★活動支援金の使われ方

 ★ご支援くださった皆様

★チーム神戸のAmazonほしいものリスト
★アクセス・コンタクト

  ー活動支援金を募集していますー

  ①三井住友銀行長田支店 (普)7427776 口座名:すたあと長田
  ②ゆうちょ銀行 記号:14360 番号:95112071 口座名:チームコウベ
  ③他行からゆうちょ銀行へのお振込み 店名:四三八 店番:438 普通預金口座:9511207

2015年 03月 18日

国連の世界防災会議の賑わいと沈痛のコントラスト

左手包帯グルグルで役立たずながら、
復興住宅への引越しお手伝いさせて頂きました。
2階建てのこじんまりとした復興住宅ですが、
ペット飼育可能な住宅らしく、
ドッグランもあったり床材も防音仕様だったり、
仮設住宅からは格段の暮らし易さです。

とはいえまだまだ復興住宅の、
建設待ちの被災者が大半なこと、
東北の現状を忘れないで下さい。





■  [PR]

# by startnagata | 2015-03-18 01:45 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 14日

3箇所の仮設住宅を訪問

先日、熊本県八代市の方から柑橘類を頂戴したので、
仮設や在宅の方々にお届けしました。

震災から5年目が近い仮設住宅ですが、
まだまだたくさんの住民さんがお暮らしで、
ボランティアの訪問も激減した今では、淋しげな様子が漂います。

引きこもり対策を何かしら講じなければならない、
かつての古い経験を遡り痛感しました。

午前中から出掛けたものの、家々を周り話し込み、
最後の仮設を出る頃には夜の闇に包まれていました。








■  [PR]

# by startnagata | 2015-03-14 10:04 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 11日

石巻での追悼茶会と「T」プロジェクト

チーム神戸の石巻事務所では追悼茶会。
昨年の様には告知する余裕も無かったのですが、
予定時間よりも早くから、そして終了時間を2時間も過ぎて、
昨年同様に馴染んだ顔が入れ替わり立ち替わり集いました。
故人を偲んだり仮設や復興住宅の情報交換をしたり、
お互いの4年を振り返りました。





贈って下さったお花は偶然にも同系色のコーディネイトでした。


◆場所は違えど東北に思い寄せる取り組み「T」プロジェクトでは、
各地からの参加写真や温かいコメントがFacebookに寄せられたり。
来所された住民さんにも伝え、見て頂き、
各地からの思いやりを感謝しながら共有しました。











■  [PR]

# by startnagata | 2015-03-11 23:00 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 10日

明日 3.11追悼茶会の支度

今年も何とかみなさんのお陰で、
チーム神戸の石巻事務所で追悼茶会を催します。

NHKの番組『バリバラ』で知り合った方が
初めての被災地入りでお手伝いに。

そのうえ湊小学校奥のお寺、慈恩院さんの娘さんも、
底冷えと暴風の中ポスター貼りを手伝ってくれました。

昨年もそうでしたが、明日も寒風吹きすさぶようです。
せめて心穏やかにみなさんが温かく過ごせますよう、
今夜のうちに出来る支度をがんばります。










■  [PR]

# by startnagata | 2015-03-10 18:26 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 05日

妹と関わって下さった方々へ

私事で大変恐縮ですが、主に「すたあと長田」に関係ある方々へ、
過日、妹の照美51歳が東京にて他界しましたことのご報告と、
多少ならずともご縁によって接点をお持ち下さった事への、
お礼を申し上げます。

8月に発見された妹の乳癌は、既に各所へ転移していたようで、
母や私に手間を掛けることなく、東京の空の下、独りで闘い、
独りで旅立ったようです。

不出来な姉であった私は、深い深い、後悔の闇を漂うかの如き、
心痛極まる時を過ごしています。

若くして東京へ出、建築デザイナーという仕事柄、
きっとつま先立ちで背伸びする四半世紀だったことでしょう。

ここでは控えるべき事柄もたくさんありますが、
自分の亡骸を神戸に移送することに始まり、
四十九日までの総てを病床の妹が代理人や友人を通じて采配していたなど、
忙しさにこの数年かまけ、背を向けるかのごとく、
何のシグナルも気付いてやれなかった薄情な姉である私への思いとは裏腹に、
母への愛情が汲み取れ、一人の娘としては本当によく出来た妹だったと、
心から褒めてやりたい思いです。

もっと早く本人を褒めてあげられれば良かったと後悔しつつも、
大きな代償に自責の念が絶えません。

しかしながらも私の20年の活動の中で、偶然にも
色んな方に我が妹とも僅かながらも時間を共有して頂きましたこと、
ここに改めてお礼を述べたいと思います。

本当にありがとうございました。






■  [PR]

# by startnagata | 2015-03-05 15:46 | Trackback | Comments(0)