★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2014年 08月 27日

支援物資の送り方(ダンボール編)

受け入れ先が管理しやすく配りやすい

支援物資の送り方


ダンボールには110%目安で荷詰めを

被災地に届けられた支援物資は狭い場所に積み上げるしかないのが実状です。120キロほどのダンボールを5個や6個も積み重ねたりします。すると下部の箱は100150キロの重さを受け止めたりしますので、100%以下で荷詰めすると、重ね置きした際に上部の箱の重みで下が歪んでしまい、荷崩れしたり積み上げにくく扱いにくいのです。

もちろん硬い物など100%以上には入れらない物も有りますが、支援物資の大半は布製品ですので、隙間なく、テープでしっかり貼り留めた際に少し膨らんでいるくらいを目安にして下さい。

箱を上や左右どこから見ても分かるように内容情報を記載する

積み上げたり動かした際にも、内容物の情報が一目瞭然というのが管理上の理想ですので、少ない人員で物資管理や配布がしやすくなるよう送ると喜ばれるはずです。

紙ガムテープを使わない

細かい事ですが、発送される方にお願いしたいこと。

「どうしても」と言う訳ではなく選択肢があるなら、紙ではなく布ガムテープをご使用下さい。紙ガムテープだと開封時にテープそのものが剥がしにくく、油性マジックさえもはじくので上書きも出来ず、他のテープで上貼りも出来ません。

場合によっては累計で数万に及ぶダンボール箱の支援物資が届けられ、ボランティアによって維持・管理・仕分け・配布が行われますので、ご留意下さい。

発送伝票はしっかりとした筆圧で読みやすい文字を

輸送会社によって伝票の書式は異なりますが、送り主が記入した部分は配達員が持ち帰るケースが殆どで、受取人用伝票の多くがカーボン複写の紙ですが、後日お礼状を出そうにも判読しにくいものが1割ほどに登ります。書き慣れたご自分の名前や住所ですが、崩さずシッカリとご記入下さい。

◆困った例

東北支援にとビニール袋入りの物資が大量に届いた時のこと。「26歳女性」「8歳男の子」とかそれぞれの袋に記入された紙が貼られていましたが、とにかく積み重ねられず置き場に困りました。該当者がそのまま持ち帰れるようにとの配慮だったのでしょうが、貼られた紙も破損多く読み取りにくく、結局被災者は必要な物かどうかを見分けるために開封するしかなく、配布会場が混乱したことが有りました。まさに贈る側と受け取る側の都合が食い違った例と言えます。

●毎日届けられる有り難い支援の心を詰めたダンボールたち。

その移動・開封・仕分け・配布・折り畳み処分の繰り返しで、重い腱鞘炎に悩まされた経験があります。また災害からの時期によって空になったダンボールは、被災者の生活用品入れになったり、寝床に敷かれたり座布団代わりになったり間仕切りになったり。どうぞ発送時にはご協力下さいますようお願いいたします。


c0202463_10563906.jpg




[PR]

by startnagata | 2014-08-27 12:04 | Comments(0)


<< 丹波の被災地/市島町      兵庫県丹波市の水害被災地での活... >>