時だからこそ、崩折れそうな自分の感性を大事にしてやりたくて、
列に並ぶことよりも空腹を選びました。

そして友人知人にも似通った被災者は多く、
震災で失くしたことの悔しさと、
施しを受ける立場に在ることの悔しさや情けなさに、
かたくなに拒み続ける被災者と、その後たくさん出会ってきました。

支援者の目線で見れば可愛気のない被災者だと思う。
けどそんな可愛気のない被災者も居るんだと、
そんな被災者の空腹をどう満たせばよいのかと、
いつも心の隅に置き活動してきました。

朝食は普段通りに自宅で済ませることが出来ます。
けど支援者と被災者の間に100円玉が行き交うことで、
何かしらの気軽さや選択肢を生み出せれば、
自助から共助へ、そして選択した上でのコミュニティ。

量から質への転換期だと、心が騒ぎます。



◆初の有料開催で出足が鈍りましたが、初回の7割ほどの参加者に一安心。
そして次回も新たなチャレンジは続きます。
お世話役は当番制にし、来月は5名の方のお世話役が名乗りを上げて下さいました。
「支援者」という枠も独占せずに、みんなのコミュニティに育つよう願っています。

※ちなみに1人分の材料費はおおよそ250円ほど。
 高校生までの子供は無料
 外部からのボランティアは200円
 この日は兵庫県からのボランティアさんが1000円入れてくれたり。。
 そして、一旦お預かりした収益は、夏休みや9月の敬老の月に
 「ふれあい喫茶・拡大版」として本仮設住宅に還元させていきます。
c0202463_14444604.jpeg


◆東北支援から連携する兵庫県のNPO団体「教育環境プロデュース」は、
この日で3度めの熊本支援活動。
「また来てくれたの~!」「また来ましたー!」と、
前日からのお手伝いや子供たちとの遊び場作り。

ふれあい喫茶当日はハンドマッサージやアロマスプレー作りも。
そしてふれあい喫茶にお越しのご高齢者への介助など、
縦横無尽に動いてくださって、安心して任せられ本当に大助かりでした。
c0202463_14463280.jpeg

◆Jリーグならぬシェイリーグとあだ名の付いた兵庫県から初参加の青年は、
子供やお年寄りに寄り添い人気者に。
「明日も来るんなら集会所に泊まってけよ、ねえ、、」と男の子にせがまれてました。。
c0202463_14452293.jpeg







[PR]

by startnagata | 2017-02-27 16:56 | Comments(0)