★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2013年 01月 23日

防災こそ

先のテレビとラジオの告知では、沢山の方々のご協力を頂き感謝申し上げます。

東北はじめ、3年ほど前の支援活動地区の佐用町の方々からも
ご覧になったと、懐かしい声やメールでのお便りをいただきました。

今では河川改修工事の進む佐用町ですが、
被災者の物心に及ぶ傷は未だ癒えるものではありません。

18年を経た神戸しかり。


テレビでは時間の都合上カットされた私の緊急用品。
こちらで紹介したいと思います。


c0202463_2133531.jpg



写真は2泊3日程度のキャスター付きの旅行用のスーツケースです。
阪神淡路大震災時の我が家は家財道具や生活用品が飛び交い、
どこに何が有るか、とても簡単には探し出せなかった経験から、
それらに紛れにくく、衝撃に強いスーツケースを利用しています。

内容は、日用品・医薬品・飲食品などです。

日用品は、ラップ・手袋・ラジオ・ソーラーライト・濡れティッシュ・手ぬぐい・
ハサミ・タオル・ビニール袋・手袋・割り箸・ガムテープ・マスク・その他。

医薬品は、医療機関により処方されてる方はその薬と写し・
解熱・鎮痛・胃薬・体温計・大型絆創膏・消毒薬・傷薬・湿布・
包帯・ガーゼ・綿棒・その他。

飲食品は、水・保存米・乾麺・塩・塩昆布・ふりかけ・缶詰・猫ご飯・その他。

それらを、風呂敷・レジ袋・リュック等と一緒にスーツケースに入れ、
必要に応じ小分け移動出来るようにしています。


靴と靴下は巾着袋に入れ、ベッドの枠に結び見えないようスーツケースと
同じベッドの下に収納しています。

他にカセットコンロや衣類は取り出しやすい場所に置いてますが、
我が家は山の中腹なので津波は意識せず、土砂災害や山津波を
意識して、まずは逃げやすい荷造りを心がけています。

その後自宅に戻れれば、アレとコレをと。


私がいま阪神淡路大震災相当の災害に遭えば、
多分以下の様な順になるでしょう。

 まずは我が身と猫の安全
 次に貴重品とPC
 その次に緊急用品たち
 

※これまでの被災地支援現場での経験では、
緊急支援物資に動物用物資は皆無でした。
ペットとお暮らしの方はそこもご考慮下さい。


また食器棚などの大きな家具には耐震用具を使用していますが、
寝室には大きな家具や飛ばされて困るような重量の家具や家電は
置いていません。


ご自分の家族構成・年齢・体調に応じて、それぞれに応用される事を願っています。

18年前の1月17日
数日前に偶然行った家具の配置替えが私の生死を分けました。

私たちの生活に横たわる防災という暮らし方。
きっとあなたなりの形が有るはずです。





[PR]

by startnagata | 2013-01-23 16:16 | Comments(0)


<< 緊急用品の補足      バリバラRの告知 >>