★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2009年 09月 14日

大量ボランティア

c0202463_16463445.jpg

c0202463_16463460.jpg

c0202463_1646346.jpg

9月12日土曜
雨の中、昨夜半に愛知県から中学・高校・大学生と引率の皆さんが来られました。
佐用での活動は1日だけなので、朝から夕方まで予定一杯です。

まず解体前の被災商店から、ボランティア活動や他の被災者が使えそうな物の運び出し。
カーテン・机・棚・バッグなどを頂く事になりましたが、屋内の被災状況がひどく電気を切っていて暗いため、足元を確認しながら水流で破壊された出入口のシャッターを押し開けて運び出しました。

屋内に残された生活跡から元の暮らしが浮かび見え、切なさを噛み締めての雨の作業でした。

濡れた体を拭き今度は宿舎としてお世話になった教会の床拭き。
泥と石灰のこびり付いた床は一、二度拭いたくらいでは綺麗になりません。濡れタワシで力一杯何回もこすり雑巾でとことん拭き取ります。それを4、5回繰り返す。

降り止まぬ雨の中、濁って増水してきた佐用川を横目に、遅い昼食を取りに被災後再開した食堂へ。
雨の中の来店を知った食堂の息子さん達が、女子だけでもと2台の車走らせ迎えに行ってくれ本当に助かりました。
その上食後に駅へ移動する時もお世話になりました。

食後は汚泥被害のひどかった平福へ電車移動。

晴れていれば溝に溜まった泥上げの予定を変更し、コンクリート床にへばり付いた泥拭き。
教会での床拭きと似た作業だったので、少しの作業説明で順調な滑り出し。
泥を拭うとコンクリート床ってこんなに白かったのね…、と私の目も白黒。
はいつくばる皆の側には泥を吸って真っ黒!になった雑巾の山。
男子数人は大工仕事のお手伝い。

家人のお礼を受けてると帰りの電車時刻にちょうどよい頃。近くの道の駅で車中の夕食を買い込み帰路につかれました。

到着時からずっと降り続く雨の中の作業でしたが、彼らを支えたのが透明ビニールの雨合羽。

彼らの活動を中日新聞で知った愛知県の方が見送りに来られ、駅で差し入れて下さったそうです。

災害地への支援の輪は、こうやって広がって行くんですね…。


●写真は拭き終わって明かり差し込む教会の床
●大量の雑巾も洗えば道の泥も洗います
●ここの床拭きは粒子の粗い砂混じりのセメント床で膝まづけないからしんどかったね
[PR]

by startnagata | 2009-09-14 16:46 | Comments(0)


<< まだまだ      雨が降り出しました >>