★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

カテゴリ:未分類( 554 )


2017年 11月 11日

復興工事は大切…

昨深夜の突き上げる地震にもまして、復旧工事の振動に悩まされた毎日。


食器棚の器たちは微振動に音響かせながらズレて行き、事務所中の物たちが、9〜5時で音を立て続ける。


おまけにフェリーの底に居る様な微振動を体に受け続け、実は今回の滞在中は頭痛薬が手放せなかった。


デスクワーク中も電話中も、音と振動のワンセットが、止んだり始まったり大きくなったり小さくなったりと、繰り返す様に集中力を打ち砕く。


市に問い合わせると県の工事なので、現場に直接出向くようとの事。


3日ほど我慢し堪えきれずに出向くと、現場監督はかつてチーム神戸のボラセンで活動したお方とかで、丁重に当時のお礼を言われた。


そして今しがた、今月の掘削工事は今日までで、続きは来月だとわざわざ報告に来てくれた。


本当はもう少し予算かければ振動の少ない工法が有るらしいけど、各所のすり合わせなのか簡単ではなさそう。


もちろん頑張って我慢はするけど、船酔いの様な身体を引きずり、眉間の奥の重だるさにまともに仕事出来ない状態だけは、何ともしようがなく辛い。


来月の石巻、気が重い。。



◆事務所周辺の工事箇所は数え切れず。

市・県・国とその工事によって担当もそれぞれ。

ひどい日は事務所の左右でそれぞれの目的異なる掘削工事が。

耐え切れず牧山に逃げましたが、12月の寒さではそうも行かず。。

c0202463_16423971.jpeg



◆女川街道、湊小学校前の歩道橋も新しくつけ変わりました。

c0202463_16431795.jpeg


[PR]

by startnagata | 2017-11-11 16:38 | Comments(0)
2017年 11月 05日

「津波の日」の防災訓練

11月5日は国連が定めた世界津波の日とかで、
石巻も市内各所で避難訓練・防災訓練が行われました。

そしてチーム神戸が3.11以降関わる湊地区の復興住宅で、
住民さん達と前日当日とお手伝いに参加しました。


◆朝9時の防災サイレンと共に訓練開始。
階段を使って屋上の一次避難所を目指します。
この日杖を使う方はエレベーターで誘導しましたが、
本当に地震による津波が迫っているなら、
ライフライン寸断されおぶったりすることも想定しなくては。
c0202463_17303287.png



◆屋上にある一次避難所。
暮らす避難所ではなく、一時的に津波から身を守る「高台」としての位置づけです。
c0202463_17354525.jpeg



◆備蓄品の確認や、この後組み立てる仮設トイレの運び出しを。
c0202463_17363675.jpeg



◆これまでも何度か行ってきた仮設トイレの組み立て。
今日は違う顔ぶれですが、地域の人全部が覚えられたら心強いですね。
c0202463_17365605.jpeg



◆はい!出来たら入ってみましょう。。
c0202463_17371810.jpeg




◆こちらは炊き出し訓練。他にもお漬物が。
昨日からの下ごしらえ作業で私の腰痛はMAXに。
お姉さま方の体力について行けない情けなさです。
c0202463_17375238.jpeg


◆一通り行った後は懇親会。気付けば手元にどこからかビールが?
いつも縁の下の力持ち功労賞へのご褒美ですね!
c0202463_17382192.jpeg


◆こちらはみかんを食べながら仲良くおしゃべり。
c0202463_17391277.jpeg

◆おーい!降りておいでよ~!!
c0202463_17394378.jpeg


◆そして地元石巻の音楽グループが場を和ませてくれていました♬
c0202463_17384878.jpeg




◆みんなで賑やかに美味しくいただきました(^-^)
c0202463_17401723.jpeg










[PR]

by startnagata | 2017-11-05 19:25 | Comments(0)
2017年 11月 03日

益城町 10月のふれあい喫茶

各地に大きな爪痕を残した台風21号を前に、
益城町の仮設住宅でいつものようにふれあい喫茶を催しました。
台風の進路や規模によっては中止の予定で神戸から向かいましたが、
熊本からは少し反れ、お陰様でいつも通り催すことが出来ました。



◆いろんな世代が集います。
彼女は最年少。近頃おしゃべりが上手になってきました♡
c0202463_19442115.jpeg

c0202463_19435454.jpeg




◆外は風雨も落ち着き始めて
c0202463_19431022.jpeg



◆飛んで行きそうな物は全部端に寄せて。
c0202463_19422113.jpeg



◆集会所の大黒柱には「大阪のおばちゃん」さんが贈ってくれた、
色紙細工がみんなを見守ります。
今回の九州滞在では風邪に寝込み、廻った先も写真も少なめです。
寒暖差厳しい頃ですので、みなさんもご自愛下さいね!
c0202463_19424621.jpeg


[PR]

by startnagata | 2017-11-03 21:42 | Comments(0)
2017年 10月 23日

朝倉支援

避難所も統合繰り返し応急仮設住宅やみなし仮設に多くの被災者が移られましたが、
在宅の方々も何かしらの被災を受け、疲労困憊の秋を迎えています。
そんな被災地で小物作る女性たちがいらっしゃいますが、
その制作品を、先日神戸で開催されたライブコンサート会場で販売してきました。

協力して下さったのは神戸在住のバンド『ガガガSP』。
地元神戸で開催のライブイベント「長田大行進曲!」にチャリティ出店させて頂きました。

その際の売り上げのお渡しと、被災し閑散とした地域の憩いに少しでもなればと、
先日、太宰府市在住の仲間とお茶会を催してきました。

何より嬉しかったのは、神戸のライブ会場で出会った北九州市在住の方々が、
お茶会の話を覚えてくれていて訪ねて来てくれたことです。

この活動を朝倉市をはじめ、九州北部豪雨の仮設住宅で行えればと思っています。


◆地元の方々は写らぬよう配慮し、地元の方が撮って下さった写真です。。
メニューはお抹茶・紅茶・コーヒー・日本茶諸々と多種多様。
7月5日から続いた豪雨のこと、その後の混乱期のこと、今も続くご苦労など、
色んなお話を耳にしました。
素敵なお庭の住民さんは、熊本地震で被災後朝倉に移住され、再度豪雨で被災されました。
c0202463_18242929.jpg



◆町の様子は未だ変わらず。
c0202463_18554756.jpg
c0202463_19585158.jpg



◆9月30日10月1日の二日間、神戸でガガガSPが催した「長田大行進曲!2017」
c0202463_19575271.jpg

◆チーム神戸ブースはとても地味でした。。
(因みにお隣はマキシマム ザ ホルモンさんの物販ブースで大行列が!)
c0202463_19572102.jpg


◆朝倉や熊本の被災女性が手作りした可愛らしいアクセサリーたち。
敷物になってる布は、チーム神戸特製の手ぬぐい。
ガガガSPボーカルのコザック前田くんと私の、当時喫茶店でのやり取りが染め抜かれています。
お買上げの皆様、その機会を下さったガガガSPと関係者の方々、
本当にありがとうございましたm(__)m
c0202463_19582286.jpg







[PR]

by startnagata | 2017-10-23 20:18 | Comments(0)
2017年 10月 08日

9月24日 益城町仮設で敬老祝い&ふれあい喫茶

昨年の6月に足運びはじめ、物資配布や
コミュニティイベント開催などを繰り返してきましたが、
今月はふれあい喫茶と同時開催で、
敬老祝いのお赤飯をお配りしました。

対象年齢は65歳以上。

まだまだお若いご年齢とは思いますが、
グリーンコープさんから、8月のちびっこ夏祭りの
収益をお寄せ下さるとの事でしたので、
その額に応じて住民さん達と相談の上、
65歳以上の方々にお配りいたしました。

高齢扱いは眉ひそめる方も多いのですが、
贈り物を頂くのは嬉しいもので、
私も○年後には65なのよ〜!と大笑い。


◆ふれあい喫茶終了後に住民さんと賑やかにお届け。
c0202463_18021299.jpg

c0202463_18032451.jpg


[PR]

by startnagata | 2017-10-08 00:01 | Comments(0)
2017年 09月 25日

石巻の復興住宅で地域交流会を開催しました。

石巻・熊本・福岡・神戸と、7月から4ヶ所を行き交いながらの活動です。
災害から6年半・1年5ヶ月・2ヶ月・22年半と、
発災から復興への道程を、時にタイムワープするような気分ですが、
去る9月17日は入居開始10ヶ月の石巻の復興住宅で、
地域交流イベントを開催いたしました。

あいにく大型台風18号に三連休を囲まれたような悪状況でしたが、
開催内容や時間の規模縮小を図り、また地元企業や団体のご協力を得て、
お陰様で和やかにそして無事に催すことが出来ました。

何よりも復興住宅の自治会とその住民さん達による功績は大きく、
在宅の方々や他の復興住宅の方々もたくさん残し下さって、
そこかしこで同窓会の様子が繰り広げられていました。

入居直前や入居間もなく亡くなられた方々もいらっしゃるのですが、
お一人お一人の顔を思い浮かべ、ご一緒できてたらと悔しさも。

とはいえ、こうやって地域交流の場を生み出すことが、
このまちで心温かく暮らす一筋の希望になればと、
東京や長野から駆け付けてくれた友の唄声に、
心から、心から、そう願い過ごしました。





c0202463_00293127.jpg

c0202463_00311218.jpg

c0202463_18062997.jpg

c0202463_00283911.jpg

c0202463_00290000.jpg

c0202463_00281019.jpg

c0202463_00323102.jpg

c0202463_18065380.jpg

c0202463_18044553.jpg

c0202463_08363338.jpg

c0202463_00273374.jpg



[PR]

by startnagata | 2017-09-25 21:54 | Comments(0)
2017年 08月 24日

未だ続く被災地での暑さ対策

朝倉での泥出しや熊本の仮設支援など、この夏の熱中症対策に活用した道具。
電池式の噴霧器です。

c0202463_06021902.jpg
東日本大震災の際には殺虫剤を入れ、ウイルス感染対策にウジやハエ駆除に使いましたが、
今回は、水に少量のアロマオイルを入れ人に向け使用しました。
※害虫駆除に用いたのとは別の機械ですからご安心を。。


そして奇遇にもちょうどこの投稿文を作っている時に、
とてもユニーク且つ効果的な方法がメッセージにて寄せられました。

水に浸して絞ったTシャツを着用されるそうです。

もちろん場合に応じてですが、体温を下げる効果は大きそうですね!





[PR]

by startnagata | 2017-08-24 06:12 | Comments(0)
2017年 08月 23日

高齢者の防災用品を考える

長い時間を掛けその必要性を理解してもらい、
やっと取り掛かった母の緊急時の防災用品。

色んな物事が忘却の彼方に去って行くお年頃ですから、
毎度の説明を根気よく繰り返しながら、
やっと本格的に取り組めました。

そして本人曰く。
「そうか、◯◯は数日もすれば届くのか、、」と感心しきり。

そうです。
無人島に引っ越す訳ではないのです。
数時間から数日間で、救援物資は受け取れるのです。

大げさに考えず、身の回りの最低限必要な品を見極めまとめる。
以下ご参考にでもなれば何よりです。


◆衣類
羽織れる綿シャツ・肌着・靴下・トレーニングズボン・紙パンツ・雨合羽上下

◆文具
カッターナイフ・油性黒マジック・ボールペン・メモ帳・懐中電灯

◆飲食品
水(500CC 2本)・アルファ米(3袋)・ポン酢(小瓶※母にとっては重要な調味料のようです)・塩昆布(小1袋)・飴(5~6粒)

◆衛生用品
45リットルポリ袋2枚・レジ袋3枚・輪ゴム2本・歯磨きセット・タオル2枚・尿とりパッド5枚・絆創膏大小5枚・爪切り・トイレットペーパー1玉

◆貴重品
保険証・障害者手帳・外国人登録証はA3用紙1枚に、まとめてコピーした物を折り畳んで。
お薬手帳 ※これを診療継続中に全ページコピーしておくのか、いや出来るのか、
原本を持ち出す余裕と認識が本人に保てるのか、悩みどころでまだ結論に至っていません。
日々使用している義歯と薬は非常用品にまとめる事は出来ないので、
普段から置き場所を決めており、万が一の時には持ち出すようにと繰り返していますが、
さて、現実となった時の万全の策はいかがなものでしょうか。


おおよそこんな所ですが、特徴としては、2年ほど前に膝に人工関節を入れ杖歩行であること、
腎臓や消化器系に持病を持つ母の体力と体調を重視し、上記の多種多様な品々を、
それぞれ少量にすることで軽量化を図り、背負う体力のない母の歩行の支えになるよう、
キャスター付きバッグの希望を取り入れました。

他にもシャンプー・リンス・ブラシ・着替え・ブランケット等々、
本人要望の品々が有りましたが、数日もすれば届くと理解してもらい、
あくまでも現実的なサイズ感と軽量化を重視しました。
c0202463_21324535.jpg


しかくリビングの手すりにファスナーテープでスタンバイです。
c0202463_15550471.jpg


◆以下の写真は我が家にある非常食のアルファ米3種ですが、
その賞味期限の記載箇所を見つけるのが、高齢な母にはとても困難たったようです。
一番下の「尾西の田舎ごはん」の様に、表面に大きく記載されていれば
高齢な母にも伝わりやすく、非常食として成立するのではないでしょうか。


アレルギー対応の非常食などの多様性を期待するばかりですが、
せめて賞味期限の表示は大きく表面側に、全ての社で規格統一して頂ければと痛感しました。
c0202463_21322393.jpg

[PR]

by startnagata | 2017-08-23 00:41 | Comments(0)
2017年 08月 20日

『田原ちびっこ夏祭り』無事開催のご報告!

チーム神戸が昨年の入居開始時から支援活動を行う、
熊本県益城町の仮設住宅。

その仮設と、仮設のある地域と、そして各地のボランティアが合同で、
『田原ちびっこ夏祭り』開催実行委員会を立ち上げ、
今日の晴の中、無事開催する事ができました。


◆数回の打合せでもそうでしたが、テントに机やイスに発電機と、
資機材の持ち寄りや設営撤収など、地域の方々が大活躍して下さいました。

地区の重鎮たち・PTAの皆さん・震災当時から奔走し大活躍の消防団の面々。
中にはここから離れた仮設に入居中の方もいらっしゃったり、
軒先避難で自宅改修された在宅の方や、みなし仮設の方など、
殆どの方が被災された身の上で、仮設であれなかれ、
みんなで乗り越えようと惜しまぬ協力を寄せて頂きました。
c0202463_22511164.jpg
◆そうして着々と芝生広場に設営がなされ・・
c0202463_22515684.jpg



◆特筆すべき点は多々有るのですが、その中でもコレ!!
写真左側に写るアイスクリームの陳列ケース!
地域住民の方が貸して下さったのですが、
このお陰で氷やアイスキャンデーの保存がスムーズで、
本当に夏の行事としては大助かりアイテムでした~!
c0202463_22521534.jpg



◆あれ?あれあれ??
設営一段落でホッとしていたら、なんだか人だかりが?
もしやと思って駐車場に目をやると、ほぼ満車?!

地区長が教育委員会への後援取付けや、
各区長への連絡網に防災無線に至るまで事前告知を進めて下さって、
地域の方々に周知されていたので、開始時間早々に来場客が起こし下さってました。

そして仮設の方々もお孫さんたちにお声掛け下さって、
猛暑のなか賑々しく夏祭りが始まりました!
c0202463_22534601.jpg




◆数日に及ぶ準備も一段落の田原地域の方々。
「子供のための行事ですからアルコールは販売しません」
「飲みたい方は各自持ち込みです」
私の意見に区長さんは「それがよか!」と一番に賛同して下さって、
設営完了後にやっとひと息です。
本当に、感謝に堪えません。。
c0202463_22540858.jpg




◆こちらは遊び屋台の「コイン落とし」コーナー。
担当するのは兵庫県姫路市からのNPO「きょういく環境プロデュース」の面々。
兵庫県教委とPTAの方々で、ちびっことの関わり方はプロ中のプロ!

毎月のふれあい喫茶でも仮設支援に関わってくださってますが、
今回は音響機器などの大物を積み、遠路車を走らせての登場です!

なんてったって今日の判定基準の甘いのなんの~
本当は水の上から1円玉を落とし水槽の中のコップに入れるゲームなのですが、
あれれー?
手首まで水の中ですよ~
そう、ちびっこたちが喜ぶのが何よりですから、これで良いのです!
先生方。さすがの判定基準とこちらも学ばせて頂きました。
にしてもこのゲーム子供たちにも大人気で、途中で景品を買い足しに行くほど。
1回10円でハズレても残念賞の景品はアイスキャンデー。
コインが的のコップに入れば、アイスキャンデー+おもちゃやハンカチなどの
景品がもらえるという、大盤振る舞いのコーナーでした♡

きっと今頃はホテルでグッタリのはずです。。
c0202463_22562998.jpg

c0202463_22572619.jpg



◆区長・仮設自治会長・消防団・グリーンコープ・熊本学園大・きょういく環境プロデュースと、
実行委員の各代表に自己紹介を兼ねたご挨拶をにお願いしました。
c0202463_22555502.jpg





◆宮城ナンバーのカラフルな軽トラックには絵本が山積み。
そう、移動図書館なのです!
ここで読むのも勿論のこと、気に入った一冊をプレゼント!
写真向こう側にも読書好きの子たちが♡
c0202463_22575424.jpg





◆本を読んだりお絵描きしたり、移動図書館横にはこんな素敵なスペースもご用意されてました♡
c0202463_23000921.jpg




◆石巻の被災企業の社長からご紹介頂いたご縁のグリーンコープさんは、
カレー・かき氷・綿菓子・すいか割り・
スーパーボールすくい・ストラックアウト・輪投げと、
本当に大活躍をして頂きました。

東北でも支援活動を継続中で、同時に熊本や、
九州北部豪雨災害の被災者支援も進行中なのですが、
慌ただしい中、快く20数名のボランティアさん達が対応して下さいました。

ちびっこが主役の夏祭りですから、勿論カレーは優しい辛さ。
かき氷の蜜も合成着色料や保存料ナシ。
カレーの食材表示もしっかりと、すべてが安心できる内容でした。
c0202463_00210704.jpg

◆グリーンコープさんの「遊びコーナー」は熊本学園大生さん3名が担当してくれました。
他の仮設でも子供支援を行っており、ちびっこたちとの触れ合い方は慣れたもので、
彼らの今後の活躍にも期待弾む思いでした。
c0202463_22585295.jpg



◆輪投げコーナーの写真は子供たちの笑顔バッチリだったので、
この看板写真でご容赦下さいね♡
c0202463_22595215.jpg



◆さあ!グリーンコープさんの催す「スイカ割り大会」前半です。
前半はちびっこ限定なのですがアッという間に参加希望者の列が!

益城はスイカ生産地としても名高く、実行委員にもスイカ生産農家が数件いらっしゃいます。
なので、叩き、割るイメージの強いこのコーナーには実は賛否両論有ったのですが、
さすがグリーンコープさん、心配無用でした!

当たってもスイカがちゃんと食べ物として食べきる配慮がなされているんです。
音は大きいけどスイカへのダメージ少ないように竹の棒が使われ、
スイカの下にはクッション材が敷かれていました~!!
そして目隠しした子が転んでも大丈夫なんだねー

竹の棒が当たったスイカは食べやすくカットされ、来場者に振る舞われます。
なーるほどな~、、、
これまた素敵な配慮に関心しきり。またまた学ばせて頂きました。
c0202463_23011810.jpg



◆目隠しで顔が隠れるから、このコーナーは正面から撮っても良かったかな・・
次回はその正面から写そうっと! ん? 次回??
c0202463_23015857.jpg




◆スイカ割り後半はおっきい子も大人も参加可能!
空も黄昏れ出した頃、この一振りは当たったのでしょうかハテサテ内緒でーす(^^)
c0202463_23023383.jpg



◆そして見習うべきはグリーンコープさんの大量機材の撤収とその後の振り返り。
これこそがグループワークの大切な共有で要だと、私も初心に返る光景でした。
c0202463_23030185.jpg



◆そして打上げ会場は区長さん宅のお庭です。
写真は失念したのですが、今回田原地区の方々にはフランクフルトで出店もして頂きました。
当初は焼きそばや焼肉などのお申し出を頂いていたのですが、
余りにも負担をかけ過ぎては申し訳なくてフランクフルトになったのですが、
「打ち上げで懇親会を」と地区の方々と催して下さいました。

仮設の方もボランティアも、なんだかすっごく美味しい和牛でもてなして頂きましたが、
私は明日の片付けとブログ報告のために一足お先に失礼しました。

本当に、最後の最後まで、感謝尽きない思いです。

そ・し・て・・
このブログ投稿したら、
明日の後片付けへの備えと、数日の睡眠不足解消に務めまーす!
c0202463_23031630.jpg

c0202463_23033604.jpg
※お子さんに関しては、なるべくお顔の見えにくい写真を意図して使用しています。





[PR]

by startnagata | 2017-08-20 01:37 | Comments(0)
2017年 08月 20日

『田原ちびっこ夏祭り』無事開催のご報告!

チーム神戸が昨年の入居開始時から支援活動を行う、
熊本県益城町の仮設住宅。

その仮設と、仮設のある地域と、そして各地のボランティアが合同で、
『田原ちびっこ夏祭り』開催実行委員会を立ち上げ、
今日の晴の中、無事開催する事ができました。


◆数回の打合せでもそうでしたが、テントに机やイスに発電機と、
資機材の持ち寄りや設営撤収など、地域の方々が大活躍して下さいました。

地区の重鎮たち・PTAの皆さん・震災当時から奔走し大活躍の消防団の面々。
中にはここから離れた仮設に入居中の方もいらっしゃったり、
軒先避難で自宅改修された在宅の方や、みなし仮設の方など、
殆どの方が被災された身の上で、仮設であれなかれ、
みんなで乗り越えようと惜しまぬ協力を寄せて頂きました。
c0202463_22511164.jpg
◆そうして着々と芝生広場に設営がなされ・・
c0202463_22515684.jpg



◆特筆すべき点は多々有るのですが、その中でもコレ!!
写真左側に写るアイスクリームの陳列ケース!
地域住民の方が貸して下さったのですが、
このお陰で氷やアイスキャンデーの保存がスムーズで、
本当に夏の行事としては大助かりアイテムでした~!
c0202463_22521534.jpg



◆あれ?あれあれ??
設営一段落でホッとしていたら、なんだか人だかりが?
もしやと思って駐車場に目をやると、ほぼ満車?!

地区長が教育委員会への後援取付けや、
各区長への連絡網に防災無線に至るまで事前告知を進めて下さって、
地域の方々に周知されていたので、開始時間早々に来場客が起こし下さってました。

そして仮設の方々もお孫さんたちにお声掛け下さって、
猛暑のなか賑々しく夏祭りが始まりました!
c0202463_22534601.jpg




◆数日に及ぶ準備も一段落の田原地域の方々。
「子供のための行事ですからアルコールは販売しません」
「飲みたい方は各自持ち込みです」
私の意見に区長さんは「それがよか!」と一番に賛同して下さって、
設営完了後にやっとひと息です。
本当に、感謝に堪えません。。
c0202463_22540858.jpg




◆こちらは遊び屋台の「コイン落とし」コーナー。
担当するのは兵庫県姫路市からのNPO「きょういく環境プロデュース」の面々。
兵庫県教委とPTAの方々で、ちびっことの関わり方はプロ中のプロ!

毎月のふれあい喫茶でも仮設支援に関わってくださってますが、
今回は音響機器などの大物を積み、遠路車を走らせての登場です!

なんてったって今日の判定基準の甘いのなんの~
本当は水の上から1円玉を落とし水槽の中のコップに入れるゲームなのですが、
あれれー?
手首まで水の中ですよ~
そう、ちびっこたちが喜ぶのが何よりですから、これで良いのです!
先生方。さすがの判定基準とこちらも学ばせて頂きました。
にしてもこのゲーム子供たちにも大人気で、途中で景品を買い足しに行くほど。
1回10円でハズレても残念賞の景品はアイスキャンデー。
コインが的のコップに入れば、アイスキャンデー+おもちゃやハンカチなどの
景品がもらえるという、大盤振る舞いのコーナーでした♡
今頃はホテルでグッタリのはずです。。
c0202463_22562998.jpg

c0202463_22572619.jpg



◆区長・仮設自治会長・消防団・グリーンコープ・熊本学園大・きょういく環境プロデュースと、
実行委員の各代表に自己紹介を兼ねたご挨拶をにお願いしました。
c0202463_22555502.jpg





◆宮城ナンバーのカラフルな軽トラックには絵本が山積み。
そう、移動図書館なのです!
ここで読むのも勿論のこと、気に入った一冊をプレゼント!
写真向こう側にも読書好きの子たちが♡
c0202463_22575424.jpg





◆本を読んだりお絵描きしたり、移動図書館横にはこんな素敵なスペースもご用意されてました♡
c0202463_23000921.jpg




◆石巻の被災企業の社長からご紹介頂いたご縁のグリーンコープさんは、
カレー・かき氷・綿菓子・すいか割り・
スーパーボールすくい・ストラックアウト・輪投げと、
本当に大活躍をして頂きました。

東北でも支援活動を継続中で、同時に熊本や、
九州北部豪雨災害の被災者支援も進行中なのですが、
慌ただしい中、快く20数名のボランティアさん達が対応して下さいました。

ちびっこが主役の夏祭りですから、勿論カレーは優しい辛さ。
かき氷の蜜も合成着色料や保存料ナシ。
カレーの食材表示もしっかりと、すべてが安心できる内容でした。
c0202463_00210704.jpg

◆グリーンコープさんの「遊びコーナー」は熊本学園大生さん3名が担当してくれました。
他の仮設でも子供支援を行っており、ちびっこたちとの触れ合い方は慣れたもので、
彼らの今後の活躍にも期待弾む思いでした。
c0202463_22585295.jpg



◆輪投げコーナーの写真は子供たちの笑顔バッチリだったので、
この看板写真でご容赦下さいね♡
c0202463_22595215.jpg



◆さあ!グリーンコープさんの催す「スイカ割り大会」前半です。
前半はちびっこ限定なのですがアッという間に参加希望者の列が!

益城はスイカ生産地としても名高く、実行委員にもスイカ生産農家が数件いらっしゃいます。
なので、叩き、割るイメージの強いこのコーナーには実は賛否両論有ったのですが、
さすがグリーンコープさん、心配無用でした!

当たってもスイカがちゃんと食べ物として食べきる配慮がなされているんです。
音は大きいけどスイカへのダメージ少ないように竹の棒が使われ、
スイカの下にはクッション材が敷かれていました~!!
そして目隠しした子が転んでも大丈夫なんだねー

竹の棒が当たったスイカは食べやすくカットされ、来場者に振る舞われます。
なーるほどな~、、、
これまた素敵な配慮に関心しきり。またまた学ばせて頂きました。
c0202463_23011810.jpg



◆目隠しで顔が隠れるから、このコーナーは正面から撮っても良かったかな・・
次回はその正面から写そうっと! ん? 次回??
c0202463_23015857.jpg




◆スイカ割り後半はおっきい子も大人も参加可能!
空も黄昏れ出した頃、この一振りは当たったのでしょうかハテサテ内緒でーす(^^)
c0202463_23023383.jpg



◆そして見習うべきはグリーンコープさんの大量機材の撤収とその後の振り返り。
これこそがグループワークの大切な共有で要だと、私も初心に返る光景でした。
c0202463_23030185.jpg



◆そして打上げ会場は区長さん宅のお庭です。
写真は失念したのですが、今回田原地区の方々にはフランクフルトで出店もして頂きました。
当初は焼きそばや焼肉などのお申し出を頂いていたのですが、
余りにも負担をかけ過ぎては申し訳なくてフランクフルトになったのですが、
「打ち上げで懇親会を」と地区の方々と催して下さいました。

仮設の方もボランティアも、なんだかすっごく美味しい和牛でもてなして頂きましたが、
私は明日の片付けとブログ報告のために一足お先に失礼しました。

本当に、最後の最後まで、感謝尽きない思いです。

そ・し・て・・
このブログ投稿したら、
数日の睡眠不足解消に務めまーす!
c0202463_23031630.jpg

c0202463_23033604.jpg
※お子さんに関しては、なるべくお顔の見えにくい写真を意図して使用しています。





[PR]

by startnagata | 2017-08-20 01:36 | Comments(0)