★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2017年 12月 07日

朝倉市杷木の仮設住宅自治運営費のお願いです

支援の薄い、朝倉市の林田仮設住宅自治会の代理投稿です。

皆さんのもとへは7月に起きた「九州北部豪雨災害」の近況が、
残念ながら中々伝わっていないと思いますが、
今日は特別なお願いがあります。

各地の災害応急仮設住宅では自治運営費が何かしらの
予算や寄付金で賄われているのですが、
朝倉の仮設住宅ではその予算も寄付も無く、
自治会を運営する仮設住民さん達が、
豪雨被災で住居や家財を失った上に、
手弁当で自治会や集会所の運営を行っていらっしゃいました。

自治会長や集会所担当の住民さんのお話をうかがったり、
又こちらから提案したりと長時間お邪魔しましたが、
以下の2点の事柄が決まりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.自治会運営や将来の復興プランに向けた学びを得るために、
益城町の在る仮設住宅を視察訪問する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
視察目的は当事者参加のまちづくりを想定し励んでいらっしゃる、
益城町のとある仮設住宅とその地域の方々にお話をうかがったり、
仮設住宅での自治運営を学ぶ。
どの被災地の方も初めての被災体験ですから、
益城町で被災され仮設住宅に暮らし
自治運営者から多くの参考意見を聞き知りたい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2.集会所の消耗品や備品類の費用を、広く寄付で募る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在は自治会有志で賄ったり、極力支出を抑えていらっしゃるようですが、
集会所のトイレットペーパーや洗剤・ラップ・ゴミ袋などの消耗品や、
最低限の備品などは一部の住民さんで供出してらっしゃいました。
チーム神戸の関わる東北や熊本の仮設住宅では、
支援者による寄付金や公的資金でお茶っこをしたりお菓子を召し上がったり、
趣味講座なども活発に行われています。
そんなお話を伝えると、自治会長や集会所館長さんは顔を見合わせ驚いてらっしゃいました。
「仮設のみんなに相談して自治会費を徴収しようかとも悩んでる。
それでも高齢にして家財やコミュニティを失った住民にはとても言い出せず今に至ってる」
そんな状況を知り、今年の「お餅募金」は、
朝倉の仮設住宅の自治運営費に全額お渡しする頂くことに決めました。

※集計次第で嬉しい誤算が生じたり余剰金が発生した際には、
昨年同様お餅購入費に充て配布する予定です。


住民さんと相談の結果、みなさまからお寄せ頂いた自治会運営費をお預かりするのですから、
役員さんの写真掲載の許可も頂きました。
また、お寄せ頂いたご寄付は、自治会を通じて撮影し、本ブログにてご報告申し上げます。


朝倉市仮設支援のご寄付は以下の口座までお願いいたします。
またご入金の際には入金者名の頭に『ア』の一文字を足して下さい。
『ア』の文字が記録ないご入金は、チーム神戸の活動費に用いられますので、
お間違えの無いようよろしくお願いいたします。

1口1,000円です

ゆうちょ銀行
記号:14360 
番号:95112071
口座名:チームコウベ
  
他行からゆうちょ銀行へのお振込みの際は
店名:四三八
店番:438
普通預金口座:9511207
口座名:チームコウベ






◆この日は雨のせいかと思ってましたが、聞けば普段からボランティアの姿は少ないとのこと。
仮設入居からひと月あまり、東北の仮設では入れ替わり立ち替わり支援者が行き来していた時期です。
c0202463_03180391.jpg



◆車が少なく感じたので尋ねたところ、地盤の締まりが弱いので、
元気な方の車は仮設外に駐車することに取り決めたそうで、
お話を聞けば聞くほど、こちらの自治会の方々は頼りない訳ではなく、
むしろしっかりとした思考と行動力をお持ちの方々と感じました。
アスファルトで舗装された部分も最小限で、あとは砂利敷きです。
これも朝倉の特徴と感じました。
c0202463_03175975.jpg


◆もちろん風除室や物置きなど、どこにも備えられていません。
九州でも山間部に位置し、雪も降る土地柄です。
基礎も木材らしく、そんなに長くは保たないのではないかと心細そうでした。
c0202463_03174807.jpg



◆私達のためにご寄付をお願いしますと、集会所館長さんはカメラを真っ直ぐ見つめられました。
何より東北や熊本の仮設住宅の在り様に強く感心を持たれ、
少しでも多くを知り、少しでも心穏やかに、この仮設での暮らしを維持したいと仰ってました。
そしてみなさまからのご寄付を活用し、集会所で住民同士が気兼ねなくお茶でも飲みながら、
交流できる時間を作っていきたいとお話しでした。
そしてチーム神戸も微力ながら、その願いを応援したい!!
c0202463_03175594.jpg




[PR]

by startnagata | 2017-12-07 04:42 | Comments(0)


<< 朝倉被災地の園児たちに自転車寄贈♡      福岡県 東峰村からのお礼状 >>