★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2016年 06月 15日

被災者を被災地に案内する


被災者の移動範囲はとても狭い事が多いのです。
交通手段を失ったり、
不安や落胆から自宅や避難所から遠くへは離れられなかったり、
身を寄せ合う家族が心配だったり、
何よりその後の二次災害も懸念され、
不安の中、広範囲な移動は控えがちになります。

そして一般的な全体情報にも疎い傾向にあります。
ライフラインや交通手段の寸断で、
先ずテレビやラジオに新聞などが遠退きます。
避難所内での目まぐるしく馴染みない状況の把握や、
親族・家屋・仕事・学校に情報収集のアンテナを集中させ、
落ち着かぬ不安定な環境の中、
最小限の情報から優先順位を見出し続けるのです。

指し示されるべき方向性も現れぬ日々を過ごす不安定さに
将来は愚か、今を知り、過ごすことで精一杯になります。

想像できるでしょうか。

そんな暮らしも2ヶ月になる頃、被災者でありながらも
ボランティアとして共に支え合えないだろうかと、
支援活動を通じて出会った方々と話し合いをもちました。

今後長引くであろうこの被災地の継続支援には、
神戸でチーム神戸が生まれ育てられたように、
この熊本の方々に託すのが一番良い方策に思えたからです。

そしてその活動を私達チーム神戸が支える。

そんな話し合いがもたれ、
早速その週末に被災地の実情を広く知ってもらえたら、
今後の活動にきっと役立つと車2台に分乗し視察に出掛けました。

県外からやって来た私が被災当事者の視察案内人です。


彼らとチーム神戸の連携する今後の活動に活かせたらと、
写真箇所以外にも避難所・テント・車中泊の現状を視察しました。

本ブログなどを通じ皆様にもご協力をお願いするかと思いますが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
c0202463_10415563.jpeg

c0202463_10422091.jpeg

c0202463_10424450.jpeg

c0202463_10431154.jpeg

c0202463_10433349.jpeg

c0202463_10440675.jpeg

c0202463_10445407.jpeg

c0202463_10451919.jpeg

c0202463_10442939.jpeg

c0202463_10454406.jpeg






[PR]

by startnagata | 2016-06-15 04:12 | Comments(0)


<< ユニバーサルツーリズムの北海道...      「ご支援下さった皆様」を更新し... >>