★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2012年 08月 28日

千葉県浦安市から

千葉県浦安市から中学生と市長たちが来訪されました。
グループの名称は「うらやす立志塾」

地域の未来を担う中学生たちが主役の集まりで、
市長や市教委の皆さんが随行員です。

被災地石巻の各所を数日に亘り視察。
仮設住宅への交流訪問はチーム神戸(金田と倉持)がエスコート。

浦安市も昨年3.11の地震で地盤の液状化など大きな被災を体験したまち。
被災内容は違えど、子供達の災害に対する問題意識は高いものでした。

交流会の間に集会所を出てゆく子供達が。
どうしたの?と聞くと、住民さんが「仮設住宅の中を見せたい」と、
子供達を案内してくれました。

80代の女性が、「あまりの恐怖に震災直後の記憶は残ってないのですが、
それ以降みなさんに支えられ少しずつ心を取り戻せた」とのお話が印象的でした。


 ◆バス移動で仮設到着時は皆さん緊張の面持ち。
  集会所でお互いの自己紹介を進ませながら、
  仮設暮らしの現状や被災体験に耳を傾けます。
c0202463_041893.jpg



 ◆仮設の住民さんと子供達が、いくつかのグループに分かれて。
  千葉から持参したお菓子とお茶で和やかに。
c0202463_092622.jpg



 ◆昨年3.11から今日に至るまでの実体験に耳を傾けながら、
 子供達の眼差しがどんどん真剣になってきます。
c0202463_0154487.jpg



 ◆色々見聞しての帰り際、集会所で偶然見つけたアイドルの応援メッセージ。
 数人が写メを撮り出す様子はやっぱり今時の子と一安心。
 撮りやすいように布の持ち上げ役を担っているのは浦安の松崎市長。
 「もっと高く」の注文に、子供達を見守るお父さんの目線を感じさせるお人柄でした。
c0202463_0369100.jpg



神戸の舞子高校防災科、諏訪先生を経由しての依頼から、
数度にわたる連絡調整や現地視察を繰り返しましたが、
石巻の経験と教訓が、浦安の将来に活かされることを信じています。
[PR]

by startnagata | 2012-08-28 00:59 | Comments(0)


<< 動物たち      仁川学院のボランティア活動 >>